スポンサーリンク

Panasonicドルツ ステインオフモード。除去力2.4倍アップ!

2018年9月にドルツの新しい電動歯ブラシ「EW-DP52」が発売されました。

新しい電動歯ブラシと同時に、付属する「ステインオフモード」で使用するブラシも新しいものに変わりました。

 

ステインはコーヒーなどで歯に着色した汚れのことです。

このステインを取りのぞくときに使うのが「ステインオフモード」と「ステインオフブラシ」です。

新しいステインオフブラシはひし形の毛が約1.5倍になり、ステイン(着色汚れ)除去力が2.4倍にパワーアップしました。

 

ステイン除去力が2.4倍にアップ!

新「ステインオフブラシ」

新「ステインオフブラシ」

2018年9月に発売された新しいステインオフブラシは、前モデルと比べてひし形の毛が約1.5倍になりました。

全面に植毛されたひし形の毛のおかげで、ステイン除去力が2.4倍にアップすることができました。

約1週間で自然な白い歯になるそうです。

ただし、すべてのステインが除去できるわけではないので注意が必要です。

 

 

 

前モデルとの価格差

新ステインオフブラシ

前モデルの「EW-DP51」に付属していたステインオフブラシの型番は「EW0928」で、新しいブラシは「EW0938」です。

どちらも2本入りでAmazonで900円くらいなので価格は同じくらいです。

3か月くらいが交換タイミングなので1回購入すると半年もちます。

 

終わりに:ステインオフモードで着色汚れを除去

私はコーヒーをよく飲むのでステインがついて汚れてしまいます。

定期的に歯科に行って歯医者さんにクリーニングしてもらうのですが、ドルツのステインオフモードでステインを除去すると、歯科に行く頻度は減らせるかなと思います。

ただ、電動歯ブラシだけでは完璧に健康な歯を保てるわけではありません。

半年に1回くらいは歯科に足を運んで定期的に診てもらった方が、さらに健康な歯を維持できる確率が上がると思います。

 

歯科と自宅で手軽にできるステインオフモードを組み合わせると着色汚れのステインがつきにくいキレイな歯を維持できると思います。

 

 

 

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました