【For シリコンケース レビュー】SONY WF-1000XM3用キズ防止&軽量な保護カバー

For シリコンケース

SONY WF-1000XM3の充電ケースを衝撃や傷から守りたいけど、大きいケースに入れて持ち歩きたくないなと思うときがあります。

とりあえず簡単に傷から守りたいなら、シリコンケースを使うのがベストです。

 

For シリコンケース は充電もそのままでき、価格は300円以下とコスパが良いです。

まちゃ
まちゃ

とりあえず安くすませたいならコレ

 

またFor シリコンケースのカラーは、全4色あります。

  • グレー

値段も安いので複数カラーを買って、組み合わせて楽しむこともできます。

 

この記事では「【For シリコンケース レビュー】SONY WF-1000XM3用キズ防止&軽量な保護カバー」について書きます。

 

スポンサーリンク

For シリコンケース の同梱物

For シリコンカケース の同梱物

For シリコンケースにはシリコンケースとカラビナが同梱されています。

シリコンケースはボディー部分とフタ部分に分かれています

  • シリコンケース ふた部分
  • シリコンケース ボディ部分
  • カラビナ

 

カラビナが付属しているので、For シリコンケースを買ってすぐにカバンなどに取り付けられます。

カラビナが付属している

 

For シリコンケース の重さ

「For シリコンケース」はその名前の通り、シリコン素材で作られているのでとても軽いのが特長です。

For シリコンケースだけの重さは 約24g です。

For シリコンケースだけの重さは約24gです。

 

SONY WF-1000XM3 にシリコンケースを装着した状態では 約117g になります。

シリコンケースを装着した状態では約117g

シリコンケースを装着しても、重さはあまり変わった感じはしませんでした。

 

For シリコンケース の外観

For シリコンケースの外観

For シリコンケース厚さ1mmほどなので、持った感じの大きさはあまり変わりません。

大きさ感を変えずに充電ケースを傷や衝撃から守ってくれるのが良いところです。

 

充電LEDランプは確認できます

シリコンケースを装着していても、充電状態が分かるLEDランプは確認できます

充電LEDランプは確認できます

 

裏側は少し隙間が空いています

充電ケースのフタを開けやすくするために裏側は少しスペースが空いています

このおかげでスムーズにフタを開け閉めできます。

裏側は少し隙間が空いています

 

そのまま充電できます

For シリコンケースは充電ケースに装着したままでも、USB-Cケーブルを挿して充電できます

充電するたびにいちいちシリコンケースを外す必要がないので充電に支障はありません。

そのまま充電できます

 

 

バンナイズのキャリングケースと組み合わせる

For シリコンケースを装着したままでもバンナイズ 横型キャリングケースに収納できました。

バンナイズ 横型キャリングケースに収納できました。

 

充電ケースのフタは開けにくくなるので、シリコンケースのフタ部分は合わなかったです。

充電ケースのフタは開けにくくなる

 

バンナイズのキャリングケースについては、こちらの詳細レビューをあわせてお読みください。

 

 

For シリコンケース レビュー まとめ

この記事では「【For シリコンケース レビュー】SONY WF-1000XM3用キズ防止&軽量な保護カバー」について書きました。

For シリコンケースは装着したままでも充電できてLEDランプも確認できるので、装着前と同じように使えます。

 

価格も300円以下と買いやすいので、SONY WF-1000XM3 を買ったらとりあえず買ってみても良いかもしれません。

シリコンケース以外の収納ケースも気になるなら、こちらの収納ケースなどをまとめた記事をあわせてお読みください。

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事で紹介したシリコンケース

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました