Ankerのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン

【AVIOT TE-D01m レビュー】初のノイキャン搭載の完全ワイヤレスイヤホン

AVIOT TE-D01m レビュー

この記事ではAVIOTで初めてノイズキャンセリング機能を搭載した「AVIOT TE-D01m」をレビューしました。
1万円くらいで音質がよく長時間再生防水・タッチセンサー・外音取り込み機能付きでコスパが良い完全ワイヤレスイヤホンです。

通勤・通学・作業中に音楽を楽しむとき、ケーブルを全く使わない完全ワイヤレスイヤホンは、一度使ってみると普通のイヤホンには戻れないほど快適になります。

カバンからの出し入れも簡単ですし、周りにケーブルが引っかかる心配も無いので楽ちんです。

まちゃ
まちゃ

愛用している必須ガジェットの1つです。

 

 

日本メーカーのAVIOTアビオット日本人が聴きやすい音質にこだわったイヤホンを作っているメーカーです。

AVIOT TE-D01mは音質が良くて高機能でありながら、コスパの良い完全ワイヤレスイヤホンとなっています。

AVIOT TE-D01mは音質が良くて高機能

 

音質は低域が少し抑えられていて、クセのない自然な感じでした。

機能面ではイヤホン単体で10時間の長時間再生ができ、防水ノイキャン外音取り込み機能も搭載している高性能となっています。

イヤホン単体で10時間の長時間再生

 

ノイキャンを搭載し、日常生活でも使いやすく、1万円台前半に抑えられている初めてでも使いやすい完全ワイヤレスイヤホンに仕上がっています。

 

この記事では「【AVIOT TE-D01m レビュー】初のノイキャン搭載の完全ワイヤレスイヤホン」について紹介します。

 

気になるところまで読み飛ばす
ペアリング方法を見る ペアリング方法を見る

AVIOT TE-D01mの音質と操作を見る AVIOT TE-D01mの音質と操作を見る

 

スポンサーリンク

AVIOT TE-D01m の概要

AVIOT TE-D01m の概要

AVIOTアビオットは日本メーカーで、日本人が聴きやすい音質にこだわったイヤホンを作っているメーカーです。

そのAVIOTの「AVIOT TE-D01m」は、以下のような特長を持った完全ワイヤレスイヤホンです。

  • 長時間(10時間)再生
  • ケース込みで50時間再生
  • ノイキャン搭載
  • 周囲の音を聞きやすくする機能
  • USB-Cケーブルで充電
  • 自然な音質
  • タッチセンサー操作
  • 防水対応
  • 1万円台前半
  • カラーリングは全5色
  • 対応コーデック:SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
  • Bluetooth version:5.2

 

AVIOT TE-D01mは、低音など強調されていない自然な音質で楽しめる完全ワイヤレスイヤホンです。

1万円台前半でノイキャン・外音取り込み機能も付いているので、かなりコスパが良いです。

イヤホン単体で10時間も連続再生ができて防水にも対応し、ちょっとしたお出かけならずっと使い続けることができます。

 

 

スポンサーリンク

AVIOT TE-D01m の同梱物

AVIOT TE-D01m の同梱物

AVIOT TE-D01m」には、以下の付属品が同梱されています。

  • 充電ケース
  • イヤホン本体
  • 専用ポーチ
  • USB-Cケーブル(約50cm)
  • イヤーチップ(4種類)
  • マニュアル

 

耳の穴に入れるイヤーチップは、「SS / S / M / L」の4種類のサイズが同梱されています。

耳の穴に入れるイヤーチップ

まちゃ
まちゃ

柔らかいシリコン製です

 

AVIOT TE-D01mにはケースへ充電するためのUSB-Cケーブルが1本付属しています。

USB-Cケーブルの長さは約50cmで少し短めですが、持ち運びやすい長さです。

USB-Cケーブルの長さは約50cm

 

付属している専用ポーチは、モコモコしていてさわり心地が気持ち良いです。

付属している専用ポーチ

 

充電ケースを入れても、かなり余裕があるのでケーブルなどのアクセサリー類も一緒にできます。

かなり余裕がある

 

 

スポンサーリンク

AVIOT TE-D01m の外観

AVIOT TE-D01m の外観

AVIOT TE-D01m」はスポーツの汗や雨ていどなら大丈夫な、生活防水仕様(IPX4)に対応した完全ワイヤレスイヤホンです。

防水規格IPX4とは

「水の飛まつによる影響がない」という国際的にも決められた基準の防水規格です。

防水規格自体は「電気機械器具の外郭による保護等級(JIS C 0920)」で定められています。

引用:Wikipedia|電気機械器具の外郭による保護等級

つまり防水規格IPX4とは
水泳など水の中での使用は難しいですが、雨や汗などの日常生活では問題ありません。

 

イヤホンの右・左 を見分ける方法

AVIOT TE-D01mはイヤホンの裏側に「L(左)」と「R(右)」が分かるようにプリントされています。

イヤホンの右・左 を見分ける方法

 

音楽再生中のLEDランプ

AVIOT TE-D01mは音楽を再生中など、音がなっているときはLEDランプは点灯しないです。

音が出ていないときは、数秒おきに、たまに点滅します。

音楽再生中のLEDランプ

 

充電ケースの外観

AVIOT TE-D01mの充電ケースは、プラスチック製で上部のフタは光沢がある作りになっています。

前面に充電状態が分かるLEDインジケータが4つ並んでいます。

LEDインジケータが4つ並んでいます

 

上部はロゴとAVIOTのメーカー名がプリントされています。

ロゴとAVIOTのメーカー名がプリント

 

ケースの横側にはAVIOTのメーカーロゴが刻印されています。

メーカーロゴが刻印

 

充電ケースのフタはしっかり閉じられていて、さかさまにしてもフタは開きません。

ひらききった状態ではフタが固定されていないので、かたむけると勝手に閉じてしまうので要注意です。

フタが固定されていない

まちゃ
まちゃ

フタが閉じやすいので注意

 

充電ケースの裏側にUSB-C端子があるので、付属のUSBケーブルなどを使って充電することができます。

充電ケースの裏側にUSB-C端子がある

 

ケースの底はツルッとしていて、滑り止めも無い作りなのが少し残念でした。

ケースの底はツルッと

 

 

AVIOT TE-D01m の大きさと重さ

AVIOT TE-D01m の大きさと重さ

AVIOT TE-D01m」は 5 × 3.5 × 4.5 cmくらいの直方体で、手のひらに乗るコンパクトさです。

ポケットに入れるには少しキツそうですが、カバンには収納しやすい形です。

 

大きさ

AVIOT TE-D01mの充電ケースの大きさは、横幅5cmの直方体っぽい形状かたちです。

横幅5cmの直方体

 

充電ケースの縦幅の大きさは、約3.5cmです。

縦幅の大きさは、約3.5cm

 

充電ケースの高さは約4.5cmです。

高さは約4.5cm

 

重さ

AVIOT TE-D01mのイヤホンの重さは片耳1つだけでは 約6.7g で、両耳あわせると 約13g になります。

他社の完全ワイヤレスイヤホンでも4~6gくらいの製品が多いので、重いわけでは無いです。

片耳1つだけでは 約6.7g

 

イヤホンも含めた合計の重さは、約53gです

イヤホンも含めた合計の重さは、約53g

充電ケースだけの重さは39gと軽量です。

ケースだけの重さは39g

まちゃ
まちゃ

スマホよりも軽いです。

 

 

AVIOT TE-D01mの充電について

AVIOT TE-D01mの充電について

AVIOT TE-D01m」の充電ケースへの充電は、Androidスマホでも使う汎用性の高いUSB-Cケーブルで充電ができます。

USB-Cは最近のAndroidスマホなら対応しているので、ケーブルを統一できてスッキリします。

まちゃ
まちゃ

USB-Cは向きを気にしなくて良いケーブルです

 

 

イヤホンの充電状態の確認方法

イヤホン本体への充電中は、本体のLEDランプがオレンジ色に点灯します。

充電が完了するとLEDランプが消灯します。

イヤホンの充電状態の確認方法

 

充電ケースの充電状態の確認方法

充電ケースの前面には、充電ケース自体の電池残量がわかるLEDランプが4つ並んでいます。

フル充電へ近づくにつれLEDランプが点灯していきます。

充電ケースの充電状態の確認方法

 

充電ケースのLEDの点灯の仕方と、充電状態を一覧にすると、このようになります。

LEDの点灯の仕方電池残量
●●●1~25%
●●●●25~50%
●●●50~75%
●●●●75~100%
まちゃ
まちゃ

充電時間は1.5時間と、早く充電ができます。

 

 

AVIOT TE-D01m のバッテリー性能

AVIOT TE-D01m のバッテリー性能

完全ワイヤレスイヤホンの弱点の1つには、再生時間の短さ(バッテリー性能)があります。

イヤホン本体が小型なので搭載できるバッテリーにも限界があります。

そんな中2019年では性能も向上し、より省電力機能や接続の安定性が強化されたモデルが発売されました。

2019年に発売されたモデルでは、イヤホン単体での連続再生時間は5~6時間ほどの製品が多い印象でした。

 

AVIOT TE-D01m は、長時間の連続再生ができ、ケース込みで合計50時間も使えるロングバッテリーな性能です。

 

1度に10時間連続再生できる

1度に10時間連続再生できる

AVIOT TE-D01m は、イヤホン単体で1度に連続で10時間使うことができます。

専用の充電ケースとあわせて使うことで最大50時間の使用ができるので、1~2日くらいなら充電無しで使えそうです。

 

 

AVIOT TE-D01mのペアリング方法

AVIOT TE-D01mのペアリング方法

AVIOT TE-D01m」は一度ペアリング作業をしてしまえば、次からは充電ケースから取り出すだけで自動的に接続してくれます。

まちゃ
まちゃ

取り出すだけで、すぐに音楽を聴けるのは便利です

 

「AVIOT TE-D01m」 ペアリング方法はとても簡単です。

この記事では、iPhoneを使ってペアリング方法について紹介します。

 

ペアリング方法
  • STEP 1
    ペアリング待機モードにします

    ペアリング待機モードにします

    初めて使う場合は、ケースからイヤホンを取り出すだけでペアリングモードになります。

    他の機器とも接続したい場合は、どちらかのイヤホンを6秒間タッチすると、ペアリング待機モードになります。

  • STEP 2
    ペアリング待機モードの状態を確認する

    ペアリング待機モードの状態を確認する

    片方のイヤホンが白色に速く点滅している状態が、ペアリング待機状態の合図です。

  • STEP 3
    設定から Bluetooth を選択する

    「Bluetooth」をタップする

    「設定」画面から Bluetooth をタップして選択します。

  • STEP 4
    「AVIOT TE-D01m」を選択する

    「AVIOT TE-D01m」を選択する

    イヤホンが白色に点滅していることを確認して、「Bluetooth」をオンにして少し待ちます。

    デバイスに「AVIOT TE-D01m」と表示されるので、タッチして選択します。

  • STEP 5
    「AVIOT TE-D01m」が追加されればOK

    「AVIOT TE-D01m」が追加されればOK

    自分のデバイスに「AVIOT TE-D01m」が追加されて「接続済み」と表示されていればOKです。

まちゃ
まちゃ

次からはケースから取り出すだけで使えます

 

 

一度ペアリングしてしまえば、イヤホンを充電ケースから取り出すだけで自動的に接続してくれるのは本当に便利です。

毎回ペアリング作業をすることなく、すぐに音楽を聴くことができるようになるのは使っていて快適です。

 

 

AVIOT TE-D01mの音質と操作

AVIOT TE-D01mの音質と操作

AVIOT TE-D01m」のイヤホン操作はボタン式ではなく、触れるだけのタッチセンサー式となっています。

操作するときに耳へ押し込むことがなく耳穴が痛くならないのも操作しやすいポイントです。

まちゃ
まちゃ

操作で耳が痛くならないよ

 

AVIOT TE-D01mはBluetooth 5.2に対応していて、音声コーデックSBC、AAC、aptX、aptX Adaptiveの新技術にも対応しています。

新技術に対応している機種なら、より接続が安定して高音質な音楽を楽しめます。

 

音質

AVIOT TE-D01m 音質は自然な感じで、低音や高音にクセがないのが聴きやすくて良いです。

 

実際にサウンドチェックをしてみると、低域・高域は抑えられて中域はクセのない感じのチューニングがされているようでした。

低域・高域は抑えられて中域はクセのない感じ※精密な測定ではないので参考程度にどうぞ。

 

ノイズキャンセリング機能

AVIOT TE-D01m はAirPods ProSONY WF-1000XM3のようにアクティブノイズキャンセリング機能があります。

AVIOTのノイキャンは「マイルドANC」という名称で、音質への影響をできるだけ抑えたノイキャン性能となっています。

ノイキャン性能は名称の通り、そこそこといった感じがしました。

ある程度のノイズは減らせますが、AirPods Proほどではないです。

ちなみにノイズキャンセリング機能のオン・オフは、右側のイヤホンを2秒間タッチで切り替えられます。

 

外音取り込み(アンビエント)機能

イヤホン装着していても周りの音を聞きやすくする「外音取り込み(アンビエント)機能」も搭載しています。

オンにしていると、しっかり周囲の音をひろってくれるので、駅のアナウンスや会話がしやすくなって便利です。

音楽を聴きながら切り替えると、音楽の音量を70%下げてくれるので、さらに聞きやすくなります。

ちなみにアンビエント機能のオン・オフは、左側のイヤホンを2秒間タッチで切り替えられます。

 

音の遅延

スマホアプリ(ソシャゲ)でも完全ワイヤレスイヤホンを使用するので、音質以上に大事にしている要素が音の遅延です。

iPhone XS Max で試してみましたが、AVIOT TE-D01mはキャラクターボイスとテキストのタイミング、SEなどもズレが無く遅延を感じませんでした。

YouTubeで動画を見ても人の口パクと声がズレるなどの、違和感も無かったです。

まちゃ
まちゃ

音がズレる感じは無かったです

 

 

音楽を再生中のイヤホン操作

AVIOT TE-D01mはデフォルトの設定では、イヤホン単体で再生/一時停止・曲移動・音量調整ができます。

基本的な操作ができるので、スマホを取り出して操作する必要はないです。

ボタンの操作方法
  • 音楽を 再生 / 一時停止
    • をどちらか1回タッチ
  • 次の曲へ
    • 2秒間ふれる
  • 前の曲へ
    • 3秒間ふれる
  • 音量を上げる
    • 3回連続でタッチ
  • 音量を下げる
    • 2回連続でタッチ
  • 周囲の音を聞く機能切り替え
    • 2秒間ふれる
  • ノイキャン切り替え
    • 2秒間ふれる
まちゃ
まちゃ

音量の調整もできます!

 

 

電話系とその他の操作

AVIOT TE-D01mは着信拒否はできませんが、電話に出たり、通話を終了させることができます。

また充電ケースにイヤホンを収納することで電源をオフにできます。

ボタン操作方法
  • 電話に出る
    • 着信中にをどちらか1回タッチ
  • 電話を切る
    • 通話中にをどちらか1回タッチ
まちゃ
まちゃ

最低限の機能です

 

 

AVIOT TE-D01m レビューまとめ

AVIOT TE-D01m レビューまとめ

この記事では「【AVIOT TE-D01m レビュー】初のノイキャン搭載の完全ワイヤレスイヤホン」について紹介しました。

 

AVIOT TE-D01mは音質が良くて、機能も充実しているうえに、価格は1万2千円に抑えられているコスパの良い完全ワイヤレスイヤホンです。

イヤホン単体で10時間も連続再生でき、防水にも対応しているので日常生活でも使いやすくなっています。

1万円台前半でノイキャンまで搭載しているイヤホンは珍しいので、音質と機能重視でイヤホンを探しているなら選択肢に入れたいイヤホンです。

 

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事で紹介した完全ワイヤレスイヤホン

 

 

 

その他 人気の完全ワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホンをもっと見る

 

スポンサーリンク

Amazonで安く買い物する方法

ガジェットなどをAmazonでお得に買い物するには、Amazonギフト券にあらかじめチャージしてから購入するのがおすすめです。

Amazonギフト券は現金でチャージするたびにポイントが 最大2.5% 貯まります。

現金派クレカを持てなくても、Amazonギフト券を活用するとお得です!

 
\ 最大2.5%のポイントバック /
現金なので安心
クレカ無くてもOK
おすすめ完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンにはノイズキャンセリング機能を搭載したハイスペックなイヤホンから、コスパの良いイヤホンまで色んな種類がそろっています。

様々なイヤホンをレビューしてきた中から、おすすめの完全ワイヤレスイヤホンを紹介します。

\ 今すぐチェック /
完全ワイヤレスイヤホン
このページをシェアする
プロガジ

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました