コンビニコーヒーを保温/保冷して長く楽しむ方法

コンビニコーヒーはお手軽な価格で、どこでも楽しめるのでよく買ってしまいます。

コンビニコーヒーはアイスもホットも美味しいのですが、アイスは時間が経つと氷が溶けて水っぽくなってしまいます。

ホットは紙コップなので熱くて持ちにくいですし、ぬるくなると美味しさが半減以下になってしまいます。

 

コンビニコーヒーを手軽に、保温・保冷して長時間楽しみたいたいので3つ方法を考えました。

  1. 真空カップタイプ
  2. 電気の力を使う
  3. タンブラータイプ

 

中でも、コンビニコーヒーのカップを、そのまま入れて使える真空カップがおすすめです。

掃除などのメンテナンスも無いのが特に良いです!

 

スポンサーリンク

真空カップタイプ

コンビニコーヒーを長く楽しむのに、おすすめの方式は真空カップを利用する方法です。

真空カップタイプの良い点

真空カップには、このような良い点があります。

  • 洗う手間がかからない
  • メンテナンスが簡単
  • 水滴がつかない
  • セットが簡単
  • 置き場所に困らない
  • 熱くも冷たくもないので持ちやすい

 

コンビニコーヒーのカップを、そのまま真空カップに入れるだけなのでセットは簡単です。

飲み口もストローやホットコーヒーのフタの飲み口をそのまま利用するので、汚れたりしないので洗って清潔に保つ必要がありません。

飲み終わったらコンビニコーヒーのカップを、そのまま取り出して捨てるだけです。

真空二重構造なので外に熱が伝わらないので結露も発生しないですし、ホットコーヒーでも熱くないので持ちやすいです。

電気方式と比べて、ケーブルの心配がないので置き場所に困らないのも良い点です。

 

真空カップタイプの悪い点

他の方式と比べると、このような悪い点があります。

  • 他の方式よりも温度変化が早い
  • コンビニコーヒーのカップサイズよっては使えない

 

コンビニコーヒーのカップとサイズがピッタリではないので、内側に少し隙間ができます。

その隙間から少し熱が逃げやすいかなと思います。

それでも何も使用しないよりも、ずっと温度は長持ちします。

 

真空カップがラージタイプだと、コンビニコーヒーの小さいサイズなどは容器の大きさが合わないので使えないのが一番不得意な点です。

タンブラーなどの容器も似たような一面がありますが、コンビニコーヒーより大きいサイズであれば問題ないです。

 

パール金属・真空カップ

私は、コンビニコーヒーを買うときは、アイス・ホットでも大きいサイズで買います。

ですので真空カップもラージサイズにしました。

パール金属の真空アイスコンビニカップ[ラージ]にしました。

アイスと書いてありますが、ホットでも使えました。

 

真空カップの内側は、シンプルな構造でステンレス鋼製となっています。

 

 

パール金属の真空カップには見た目はほぼ同じですがサイズ違いで4種類あります。

多少隙間ができたりで保温・保冷性能は落ちますがサイズ違いでも利用できます。

アイスホット
品番HB-1894HB-1896HB-1337HB-1338
サイズレギュラーラージレギュラーラージ
外径(mm)85908085
高さ(mm)10512095105

 

 

ファミマのアイスコーヒーMサイズは、サイズは真空カップにちょっとだけ隙間がある感じでしたがほぼピッタリでした。

ファミマのホットコーヒーのMサイズにはちょっと大きい感じで、少しグラグラしますが普通に飲めました。

ファミマ・アイスMサイズ

ファミマ・ホットMサイズ

 

アイスコーヒーだといつもは飲み終わる前に氷が溶け切ってしまうのですが、かなり残っていました。

ホットコーヒーも飲み切る前に冷えてしまうことが多かったのですが、ぬるいくらいで飲み終わりました。

体感的にも満足な結果でした。

 

 

電気の力を使う

電気の力を使って保温・保冷する製品はこのように台が熱くなったり冷たくなったりで温度を保つタイプです。

 

 

電気を使うタイプの良い点

電気を使用するタイプの良い点は、以下のようなことがあります。

  • コンビニコーヒーのサイズは何でも使える
  • 使いなれた容器をそのまま使える
  • 長い期間熱く・冷たくできる
  • 掃除の手間がかからない

 

台が温かくなったり冷たくなるので、コンビニコーヒーのカップをそのまま置けるのは楽チンです。

コンビニコーヒーだけでなく、缶や陶器、ガラスコップもそのままおいて使えるのは便利です。

底の大きさはあまり変わらないので、コンビニコーヒーのサイズはどれでも使えるます。

また、置くだけなので、洗う必要がないので日々のメンテナンスの手間がかからないのは良いです。

 

電気が続く限り、ずっと温めたり冷たくできるのはこの方式の良い点です。

真空カップなどは飲み物自体の熱は徐々に逃げていきますので、いつかは常温になってしまいます。

 

電気を使うタイプの悪い点

電気を使用するタイプの悪い点は、以下のようなことがあります。

  • 容器自体はむき出しなので結露しやすい
  • ホットコーヒーだと容器が熱くて持ちにくい
  • 台を置くスペースが必要
  • 電源ケーブルが邪魔
  • 台に置くので少し不安定

 

アイスコーヒーの場合、下を冷やすので容器自体はそのままむき出し状態です。

結露のしやすさは変わらないので、容器を持つと濡れてしまうのがあまり良くない点です。

ホットコーヒーだと紙コップが多いので、熱くて持ちにくいままです。

 

また、冷却する部品や熱を出すための部品が必要のためスペースが必要になります。

電気を給電するためのケーブルも必要になりますので、コンセント・電源も近くにないと使用できないのもデメリットです。

 

タンブラータイプ

コンビニコーヒーのアイス・ホットを長く楽しむ3つ目の方法は、タンブラーやマイボトルを使用することです。

中身を移し替えて容器自体をグレードアップする方法です。

私は昔、会社でタンブラーを使用してコーヒーを飲んでいたことがあるのですが、毎日帰る前に洗うのが面倒でやめてしまいました。

 

タンブラータイプの良い点

私が思うタンブラータイプの良いところは、以下の点があります。

  • 冷たい飲み物でも結露で水滴がつかない
  • ホットコーヒーも熱くならず持ちやすい
  • 置き場所に困らない
  • 密閉度が高いので保温持続力は高い

 

タンブラーは飲むのに適した容器です。

密閉度は高いので保温・保冷の持続力は高いです。

熱が外に逃げないのでタンブラーに結露で水滴がつかないですし、熱くならないので持ちやすいです。

 

タンブラータイプの悪い点

私が思うタンブラータイプの悪いところは、このようなところです。

  • コンビニコーヒーよりも量が多いと入らないと駄目
  • 容器を移し替えるのが面倒
  • 掃除が面倒

 

コンビニコーヒーをタンブラーに移すので、飲み終わったらタンブラーを洗って清潔に保つ必要があります。

タンブラー本体は洗いやすい形状ですが、飲み口があるフタ部分は複雑で洗いにくいものが多いです。

会社でもタンブラーを使用している人をよく見かけます。

オシャレだしゴミが出にくいので環境にも良いですが、掃除などのメンテナンスは大変そうだなと思ってしまいます。

 

まとめ|コンビニコーヒーは真空カップで楽しむのがオススメ!

サイズが違うと、うまく使えない可能性がありますが、コンビニコーヒーのカップをそのまま入れて使える真空カップはおすすめです。

ホットコーヒが熱々で持ちにくいという難点も解決しますし、アイスコーヒーの結露で水滴がつくという問題も解決します。

氷が溶けて薄くなることも無いので、美味しさが長持ちするのは嬉しかったです。

 

 

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました