スポンサーリンク

ストロボに使える充電池 eneloop pro(ハイエンドモデル)経済的でエコな電池

ミラーレス一眼カメラを購入して、初めてストロボのYONGNUO YN560 IIIを買ってみました。

ストロボのYONGNUO YN560 IIIは、単3形電池4本で動きます。

撮影の腕は未熟なので、撮り直すことも多く電池の減りが早いです。

電池の交換が多いと、電池代も馬鹿にならないので、繰り返し使える充電池を探していました。

まちゃ
まちゃ

経済的な電池が欲しい!

 

eneloop proエネループ プロ はエネループのハイエンドモデルで、普通のエネループよりも電池容量が多いのが特長です。

大容量なのでストロボなどの大きい電流を使用する機器に向いています。

もちろん充電池の良い点である経済的でエコである特長も持ったままです。

まちゃ
まちゃ

コスパが良い!

 

ハイエンドモデルとスタンダードモデルとの違い

単3形充電池の eneloop proエネループ プロ と通常モデルの eneloop を比較しました。

 

ハイエンドモデルとスタンダードモデルとの違い
ハイエンドモデルスタンダードモデル
価格の目安

1,500円

スタンダードよりも少し高め。

1,000円

Amazonよりも楽天の方が安い場合が多いです。

電池容量

2,500mAh

通常モデルより600mAh多いです。

1,900mAh

電流をあまり使わない機器なら十分です。

繰り返し回数

約500回

繰り返し回数は、かなり差があります。2年間くらいは持ちそうです。

約2,100回

10年くらいは使えそうです。

抗菌加工

抗菌加工済み

ハイエンドはもちろん抗菌加工されています。

抗菌加工済み

エントリーモデルもバッチリ抗菌加工されています。

放電性能

約300分

安定した電圧で長時間使えます。

約240分

ハイエンドモデルほどでは無いですが長持ちします。

商品名

eneloop pro

proが付いているのがハイエンドモデルです。

eneloop

「pro」が付いていないのが通常モデルです。

 

ハイエンドモデルでも経済的

ハイエンドモデルの eneloop proエネループ プロ はスタンダードモデルを比べれば、スタンダードモデルのほうが経済的になります。

それでもハイエンドモデルであっても普通の電池と比べれば、十分経済的で環境にも優しいです。

 

充電池本体の値段もお得

ハイエンドモデルの単3形電池4本の値段は1,500円~1,800円くらいです。

500回繰り返し使えるので、1回あたりの1本分の値段はたった 0.75円になります。

100円ショップの電池と比べても、かなり経済的です。

 

充電にかかる電気代はわずか1円くらい

単3形電池4本を1回、充電するのにかかる電気代は 約1円です。

繰り返し充電してもほとんど気にならないくらいの金額です。

100円ショップで普通の電池を買い直すよりもずっと経済的になります。

 

eneloop は電池ケース付き

ハイエンド・スタンダードのどちらのモデルにも電池ケースが付いています

充電池を数本持ち歩くのに便利です。

もっと多くの電池を持ち歩くなら100円ショップなどにも、使いやすいケースがあるかもしれません。

 

ストロボにエネループ プロはおすすめです

ストロボのような大きい電流を使う機器を扱うなら、ハイエンドモデルの eneloop proエネループ プロ がおすすめです。

普通の電池や100円ショップの電池を買うよりもずっと経済的でエコです。

お試しで eneloop proエネループ プロ を買ってみて、もし使い勝手が悪くてもリモコンや時計、懐中電灯などの生活雑貨にも使えるので損はしません

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました