長時間再生の完全ワイヤレスイヤホン

【買うべき!】2021年AVIOTのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン

AVIOTは日本のメーカーブランドで、日本人が聴きやすい音にこだわりを持ってチューニングしているのが特長です。

凛として時雨のピエール中野さんが監修したイヤホンもあり、音質面でも優秀な完全ワイヤレスイヤホンがそろっています。

 

私はノイキャンセリングが使いやすい Apple AirPods Pro を使うことが多いですが、作業など長時間イヤホンを使いたいときはAVIOTを使っています。

AVIOTはイヤホン単体で連続10時間以上も音楽を楽しめるイヤホンもあるので、長時間な作業にも便利なガジェットです。

 

この記事では、「【買うべき!】2021年AVIOTのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン」について紹介します。

 

気になるところまで読み飛ばす

1番のおすすめイヤホンを見る 1番のおすすめを見る

イヤホンの比較を一覧で見る AVIOTイヤホンの比較を一覧で見る

 

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人:まちゃ
ガジェット好き 自作PC歴20年超え スマホゲームのエンジニア アニメ・ゲーム好き

AVIOTの完全ワイヤレスイヤホンを一覧で比較

2019年から2021年にAVIOTから発売された完全ワイヤレスイヤホンで、主な性能を一覧にしてみました。

どれもおすすめなので、自分にあった性能のイヤホンを見つける参考にしてみてください。

 

AVIOTの完全ワイヤレスイヤホン一覧
モデル発売時期参考価格イヤホン重さ連続再生合計再生充電端子防水Qi充電アプリ対応操作方法レビュー記事公式サイトAmazon

TE-D01q

21年7月7,600円5.5g11時間33時間USB-CIPX4不明対応タッチ公式詳細ページへAmazon詳細へ

TE-D01t

21年6月11,000円7.8g18時間60時間USB-CIPX4対応対応タッチレビュー記事へ公式詳細ページへAmazon詳細へ

TE-D01m-ela

21年6月15,000円6.7g10時間50時間USB-CIPX4不明不明タッチ公式詳細ページへAmazon詳細へ

TE-BD21j

20年12月14,000円5.5g9時間36時間USB-CIPX4非対応対応タッチレビュー記事へ公式詳細ページへAmazon詳細へ

TE-BD21j-pnk

20年12月19,000円5.6g9時間36時間USB-CIPX4非対応対応タッチレビュー記事へ公式詳細ページへAmazon詳細へ

TE-D01m

20年11月12,000円6.7g10時間50時間USB-CIPX4不明不明タッチレビュー記事へ公式詳細ページへAmazon詳細へ

TE-D01d
mk2-TQ

20年10月13,000円6.8g11時間120時間USB-CIPX5対応対応両方公式詳細ページへAmazon詳細へ

TE-D01g-ybt

20年10月8,000円4.6g10時間50時間USB-CIPX7非対応不明ボタン公式詳細ページへ

TE-D01gv-na

20年9月11,000円4.7g11時間50時間USB-CIPX7非対応不明ボタン公式詳細ページへ

TE-D01d-pnk

20年9月10,000円5g9時間100時間Micro USBIPX4非対応不明ボタン公式詳細ページへAmazon詳細へ

TE-D01gv-gko

20年7月11,000円4.7g11時間50時間USB-CIPX7非対応不明ボタン公式詳細ページへ

TE-D01gv

20年7月9,000円4.7g11時間50時間USB-CIPX7非対応不明ボタンレビュー記事へ公式詳細ページへAmazon詳細へ

TE-D01i

20年3月9,700円6.3g8時間30時間USB-CIPX5非対応対応ボタンレビュー記事へ公式詳細ページへAmazon詳細へ

TE-D01d
mk2

19年12月11,000円6.8g11時間120時間USB-CIPX5対応対応両方レビュー記事へ公式詳細ページへAmazon詳細へ

TE-BD21f-pnk

19年8月20,000円5.4g7時間USB-CIPX5非対応非対応ボタンレビュー記事へ公式詳細ページへAmazon詳細へ

TE-BD21f

19年8月15,000円5.4g7時間25時間USB-CIPX5非対応不明ボタン公式詳細ページへAmazon詳細へ

TE-D01g

19年4月7,000円4.6g10時間50時間USB-CIPX7非対応不明ボタンレビュー記事へ公式詳細ページへAmazon詳細へ

TE-D01d

19年2月9,000円5.4g9時間100時間Micro USBIPX4非対応不明ボタンレビュー記事へ公式詳細ページへAmazon詳細へ

 

AVIOTには有名ミュージシャンとコラボしたイヤホンがあります。

コラボレーションモデルの一覧は、こちらのコラボモデル一覧記事をごらんください。

コラボモデルは付属品や音質などが特別仕様になっています。

 

スポンサーリンク

AVIOTのおすすめ完全ワイヤレスイヤホンを選ぶポイント

AVIOTの完全ワイヤレスイヤホンを選ぶうえで、音質はもちろん重要ですが、その他のポイントには下のような項目があります。

  • USB-Cケーブルで充電できるか
  • ワイヤレス充電できるか
  • 再生時間が長いか
  • 重さが軽いか
  • 防水対応か
  • タッチセンサーボタンか
  • 専用アプリに対応しているか
  • ノイキャン対応か

 

充電環境

汎用性も高くてケーブルを統一できてスッキリします。

完全ワイヤレスイヤホンは毎日のように使うのもなので、充電する方法も簡単で快適にしたいです

AVIOTでは2019年4月以降のモデルは、上下がなくてケーブルを挿すのが簡単なUSB-Cケーブルに対応しているので充電しやすいです。

AVIOTは充電ケースと合わせて使うと100時間以上も使えて、電池容量が多いイヤホンがあるので充電回数を減らせる場合もあります。

 

再生時間

AVIOT TE-D01d のバッテリー性能

完全ワイヤレスイヤホンは、途中で充電ケースに収納して充電せずに使える連続再生時間も大事なポイントです。

他社のメーカーをみても2019年のイヤホンでは、5時間以上も連続して音楽を聴けるモデルが多いです。

AVIOTのイヤホンでは、11時間以上も連続再生が可能なイヤホンもあるので連続再生時間だけをみても魅力的な製品があります。

充電ケースとあわせて100時間以上も使える完全ワイヤレスイヤホンがあるので旅行や出張でも安心です。

 

 

防水対応が安心

AVIOT TE-D01d mk2 は1度に11時間連続再生できる

AVIOTの完全ワイヤレスイヤホンは、どれも防水対応しているので、小雨や運動で汗をかいても安心して使えます。

30分水に浸けても大丈夫なIPX7に対応しているイヤホンもありますが、水泳しながら使えるというほどではないので注意です。

 

 

イヤホンでの操作性

AVIOT TE-D01d mk2 の音質と操作

ワイヤレスイヤホン単体で再生・一時停止・曲送りなど操作する際に、タッチセンサー式かボタン式かどうかも好みが分かれると思います。

ボタン式は押した感が感じられて確実に操作できますが、耳穴に向かって押し込む形になるので少し耳が痛くなるかもしれません。

タッチセンサー式は操作は軽く触れるだけで簡単に操作できますが、誤タッチに反応してしまう可能性があるのがデメリットです。

AVIOではほとんどのモデルがボタン式ですが、TE-D01d mk2はタッチセンサー式になっています。

 

音質

AVIOTのイヤホンは、日本人が聴きやすい音にチューニングしているので音質についても人気があるメーカーです。

中でも「TE-BD21j-pnk」は、凛として時雨のピエール中野さんが監修している音質をさらに特化したモデルもあるのが特長です。

 

専用アプリでカスタマイズ

一部のイヤホンはAVIOT専用アプリから、カスタマイズすることができます。

ボタンの挙動や音質なども変更できるので、アプリに対応しているかもAVIOTのイヤホンを選ぶポイントになると思います。

 

ノイキャンに対応しているか

AVIOTではノイキャン搭載イヤホンは、ごく一部だけです。

ノイズキャンセリング性能も、まだそこまで高くないので、あまり気にしないほうが良いかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

おすすめのAVIOT完全ワイヤレスイヤホン

AVIOTの完全ワイヤレスイヤホンは、日本人が聴きやすいようにチューニングしているということもあり、どれも音質が良いです。

充電ケースが少し大きくはなりますが、再生時間が長いのもAVIOTのイヤホンの特長の1つと言えます。

音質と電池の持ちの良さを重視しているならおすすめのイヤホンがそろっています。

毎日のように完全ワイヤレスイヤホンを使っている私が選ぶ、AVIOTの完全ワイヤレスイヤホンはこちらです。

 

 

【1位】TE-D01t

AVIOT TE-D01t レビュー

AVIOTの完全ワイヤレスイヤホンで、1番のおすすめは「TE-D01t」です。

TE-D01t を1言で説明すると、約1万円で全部入りの完全ワイヤレスイヤホンです。

TE-D01t の主な特長
  • ノイキャン
  • 外音取り込み機能
  • ゲーミングモード(低遅延)
  • 防水対応
  • タッチセンサー操作
  • アプリでカスタマイズ可能
  • 対応コーデック:SBC、AAC
  • イヤホン単体で18時間連続再生
  • ケース込みで60時間再生
  • ワイヤレス充電
  • 急速充電
  • 紛失防止機能
  • 1.1万円

 

ノイキャンやワイヤレス充電といった最先端技術をたくさん搭載していながら、1.1万円という安さが特に魅力的です。

多機能ながら18時間のロングバッテリーと省エネ性も優秀で大きなメリットです。

 

充電ケースはコンパクトですが、イヤホン単体で18時間再生可能なので、ケースを持ち歩く必要もないのが嬉しいです。

イヤホン単体で18時間再生可能

まちゃ
まちゃ

外での充電は必要ないかも

 

 

イヤホン単体で18時間も再生できますが、電池切れしてしまった場合は、急速充電にも対応しているのでいざというときも安心です。

急速充電に対応

 

音質は低音・高音にクセがない感じで、音量を大きくして音楽を楽しみたくなる良い音質でした。

全部入りで音質も良い完全ワイヤレスイヤホン

 

面倒な充電作業はワイヤレス充電に対応しているため、置くだけですむので毎日の充電も快適になります。

便利なワイヤレス充電に対応

 

注目のノイズキャンセリング機能も搭載していますが、SONY WF-1000XM4 ほど性能は高くないので過度な期待はしないほうが良いです。

それでも安くて全部入りの完全ワイヤレスイヤホンを探しているなら、おすすめのイヤホンです。

まちゃ
まちゃ

快適な全部入り!

 

 

「AVIOT TE-D01t」の詳細なレビューはこちら

 

価格を抑えたいなら「TE-D01gv」

価格を抑えたいなら「TE-D01gv」

AVIOTの完全ワイヤレスイヤホンで、できるだけ価格を抑えたいなら8千円台の「TE-D01gv」がおすすめです。

「AVIOT TE-D01gv」のおすすめポイントの特長は、このような点があります。

  • 日本人向けの音質チューニング
  • 高い防水性能
  • 11時間連続再生
  • USB-Cケーブル対応
  • Bluetooth最新バージョン5.2対応

 

「AVIOT TE-D01gv」は、ワイヤレス充電には対応していませんが、汎用性の高いUSB-Cケーブルで充電できます。

USB-Cケーブルは上下を気にしなくて良いので挿しやすく、Androidでも使うのでスマホとも一緒に使えるのが便利です。

汎用性の高いUSB-Cケーブルで充電できます

 

「TE-D01gv」の防水性能は完全ワイヤレスイヤホンでは、かなり高い防水規格IPX7に対応しています

防水規格IPX7は、少しの間だけなら水の中に入れても大丈夫な防水性能なので、雨やシャワーでも気にすること無く使用できます。

防水規格IPX7に対応しています。

 

「AVIOT TE-D01gv」はイヤホン単体で、最大11時間も連続再生が可能な完全ワイヤレスイヤホンです。

他社のメーカーを見ても10時間を超えるイヤホンはほとんど無いので、長時間音楽を楽しみたいなら魅力的です。

最大11時間も連続再生が可能

 

イヤホン片耳1つだけでは約4.7gで、完全ワイヤレスイヤホンとしては軽い方です。

イヤホン片耳1つだけでは約4.7g

 

 

>> 「AVIOT TE-D01gv」の詳細なレビューはこちら

 

 

音質No.1「TE-BD21j-pnk」

AVIOT TE-BD21j-pnk レビュー

AVIOTはどのイヤホンも音質が良いですが、その中でも特に音が良いのが「ピヤホン3」と呼ばれる「AVIOT TE-BD21j-pnk」です。

 

1万円台ながら音質に特化した原音に近い音を楽しめるイヤホンとなっています。

AVIOT TE-BD21j-pnkは「りんとして時雨しぐれ」のピエール中野さんが、ベーシックモデルの「TE-BD21j」をチューニングしたイヤホンです。

まちゃ
まちゃ

ピヤホン3と呼ばれています

 

音質は低音から高音までハッキリ聴こえる、原音に忠実な音質となっています。

イヤホンの音量を大きくして、もっと聴きたくなる良い音です。

もっと聴きたくなる良い音

 

AVIOT TE-BD21j-pnk は、以下のような特長を持った完全ワイヤレスイヤホンです。

  • 特別ボイスガイダンス
  • 特別サウンド調整
  • 紛失防止ストラップ付属
  • ジュラルミン素材使用
  • 防水対応
  • 外音取り込み機能
  • イヤホン単体で9時間連続再生できる
  • ケース込みで36時間再生
  • USB-Cケーブルで充電
  • ハイブリッド・トリプルドライバー搭載
  • 対応コーデック:SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
  • Bluetooth version:5.2
  • タッチセンサー式
  • アプリでカスタマイズ可能

 

充電ケースのフタは、前モデルのTE-BD21fと同じようにスライドさせてオープンさせます。

充電ケースの右側にUSB-C端子がある

 

ワイヤレス充電やノイキャンといった高機能はないですが、外出でも音質の良い音楽を楽しみたいならオススメの完全ワイヤレスイヤホンです。

 

「AVIOT TE-BD21j-pnk」のレビューはこちら

 

 

AVIOTのおすすめ完全ワイヤレスイヤホンまとめ

この記事では、「【買うべき!】2021年AVIOTのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン」について紹介しました。

AVIOTのイヤホンは、日本人が聴きやすい音にこだわってチューニングしているので音質は問題ないです。

この記事で紹介したイヤホンは私の個人的なおすすめなので、自分が重要だと思う性能で探すとベストパートナーが見つかると思います。

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事で紹介した完全ワイヤレスイヤホン

スポンサーリンク

Amazonで安く買い物する方法

ガジェットなどをAmazonでお得に買い物するには、Amazonギフト券にあらかじめチャージしてから購入するのがおすすめです。

Amazonギフト券は現金でチャージするたびにポイントが 最大2.5% 貯まります。

現金派クレカを持てなくても、Amazonギフト券を活用するとお得です!

 
\ 最大2.5%のポイントバック /
現金なので安心
クレカ無くてもOK
5千円以下の完全ワイヤレスイヤホン
5,000円以下のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン

2万円を超えるハイスペックな完全ワイヤレスイヤホンもありますが、5,000円以下でコスパの良いワイヤレスイヤホンもあります。

5,000円以下のおすすめの完全ワイヤレスイヤホンを紹介します。

\ 今すぐチェック /
完全ワイヤレスイヤホン
このページをシェアする
プロガジ

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました