【2019年】購入して本当によかった、おすすめガジェット!

どうも、新しいモノ好きなまちゃです。

私は生活が便利・快適になるようなガジェットをついつい買ってしまいます。

実際に購入してみて思っていたほどではないなと、失敗することもたまにはあります。

 

このページでは実際に購入してみて、2019年現在でもおすすめできる便利なガジェットアイテムを紹介します!

 

スマホ生活が快適になる便利な周辺機器ガジェット

おすすめガジェット ワイヤレス充電器「Anker PowerWave 7.5 Stand」

Anker PowerWave 7.5 Stand

【USB充電器セット】Anker PowerWave 7.5 Stand

 

スマホ用ワイヤレス充電器を使用すると、毎晩・毎朝の面倒な充電ケーブルの抜き差しから解放されます。

スマホ本体を置くだけで充電が開始されるようになるのは、すごい快適です!

2017年に発売されたiPhone 8以降のiPhoneはすべて対応していて、XperiaやGalaxyなども対応端末が増えてきています。

Anker PowerWave 7.5 Stand」はスマホなどのモバイルのバッテリーや充電器、ケーブルなどで人気のあるメーカーのAnker社が販売するワイヤレス充電器です。

 

iPhoneなどの高速充電に対応していて、安全性にも考慮された設計になっています。

排熱対策もバッチリ対応されているので、熱がこもったりすることも無いです。

 

 

「Anker PowerWave 7.5 Stand」のレビューはこちら

 

 

おすすめガジェット USBケーブル「Anker PowerLine II 3-in-1 ケーブル」

Anker PowerLine II 3-in-1 ケーブル は、ライトニング・USB-C・Micro USB の3種類の機器とつなぐことができるUSBケーブルです。

対応する端子
  • ライトニング(Lightning)(MFi認証取得済み)
  • USB-C
  • Micro USB

 

iPhone か Andoidと完全ワイヤレスイヤホンなどのUSB周辺機器を持っていると便利です。

私は、ライトニングケーブルはiPhone、USB-CはAndroid、Micro USBは完全ワイヤレスイヤホンなどのUSB周辺機器への充電に使用しています。

 

ライトニングコネクタは手持ちのiPhone 8 PlusとiPhone XS Maxで試しましたが、充電とデータ通信の両方とも問題なく使用できました。

この「PowerLine II 3-in-1 ケーブル」はApple社の許可を受けたMFI認証を取得しています!iPhopneにも安心して使用できます。
Andorid端末はデータ通信と充電どちらも問題なくできたので、さすがのAnker製品の良い品質でした。

 

Anker PowerLine II 3-in-1 ケーブルはライトニング端子とUSB-C端子のズレを防止するストッパーも付いているので、見失うこともありません。

ストッパー

 

対応する3種類の端子もMicro USB、USB-C、ライトニングなので、最近の機器なら問題なくカバーできると思います。

机の上のケーブルがスッキリしたので、1本は持っておくと便利になるのでおすすめです。

「Anker PowerLine II 3-in-1 ケーブル 」の写真付きのもう少し詳しい説明は、こちらのページをご覧ください。

 

Anker PowerLine II 3-in-1 ケーブル レビューはこちら

 

おすすめガジェット 完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Lite」

「Soundcore Liberty Lite」箱

「Soundcore Liberty Lite」はワイヤレス充電器やモバイルバッテリーなどでも、高品質で人気のAnkerが開発している完全ワイヤレスイヤホンです。

Anker「Soundcore Liberty Lite」は、スマホとの接続も安定していて、音が伝わる際の遅延も少ない完全ワイヤレスイヤホンなのでおすすめです。

 

完全ワイヤレスイヤホンを使えば、イヤホンケーブルがからまってほどく手間もかかりません。

混み合った電車内でケーブルが引っかかる心配も無くなるのでかなり快適になります。

「Soundcore Liberty Lite」の大きさ

 

Anker「Soundcore Liberty Lite」は6千円以下で、品質も良いので完全ワイヤレスイヤホンを使ったことがない人にも試しやすいと思います。

 

 

 

 

パソコン周辺機器のガジェット

MacBookの排熱処理がどこでもできるガジェットやUSB3.0対応のスイッチ式のUSBハブは買って良かったです。

スイッチ式のUSBハブは使用するときだけONにするので電気代も少しだけ節約になります。

おすすめガジェット MacBookスタンド「Bluelounge Kickflip」

「Bluelounge Kickflip」箱

「Bluelounge Kickflip」箱

Bluelounge Kickflip」はMacBook用のPCスタンドです。

MacBookの裏面に貼り付けて使うシンプルなスタンドで、スタンドを使用する時にパチっと開くだけの簡単セッテイングです。

 

まちゃ
まちゃ

片手でできるので便利です。

 

「Bluelounge Kickflip」は薄型ですが、スタンドを立てない状態の「Kickflip」の厚さは5mmほどです。

立てない状態だと少し滑りやすいです。

Kickflipの厚さは約5mm

Kickflipの厚さは約5mm

 

スタンドを立てた状態だと机に接する部分がラバー素材でできているのですべりにくくなっています。

タイピング中にMacBookがずれてしまうことも無いので良いです。

黒色部分がスタンド、右側がラバー素材

黒色部分がスタンド、右側がラバー素材

 

スタンドを立てると約4cmほど高くなります。

高さは3~4cm

高さは3~4cm

 

立てた時の角度は人間工学に基づいた角度になるように設計されているので、タイピングしやすいです。

まちゃ
まちゃ

思っていた以上にタイピングしやすいです。

4cmも高くなるので、排熱のためのエアスペースが確保できて冷却効率が上がります。

 

 

「Bluelounge Kickflip」のレビューはこちら

 

おすすめガジェット 個別スイッチUSBハブ「ELECOM個別スイッチ付きUSB3.0ハブ」

ELECOM 個別スイッチUSBハブ ポート面と上部

「ELECOM 個別スイッチ付き USB3.0ハブ (U3H-S409SBK)」は、こういった人におすすめなパソコン周辺機器のガジェットです。

  • データ転送速度は速いほうが良い
  • デスクやパソコンに固定したい
  • 何を接続しているか分かりやすくしたい
  • 消費電力が大きい機器を使いたい
  • 個別にUSB機器をON/OFFしたい
  • USBハブを磁石で貼り付けて設置したい

 

たまにしか使用しないUSB周辺機器は、普段はケーブルを抜いておいて、使うときだけパソコンに接続した方が節電にもなります。

節電のためとはいえ、使うときだけUSBケーブルを抜き差しするのは面倒です。

 

こういったUSBケーブルの抜き差しが面倒なときは、個別スイッチ付きのUSBハブを使うと快適になります。

 

写真付きの詳しいレビューは、こちらの「【レビュー】ELECOM個別スイッチ付きのUSB3.0ハブ」記事をお読みください。

 

個別スイッチ付きのUSBハブはエレコム以外からも発売されていますが、接続機器のラベルを貼れるようになっているのはエレコムぐらいでした。

LEDランプは緑色に点灯

「ELECOM 個別スイッチ付き USB3.0ハブ (U3H-S409SBK)」は、USBハブ裏面の磁石でデスクやパソコンの側面に貼り付けることができて、ケーブル類が1方向にまとまるので机周りがスッキリします。

また、データの転送速度はUSB3.0に対応しているので高速です。USBメモリやハードディスクでも十分な性能が出せます。

 

「ELECOM 個別スイッチ付き USB3.0ハブ」を使うと、パソコンでも省エネ・節電ができるので早めに導入しておくことをおすすめしたいです。

 

ELECOM商品詳細ページはこちら

 

購入して良かったパソコンパーツ

おすすめガジェット グラボ MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」

MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」

自宅でメインに使用しているパソコンはデスクトップ型の自作パソコンなのですが、基本的なパーツは6年ほど年数が経ってしまいました。

4Kモニターも手頃な価格のモニターの製品が増えてきたので作業環境を4Kのデュアルモニターにしたくなりました。

6年ほど前のグラボでは4Kモニターへの出力もできないので、4Kモニターを買い換える前にグラボを新しくしました。

 

MSIの「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」は1万5千円くらいの価格で消費電力は75Wと、消費電力は少ないですが最新のゲームも動かせるスペックのミドルクラスのコスパの良いグラボです。

ミドルスペックですが、6年ぶりに買い替えたのでスペックは3倍にもなりました。

 

ロープロファイル対応

MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」はロープロファイル対応なので、スリム型パソコンにも使用できます。

小型パソコンにしてはハイスペックなパソコンにアップグレードできるのも魅力です。

 

出力ポートはHDMI2.0b、DisplayPort1.4の2つが4Kのリフレッシュレート60Hzに対応しているので、4Kモニターのデュアルディスプレイ化も問題なく構築できます。

出力ポートはDP,HDMI、DVIの3つ

 

MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」のレビューはこちら

 

おすすめガジェット 4Kモニター DELL「U2718Q」

DELL「U2718Q」は美麗な画質なのHDR対応の4Kモニターです。

フレーム・ベゼルの幅は7.3mmしかない「InfinityEdge」という名称の超薄型ベゼルで画面への没入感が抜群です。

 

また、スタンドを除いたモニターだけの重さが3.7kgしかなくて軽いです。

モニターが軽いのでモニターアームへの設置もしやすいですし、取り付けられるモニターアームの選択肢が広がるメリットもあります。

 

DELL「U2718Q」のレビューはこちら

 

 

生活が快適になる雑貨・家電のガジェット

リモコン操作できる照明やケーブル無しの首掛けスピーカーなどワイヤレスなガジェットを導入して生活が快適になりました。

コンビニコーヒーの味が氷が溶けて薄まることなく、長く楽しめる真空カップも毎日使うお気に入りのガジェットになりました。

 

おすすめガジェット 電子メモパッド「キングジム ブギーボード BB-12」

文房具メーカーで有名なキングジムから発売されている「ブギーボード BB-12」は何度でも消して使うことができる電子メモパッドです。

普段の生活や仕事でちょっとしたことをメモを残しておくのに便利なガジェットです。

リチウムコイン電池1つで約3万回消去して使えるので、数年間は電池交換せずに使えて紙のゴミもでないので環境にも優しいです。

 

大きさは、大きめのふせんくらいのサイズで手のひらサイズで使いやすいです。

手のひらサイズで小型です

まちゃ
まちゃ

重さも 37g と軽量です

 

裏面はマグネットになっているので、パソコンの側面や金属面や冷蔵庫など貼り付けておくことができます。

付属品にマグネットシールが付いているので、好きな位置に貼り付けることもできます。

マグネットで貼り付けられる

今までふせんに書いていた、すぐに終わるようなタスクめもに使うようにしたので、ふせんのゴミが出ずにエコになりました。

まちゃ
まちゃ

ペンも不要になりました

 

 

ブギーボード BB-12 レビューはこちら

 

おすすめガジェット 首掛けスピーカー「シャープ AN-SS1」

シャープ AQUOS サウンドパートナー AN-SS1

 

首掛けスピーカーは最近、注目されつつある新しいガジェットで、ウェアラブルネックスピーカーとも呼ばれています。

中でもこのシャープAQUOSサウンドパートナー「AN-SS1」は、重さが 88g しかなくてとても軽量なスピーカーです。

ソニーのウェアラブルネックスピーカーよりも音質は少し負けますが、重さは4分の1しかないので長時間使用していても疲れにくいです。

まちゃ
まちゃ

圧倒的な軽さ!

 

また、シャープ「AN-SS1」は14時間の連続再生ができるバッテリー性能があるので、ほぼ1日中使っていられます。

まちゃ
まちゃ

連続で14時間は長くて良いね

 

ウェアラブルネックスピーカーはながら作業が快適になります。

本体にはマイクが付いているので何かの作業をしながら電話をしたり、テレビや音楽などを楽しむことができます。

シャープ「AN-SS1」は無線(Bluetooth)で接続するので、ケーブル無しのワイヤレスでスマホやテレビの音を出力します。

Bluetooth機能が無いテレビの場合は、Blurtooth送信機が付属しているのでイヤホンで聞けるテレビなら対応しています。

Bluetooth 送信機

 

AQUOSサウンドパートナー「AN-SS1」レビューはこちら

 

おすすめガジェット 電動歯ブラシ「ドルツ EW-DP52」

ドルツ EW-DP52」は国内メーカーのパナソニックの電動歯ブラシです。

1つ前のモデルの「ドルツ EW-DP51」は「家電批評2018年9月号」でBEST BUYで1位に選ばれた性能でした。

「EW-DP52」は「EW-DP51」の後継機で、できることが少し増えています。

より高性能を求めるのであれば後継機の「ドルツ EW-DP52」がおすすめです!

 

ドルツ EW-DP52」は「W音波振動」のおかげで高い磨き性能を実現できています。

「W音波振動」は従来のヨコ振動だけでなくタタキ振動を同時に実行することで、超強力な磨き性能を発揮します。

「W音波振動」

「W音波振動」

 

日本歯科医師会【推薦】の磨き方ができる「W音波振動」の「ドルツ EW-DP52」はおすすめの電動歯ブラシです。

「ドルツ EW-DP52」には使用できる替えブラシやアクセサリーが一通りすべて付属しています。

「ドルツ EW-DP52」付属品

「ドルツ EW-DP52」付属品

 

 

「ドルツ EW-DP52」のレビューはこちら

 

おすすめガジェット LEDランプ「アイリスオーヤマ 丸型LEDランプ」

アイリスオーヤマ 丸型LEDランプ」は昔ながらの住宅であっても、和室の天井照明を電気工事無しで、普通の蛍光灯からリモコン操作できるLEDに変更できる商品です。

今まで蛍光灯照明の真ん中ならぶら下がっていたひもが無くなって部屋が広く使えます。

寝る前や、夜中にトイレに行く時、朝起きる時にひもを探す手間がなくなるので快適になります。

 

LEDランプは蛍光灯よりも長持ちで低消費電力で省エネで電気代の節約にもなります。

初期費用は少しかかりますが長い目で見るとお得です!

 

 

蛍光灯が切れて交換する回数が激減するのは助かります。寿命が10年じゃなくても8~9年間取り換えないでよくなるのは生活変わりますね。

 

2019年現在ではスマートスピーカーのAlexaとも連動させ、声で照明を操作できるようにして、更に快適になりました!

まちゃ
まちゃ

音声操作は快適です!

 

「アイリスオーヤマ 丸型LEDランプ」のレビューはこちら

 

おすすめガジェット LEDライト「アイリスオーヤマ めじるしライト」

めじるしライト本体

めじるしライト本体

アイリスオーヤマの「めじるしライト」はその名前の通り、暗い中で目印になるライトです。

廊下の照明のスイッチやブレーカーの近くや階段の1段目などに設置しておくと、暗い中でもすぐに位置がわかるので便利です。

すでに蓄光テープを使用しているなら代わりになると思います。

 

めじるしライトは電池式で1日12時間点灯していても、約2年間電池がもちます。

長寿命で、電池はかんたんに交換できるのでメンテナンスに手間はあまりかかりません。

 

めじるしライトの大きさは指2本分くらいの大きさです。

昔ながらの電気スイッチ盤と同じくらいです。

 

取り付けも両面テープで貼り付けるだけなので設置も簡単です。

電池交換のたびに両面テープを貼り替える必要もありません。

両面テープでとめる部品で取り外し可能です

両面テープでとめる部品は取り外し可能です

 

「アイリスオーヤマ めじるライト」のレビューはこちら

 

おすすめガジェット 人感センサーライト「アイリスオーヤマ ISL3HN」

めじるしライトでは大まかな位置しか分からないのですが、人感センサーライトは近づいたときにだけ周囲を明るくするエコで便利なガジェットです。

しかもこのLEDライトには明暗センサーも付いているので、暗くなった夜だけ反応してLEDライトが点灯します。

 

自宅の廊下に設置したところ、夜中にトイレへ行くために部屋から出ても廊下の照明をつけなくても簡単に行けるようになりました。

ちょっとしたあかりだけ欲しいときに、この人感センサーライトを使用すると電気代も節約できます。

また、乾電池式で10ヶ月間は使用できるので、交換する手間も少なくすみます。

 

照明のスイッチを押す手間を減らしてくれる人感センサーライトはおすすめです。

 

「アイリスオーヤマ 人感センサーライト」のレビューはこちら

 

おすすめガジェット コンビニコーヒーをより楽しむ「真空カップ」

パール金属・真空カップ

私はよくコンビニコーヒーを飲みます。

最近のコンビニコーヒーは24時間いつでも、美味しくて割安のコーヒーを楽しめるコスパの良いコーヒーだと思います。

コンビニコーヒーを飲んでいて気になるところは、アイスコーヒーは結露で水滴がつくので飲むたびに指が濡れたり、底に水がたまるのが面倒でした。

氷が溶けて味が薄くなるのも残念です。

また、ホットコーヒーは熱くて持ちにくかったり、すぐに冷えてしまうのが残念でした。

  • 結露による水滴
  • 氷が溶けて味が薄くなる
  • ホットーヒーが冷めて美味しくなくなる
  • 熱くて持ちにくい

 

このパール金属の「真空カップ」で、手軽に改善できるのでコンビニコーヒーを少しでも長く楽しみたい人におすすめです。

 

真空カップは2重構造になっていて、熱を外に逃がしにくくなっているので、コーヒーの温度を長く保つことができます。

コンビニコーヒーをそのまま真空カップに入れるだけなので、掃除などのメンテナンスもほとんどいらないところも使いやすいです。

 

パール金属の真空カップには見た目はほぼ同じですがサイズ違いで4種類あります。

多少隙間ができたりで保温・保冷性能は落ちますがサイズ違いでも利用できます。

アイスホット
品番HB-1894HB-1896HB-1337HB-1338
サイズレギュラーラージレギュラーラージ
外径(mm)85908085
高さ(mm)10512095105

 

ファミマのアイスコーヒーMサイズは、サイズは真空カップにちょっとだけ隙間がある感じでしたがほぼピッタリでした。

ファミマのホットコーヒーのMサイズにはちょっと大きい感じで、少しグラグラしますが普通に飲めました。

ファミマ・アイスMサイズ

ファミマ・アイスコーヒーMサイズ

ファミマ・ホットMサイズ

ファミマ・ホットコーヒーMサイズ

まちゃ
まちゃ

2019年よりもっと早くに買っておけば良かった

 

 

真空カップ レビューはこちら

 

「購入してよかった、おすすめガジェット」まとめ

購入してみて良かったものをまとめてみると、ワイヤレス技術が使われているものが多かったです。

電動歯ブラシのドルツも充電はワイヤレス充電ですし。

ワイヤレス技術は、地味だけど確実にプチストレスが減らせるので積極的に導入したいですね。

 

 

それでは、今回はこれまで。

ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました