【バンナイズ 横型キャリングケース レビュー】SONY WF-1000XM3専用でイヤホンを簡単に取り出せる

バンナイズ 横型キャリングケース

SONYの完全ワイヤレスイヤホンの WF-1000XM3 はハイクオリティーで価格が高いです。

ノイズキャンセリング機能の性能も高いので、持ち歩いて外でも使いたくなります

まちゃ
まちゃ

充電ケースも持ち歩きたいです

充電ケースごと持ち運ぶとなると、紛失や傷がつかないか不安です。

 

バンナイズSONY WF-1000XM3用 横型キャリングケースは、ナイロンのメッシュ加工で充電ケースを衝撃から守ってくれます。

ナイロンのメッシュ加工で充電ケースを衝撃から守ってくれます

耐水性能は無いので水には弱いですが、キャリングケースに入れたままイヤホンを取り出せるのが便利です。

まちゃ
まちゃ

イヤホンの出し入れが簡単

キャリングケースをベルトに取り付けることもできますし、スモールバックルで持ち運ぶこともできます。

 

この記事では「SONY WF-1000XM3専用のバンナイズ 横型キャリングケース のレビュー」について書きます。

 

スポンサーリンク

バンナイズ 横型キャリングケース の大きさ

Van Nuysバンナイズは本社が徳島県にある日本のメーカーです。

国内メーカーなので品質やトラブル時の対応も、少し安心できます。

 

手で握れるくらいの大きさです。

バンナイズ 横型キャリングケースは、SONY WF-1000XM3を収納しても手で握れるくらいの大きさです。

 

当然ですがSONY WF-1000XM3の充電ケースとぴったりのサイズとなっています。

SONY WF-1000XM3の充電ケースとぴったりのサイズ

 

バンナイズ 横型キャリングケースの縦の長さは、約6cmで、横は約8.5cmです。

縦の長さは、約6cmで、横は約8.5cmです

 

充電ケースを収納したときの厚さは、約4.5cmです。

厚さは、約4.5cm

 

バンナイズ 横型キャリングケース の重さ

充電ケースを収納しないままのバンナイズのキャリングケースだけの重さは 約35gです。

キャリングケースだけの重さは 約35g

 

SONY WF-1000XM3をセットした状態での重さは  約128g でした。

セットした状態での重さは 約128g

まちゃ
まちゃ

スマホくらいの重さです。

 

バンナイズ 横型キャリングケース の外観

Van Nuysバンナイズのキャリングケースは裏側のスモールバックルを取り付けるところ以外は、金属を使っていません

キャリングケースが充電ケースを傷つけることがないのもポイント高いです。

表面おもてめん中央にはVan Nuysバンナイズのロゴがあります。

中央にはVan Nuysのロゴ

 

キャリングケースのフタは、面ファスナー(マジックテープ)でしっかりとめられます。

マジックテープなので片手でも簡単に開け閉めできます

片手でも簡単に開け閉めできます。

 

キャリングケースの裏側は上の端にスモールバックルが取り付けられていました。

紐の長さはストッパーで自由に調整可能です。

紐の長さはストッパーで自由に調整可能です。

手で持ったり、吊るしたりするのに便利。

 

真ん中にはベルトを通せるようになっています。太めのベルトでも余裕で通せる太さです。

親指を横にしても通せるので、結構な厚みがあっても大丈夫そうです。

親指を横にしても通せる

 

SONY WF-1000XM3の充電ケースを収納すると、充電ケースのフタが見えるくらいまでスッポリおさまります。

充電ケースのフタを閉じたときのLEDランプは確認できません

LEDランプは確認できません

 

すっぽり入れても充電ケースのフタの開け閉めには影響ありません

フタの開け閉めには影響ありません。

 

バンナイズ 横型キャリングケース レビュー まとめ

この記事では「SONY WF-1000XM3専用のバンナイズ 横型キャリングケース のレビュー」について書きました。

充電ケースを収納したままでも簡単にイヤホンを取り出せるのが便利です

バンナイズ 横型キャリングケースは、WF-1000XM3の充電ケースを収納したままでも簡単にイヤホンを取り出せるのが便利です。

キャリングケースのフタはマジックテープなので片手でも簡単に出し入れできます。

バンナイズのキャリングケースが、充電ケースを傷つける心配がないのもポイント高いです。

まちゃ
まちゃ

金属がほぼ無いので安心

ベルトにも通すことができるので、ちょっとした外へのお出かけでWF-1000XM3を持ち歩きたいなら使いやすいキャリングケースです。

バンナイズ以外のケースも気になるなら、こちらの周辺機器をまとめた記事をあわせてお読みください。

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました