AVIOTのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン

【AVIOT TE-D01m】初のノイキャン搭載の完全ワイヤレスイヤホン

2020年11月21日(土)発売予定のAVIOT「TE-D01m」は、AVIOTでは初めてアクティブノイズキャンセリングを搭載しているイヤホンです。

イヤホン単体で10時間連続再生ができ、防水にも対応しています。

価格は12000円と、ノイキャン搭載機としてはコスパの良さそうな完全ワイヤレスイヤホンで期待大です。

 

 

スポンサーリンク

AVIOT TE-D01m の特長

「AVIOT TE-D01m」は、以下のような特長を持った完全ワイヤレスイヤホンです。

 

  • 防水対応
  • ノイズキャンセリング機能搭載
  • 外音取り込み機能
  • イヤホン単体で10時間連続再生できる
  • ケース込みで50時間
  • USB-Cケーブルで充電
  • 対応コーデック:SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
  • Bluetooth version:5.2
  • タッチセンサー式

 

 

 

スポンサーリンク

AVIOT TE-D01m のバッテリー性能

完全ワイヤレスイヤホンの弱点の1つには、再生時間の短さ(バッテリー性能)があります。

イヤホン本体が小型なので搭載できるバッテリーにも限界があります。

そんな中2019年では性能も向上し、より省電力機能や接続の安定性が強化されたモデルが発売されました。

2019年に発売されたモデルでは、イヤホン単体での連続再生時間は5~6時間ほどの製品が多い印象でした。

 

1度に10時間連続再生できる

AVIOT TE-D01m は、イヤホン単体で1度に連続で10時間使うことができます。

専用の充電ケースとあわせて使うことで最大50時間の使用ができるので、1~2日くらいなら充電無しで使えそうです。

 

充電時間は1.5時間

イヤホン本体への充電時間は1.5時間となっています。

 

スポンサーリンク

AVIOT TE-D01mの音質

「AVIOT TE-D01m」はAVIOT初のアクティブノイズキャンセリングを搭載しているイヤホンです。

耳が小さい日本人向けに小型なままで、音への影響を考慮しているそうです。

AVIOTのイヤホンは、日本人が聴きやすい音にこだわってチューニングされているので、このモデルも期待できそうです。

 

ノイズキャンセリング機能

AVIOT TE-D01m はAirPods ProSONY WF-1000XM3のようにノイズキャンセリング機能があります。

AVIOTでは「マイルドANC」を搭載し、イヤホンを小型なままで音への影響を抑える工夫がされているということなので、どう聴こえるのか楽しみです。

 

外音取り込み(アンビエント)機能

イヤホン装着していても周りの音を聞きやすくする「外音取り込み(アンビエント)機能」も搭載しています。

オンにしていると、しっかり周囲の音をひろってくれるので、駅のアナウンスや会話がしやすくなって便利です。

 

 

 

その他 人気の完全ワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホンをもっと見る

 

スポンサーリンク

Amazonで安く買い物する方法

ガジェットなどをAmazonでお得に買い物するには、Amazonギフト券にあらかじめチャージしてから購入するのがおすすめです。

Amazonギフト券は現金でチャージするたびにポイントが 最大2.5% 貯まります。

1回のチャージ額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

現金派クレカを持てなくても、Amazonギフト券を活用するとお得です!

 
\ 最大2.5%のポイントバック /

現金なので安心
クレカ無くてもOK

Amazonで買ってよかったもの
Amazonで買ってよかったもの

ガジェットや家電など様々なものをAmazonで購入しています。

そんな中でもAmazonで買ってよかったものを紹介します。

\ 今すぐチェック /
完全ワイヤレスイヤホン
このページをシェアする
プロガジ

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました