Amazonサイバーマンデー攻略のコツはこちら

【レビュー】ドルツEW-DP52 パナソニック電動歯ブラシ(18年9月製)

「ドルツ EW-DP52」はPanasonicから2018年9月に発売された音波振動方式の電動歯ブラシです。

この記事では最新モデルの「ドルツ EW-DP52」について紹介します。

 

私は、今まで電動歯ブラシのブラウン「オーラルB」、Panasonicのドルツを使用していました。

購入から数年がたったので技術と性能も向上しただろうと思い、最新技術が使われたモデルにしたくなりました。

替えブラシも尽きた良いタイミングで購入しました。

 

上位機種で最新モデルなのでまだ高いですが、家電批評で1位に選ばれた機種の後継機でもあるので性能はお墨付きのようなものです。

歯は一生モノですし、磨き性能が高いのであれば多少はガマンできます。

 

 

スポンサーリンク

なぜドルツ「EW-DP52」を購入したか

EW-DP52箱

EW-DP52箱

ドルツはPanasonicから発売されている電動歯ブラシです。

ドルツシリーズは複数モデルが発売されていますが「EW-DP52」は2018年9月に発売されたばかりの最新モデルです。

パナソニックの最新技術の「W音波振動」はパワフルな磨き方ができると評価が高い磨き性能です。

 

1世代前の「EW-DP51」は家電批評2018年9月号でBEST BUYで1位に選ばれる程の性能です。

家電批評2018年9月号で1位

家電批評2018年9月号で1位

 

その「EW-DP51」の純粋な後継機である「EW-DP52」も同等以上な性能で、毎日使うものだし買うなら良いものをと思い購入しました。

 

安心の国内メーカーのパナソニック製

EW-DP52本体

EW-DP52本体

色は清潔感のあるシルバーも良かったのですが高級感があるブラックにしてみました。

本体はボタン1つだけのシンプルなデザインになっています。

電源を入れて5秒以内にボタンを押してモードを切り替えられるので、簡単に好きなモードを選択できます。

前回使用したモードを記憶する、モード記憶機能も搭載されているので便利です。

 

 

ブラシの大きさは日本人の口に合わせて小さめ

電動歯ブラシで一番重要なのがヘッドのブラシ部分です。

フィリップスやブラウンなどの海外メーカー製の電動歯ブラシは日本人には少し大きいという事があります。

「EW-DP52」は国内メーカーのパナソニックだけあって日本人の口に合うヘッドが小さめの作りになっています。

 

 

替えブラシのコスパが良い!

海外メーカー製の電動歯ブラシの替えブラシは高いことが多いです。

フィリップスの純正ブラシは4本で4,000円もする場合もありますが、「EW-DP52」の標準的なブラシは2本で450円くらいです。

電動歯ブラシのブラシは3か月ほどで毛先が広がって傷んでくるので、替えブラシのコスパは重要です。

「EW-DP52」は付属品で6種類の一通りのブラシが初めから試せるのが嬉しいです。

 

 

超強力な磨き性能「W音波振動」

パナソニックの「EW-DP52」には「W音波振動」が搭載されていて音波振動の本家本元のフィリップス「ソニックケアー」に負けないパワフルでしっかり磨ける電動歯ブラシになっています。

「W音波振動」はモーターが2つ搭載され、従来のヨコ振動にタタキ振動を加えた独自技術です。

ヨコ振動は、手磨きでは不可能な毎分3万1000ブラシストロークで歯周ポケットの歯周病の原因菌をかき出します。

タタキ振動は毎分1万2000ブラシストロークで歯の間の汚れに立体的に歯垢を強力に除去します。

ヨコとタタキ振動を同時にやるのは人間の手には不可能ですよね。

この強力な磨き性能の「W音波振動」のおかげでしっかり磨けます。

 

注意点としては「W音波振動」のW-CLEANモードはツバや歯磨き粉が飛び散りやすい点です。

説明書にもON/OFFは口の中に入れたまま操作することをおすすめしています。

W-CLEANモードでは振動や磨き感が強すぎるときはNORMALモード、NORMALモードでも磨き感が強すぎる場合はSOFTモードで調整できます。

 

日本歯科医師会【推薦】の磨き方ができる

日本歯科医師会 推薦

パナソニックのドルツEW-DP52は「W音波振動」の強力な振動というだけでなく、歯科医師が推奨する磨き方ができる電動歯ブラシです。

歯ブラシをヨコに細かく動かして磨く「バス法」・「スクラビング法」が歯科医師がおすすめする磨き方です。

ヨコ振動の毎分3万1000ブラシストロークの微細な振動が歯周ポケットの歯垢をかき出します。

 

「バス法」・「スクラビング法」

「バス法」・「スクラビング法」

 

 

磨き方モードについて

6種類のブラシ

6種類のブラシ

悩みに合わせて選べる5つのモード

よく使う歯の汚れを除去したいWクリーンモードや歯の色をキレイにしたい時に使うステインオフモードなど悩みや目的に合わせた5つのモードがあります。

WクリーンモードW音波振動で特に強力に歯垢を
除去したい時
ソフトモード初めて使う方や、磨きが強く感じる時
ステインオフモード歯の色が気になる時
〜約2週間で自然な白い歯へ〜
ノーマルモード歯周ポケットにひそむ歯周病の原因菌を
かき出したい時
Wガムケアモード歯ぐきをケアしたい時
〜約1週間で歯ぐきの健康を推進〜

 

ブラシとおすすめモードと目的

歯ブラシおすすめモード目的
マルチフィットブラシW-CLEAN【歯垢除去】
歯面やかみ合わせ面の歯垢を
除去したいとき
密集極細毛ブラシNORMAL【歯周ポケットケア】
歯周ポケットや歯と歯ぐきの
境目などを中心に磨きたいとき
ステインオフブラシW-CLEAN【ステインケア】
通常の歯磨きで
ステインケアしたいとき
シリコンブラシW-GUMCARE【歯ぐきケア】
歯ぐきをケアしたいとき
ステインオフブラシ背面SOFT【舌のケア】
舌の汚れを取りたいとき
ステインオフアタッチメントSTAINOFF【ステイン集中ケア】
集中ケアで特に気になるステインを
除去したいとき
ポイント磨きブラシW-CLEAN【ポイント磨き】
歯間や奥歯の奥、歯並びの
悪いところを磨きたいとき

 

 

ケースや替えブラシなどアクセサリーも充実

付属品のブラシ

付属品のブラシ

本体を購入した時の付属品も充実しています。

替えブラシは6種類。ステイン除去に効果があるステインクリーンペーストも付属しています。

ブラシスタンドも2個付いてきて合計で8本挿せるようになっています。

ブラシには色の付いた輪ゴムを付けられるので家族など複数人で使用する場合も問題ありません。

 

他にはスタンドと一体になった充電スタンドとACアダプター、携帯用の収納ケースが同梱されています。

携帯ケース

携帯ケース

 

携帯ケースは電動歯ブラシ本体とブラシを2本収納できます。

この携帯ケースは中枠を外すことができるので水洗いしやすく、清潔に保ちやすくなっています。

 

 

 

便利な充電スタンド

フロートチャージ

フロートチャージ

「EW-DP52」の充電スタンドはフロート形状になっています。

電動歯ブラシの充電台は本体最下部に無接点充電のコイルが仕込まれていて充電スタンドに置くことで充電する方式が多いです。

この「EW-DP52」はフロートチャージスタイルで充電リングに本体を引っ掛けて充電する方式になっています。

このため、ホコリや水が溜まることもなく掃除しやすい点は素晴らしいです。

ブラウンのオーラルBを使用していたのですが掃除をサボると水垢で汚れてしまいます。

 

急速充電機能搭載

充電スタンド

充電スタンド

「EW-DP52」は充電スタンドの充電リングに差し込むと充電が開始されます。

急速充電機能を搭載していて約1時間で充電が完了します。

フル充電時は「W音波振動」の「W-CLEAN」「W-GUMCARE」モードでは約45分間、それ以外のモードでは90分間も使用できます。

いざという時のためにクイックチャージ機能も搭載していて、2分間の充電で歯磨き1回分の充電をすることができます。

 

まとめ

「ドルツEW-DP52」は家電批評の評価だけではなく、日本歯科医師会が推薦する磨き方ができる電動歯ブラシです。

音波振動の本家本元のフィリップス「ソニックケアー」にも負けない、大きい振動で効率的な歯磨きが実現できています。

替えブラシのコスパも良くて運用コストが高くならないのも良いところです。

本体の価格は高いですが、その分、機能は高性能で満足できるモデルです。

 

【比較】パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ EW-DP52とEW-DP51
パナソニックの電動歯ブラシ ドルツ EW-DP51は家電批評2018年9月号で電動歯ブラシで1位になったほどの性能です。 音波振動式の本家本元のフィリップス「ソニックケアー」、回転式のブラウン「オーラルB」を抑えて、振動・持ち...

 

 

よく使う替えブラシ

 

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました