スポンサーリンク

【レビュー】ブギーボードBB-12(キングジム Boogie Board)何度も消して使える電子ふせん

普段の生活や仕事でちょっとしたことをメモするのに、ふせんを使うことがあると思います。

すぐに不要になってしまうメモに紙のふせんを使うのは、エコではないので少しもったいないです。

 

ちょっとしたことをメモをするのには、何度も書いてすぐに消すことができる電子メモパッドが便利です。

 

文房具メーカーで有名なキングジムから発売されているブギーボード(Boogie Board) BB-12 は手のひらサイズで使いやすいです。

 

ブギーボード BB-12 は爪でも書けるので、ペンなどを探す手間もかからなくてゴミも出ず、環境にも優しいです。

このページでは手のひらサイズの電子メモパッド、ブギーボード(Boogie Board) BB-12 を紹介します。

 

ブギーボード BB-12 の同梱品

ブギーボード BB-12 の同梱品

ブギーボード(Boogie Board) BB-12 には、以下のものが入っています。

同梱品
  • 取り扱い説明書
  • 本体
  • スタイラス(ペン)
  • マグネットシール
  • リチウムコイン電池(CR2016)セット済み

 

筆圧で線の太さが変わります

筆圧で線の太さが変わる

力を抜いて書けば細く、力を少し入れると太く書くことができます。

書きごこちもなめらかで書きやすいです。

 

爪でも書けます

爪でも書けます

ブギーボードBB-12 は、付属のペン(スタイラス)でなくても爪などでも書くことができます。

 

ボタン1つで画面を消去

ブギーボードBB-12 はボタン1つで書いたメモを何度でもキレイに消すことができます。

コイン型電池1つで約3万回も消去することができて、繰り返しメモパッドとして使うことができます。

3万回がどれくらいの期間使えるかと言うと、1日10回使うとすると、8年以上電池交換せずに使うことができます。

コイン型電池は、普通の+ドライバーを使って交換することができます。

 

手のひらサイズで軽い

手のひらサイズ

ブギーボードBB-12 の大きさは縦横8.6cmで厚さは5.5mmと手のひらサイズです。

大きさはだいたい、大きめのふせんぐらいの大きさです。

 

重さも37gと軽量です。

小さくて軽いので立ちながら手に持っても書きやすいです。

重さも37gと軽量

 

マグネットで貼り付けられる

マグネットで貼り付けられる

背面の上部にはマグネットがあるので、パソコン本体の側面や冷蔵庫などの金属面に貼っておくことができます。

また、マグネットシールが同梱されているので、マグネットで貼り付ける事ができない場所にも自由に貼り付けられます。

 

ストラップ穴でぶら下げられる

ストラップ穴付き

ブギーボードBB-12の左上の角にはストラップ穴があいているので、ストラップなどひもを取り付けることができます。

ストラップなどを通して、壁やフックなどにぶら下げるておくこともできます。

 

 

ペン(スタイラス)付き

ブギーボードBB-12 にはメモパッドへ書き込みやすいペン(スタイラス)が付属しています。

スタイラスはちょっと短くて持ちにくいですが、付属のペンでなくても爪など少し硬いものでも書くことができます。

スタイラスは本体の横にスライド式で取り付けることができます。

スライド式で取り付けることができます

ペン(スタイラス)は小さくて軽いので取り付けても邪魔になりません。

ペン(スタイラス)は小さくて軽い

 

 

コイン電池の交換方法

ブギーボードBB-12 には最初から電池がセットされていますので、購入してすぐに使うことができます。

もしも電池が切れてしまっても、自分で簡単に電池交換できます。

コイン型電池(CR2016)はコンビニでも買えるよくあるコイン型電池です。

 

コイン電池の交換方法
  • STEP 1
    電池フタのネジを外します

    電池フタのネジを外します

    プラスドライバーで電池フタのネジを外します。

  • STEP 2
    ネジ側からななめに電池フタを取り外します

    ネジ側からななめに電池フタを取り外します

    片側にツメがあるので、ネジ側からななめに電池フタを取り外します。

  • STEP 3
    リチウムコイン電池(CR2016)を交換します

    リチウムコイン電池(CR2016)を交換

    電池のプラスとマイナスの向きに注意してリチウムコイン電池(CR2016)を交換します。

  • STEP 4
    ななめに差し込みます

    ななめに差し込みます

    電池フタのツメに注意してななめに差し込みます。

  • STEP 5
    ネジをしめます

    ネジをしめる

    最後にプラスドライバーでネジをしめます。

 

 

カラーは5色!

カラーは5色あるので、メモする内容によって色を使い分けるのも良さそうです。

 

 

終わりに。何度も消して使える電子メモパッドは便利です

このページでは手のひらサイズの電子メモパッド、ブギーボード(Boogie Board) BB-12 を紹介しました。

ブギーボード BB-12 は何度も消して使えるので紙のゴミが出ず環境にも良さそうです。

ちょっとしたことをメモしておくには、ぴったりなガジェットです。

 

ブギーボード BB-12には消去ロック機能がないので重要なメモには向いていません。

同じブギーボードシリーズにはロック機能が付いているモデルやもっと大きいサイズもあるので用途に合わせて使い分けることができます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました