壊れにくいSSDの選び方

【TP-Link Archer TX50E レビュー】PCIe拡張カードでWi-Fi6に対応するアダプター

TP-Link Archer TX50E レビュー

この記事ではWi-Fi6アダプター「TP-Link Archer TX50E」をレビューしました。
PCI Express拡張カードでPCをWi-Fi6、Bluetoothを増設できるコスパの良いPC周辺機器です。

最近のマザーボードは標準で、Wi-FiやBluetoothなどの無線機能を搭載しているモデルが多いです。

ケーブルがいらないので、有線LANよりも快適ですが、その分だけ高価になってしまいます。

まちゃ
まちゃ

予算を抑えたいのに。。

 

できるだけマザーボードの予算を抑えたい場合は、無線LANを搭載していないモデルばかりです。

そんなときは無理して高機能で高価格なMBを買うよりも、PCIe拡張ボードを使ってWi-Fiを搭載したほうが安くすみます。

PCIe拡張ボード

 

「TP-Link Archer TX50E」なら4千円で、高速なWi-Fi6とBluetoothを増設できます。

しかも小さいパソコンケースへも組み込めるロープロファイル対応!

マザーボードを買い替えてもそのまま使える可能性が高いので、将来的にもお得なPCパーツです。

将来的にもお得なPCパーツ

 

Wi-Fi 6 ルーターと接続してスピードテストした結果、有線LANよりも速い600~900Mbpsという速度が計測できました。

Wi-Fi 6 ルーターと接続してスピードテストした結果

まちゃ
まちゃ

実測でも有線より速い!

 

この記事では「【TP-Link Archer TX50E レビュー】PCIe拡張カードでWi-Fi6に対応するアダプター」について紹介します。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人:まちゃ
ガジェット好き 自作PC歴20年超え スマホゲームのエンジニア アニメ・ゲーム好き

Archer TX50E の特長

Archer TX50E の特長

「TP-Link Archer TX50E」は、以下のような特長があるPCIeアダプターカードです。

  • 小さいPCへ組み込み可能
  • ロープロファイルブラケット対応
  • Wi-Fi 6対応
  • Wi-Fi5の3倍の速度
  • 有線の2倍の速度
  • Bluetoothも増設可能
  • ヒートシンク付き

 

Wi-Fi 6だけでなく、Bluetoothも増設できるので、無線環境を強化するのに便利です。

 

スポンサーリンク

Archer TX50E の同梱物

Archer TX50E の同梱物

「TP-Link Archer TX50E」には、以下の付属品が同梱されています。

  • Bluetooth ヘッダーケーブル
  • Archer TX50E本体
  • ロープロファイルブラケット
  • アンテナ × 2
  • かんたん設定ガイド(日本語あり)
  • ドライバーCD

 

TP-Link Archer TX50EのBluetooth機能は、マザーボードのUSB機能を使用します。

付属のケーブルでマザーボードのピンと接続します。

マザーボードのUSB機能を使用

まちゃ
まちゃ

Bluetooth不要なら使わなくてOK

 

根元付近が曲がるアンテナが2本付属しています。

アンテナが2本付属

 

アンテナはネジのように回して接続するタイプです。

ネジのように回して接続する

 

小さいPCケースへ組み込むためのロープロファイルブラケットも付属しています。

ロープロファイルブラケットも付属

 

 

スポンサーリンク

Archer TX50E の外観

「TP-Link Archer TX50E」は小さいPCへ組み込めるサイズで、全体をヒートシンクでおおわれています。

全体をヒートシンクでおおわれています

 

取り付けるスロットはPCI Expressスロットを使います。

PCI Expressスロットを使います

 

アンテナは2つ付けることができます。

アンテナは2つ付けることができます

 

PCI Express x1端子の反対側は特に何もありません。

PCI Express x1端子の反対側

 

カードの内側にはBluetooth拡張用の4ピンコネクタがあります。

Bluetooth拡張用の4ピンコネクタ

 

4ピンコネクタはマザーボードのUSBコネクタへ接続します。

USBコネクタへ接続します

 

裏面にはチップやヒートシンクは無いので、となりのスロットに干渉することはないと思います。

裏面

 

大きさ

TP-Link Archer TX50Eの大きさは、横幅が約8cmで、グラフィックボードの半分くらいになります。

横幅が約8cm

 

高さは約5cm で、ロープロファイルブラケット対応だけあって小さいPCにも組み込めます。

高さは約5cm

 

グラフィックボードと並べると、子どもみたいな小ささです。

子どもみたいな小ささ

 

 

付属のアンテナロッドの長さは約19cmです。

長さは約19cm

 

重さ

TP-Link Archer TX50Eの重さは83gです。

重さは83g

 

Archer TX50E の取り付け

取り付け

「TP-Link Archer TX50E」はマザーボードのPCI Expressスロットを使います。

マザーボードに空いているPCI Express x1スロットがあれば、そちらを利用します。

PCケースが狭いなら、先にケーブルを接続した方が楽かもしれません。

先にケーブルを接続した方が楽かも

 

Bluetooth拡張のためのケーブルを接続します。

ケーブルを接続します

 

ケースの外から見ると、こんな感じになります。

ケースの外から見る

 

アンテナをクルクル回しながら取り付ければ作業完了です。

クルクル回しながら取り付け

 

 

ドライバーのインストール

「TP-Link Archer TX50E」を使えるようにするには、付属CDからソフトをインストールする必要があります。

インストール作業は5~10分ほどで完了します。

ドライバーはTP-Linkの公式サイトからダウンロードできるそうですが、確認した段階ではまだ公開されていませんでした。

 

ドライバーのインストール方法
  • STEP 1
    Wi-Fiのドライバーをインストール

    Wi-Fiのドライバーをインストール

    まずはWi-Fiのドライバーをインストールします。

    左側のW-Fiマークが付いたアイコンをクリックします。

  • STEP 2
    「インストール」を選択

    「インストール」を選択

    Archer TX50Eはインテルのチップを採用しているので、インテルのソフトウェアです。

    推奨の「インストール」を選択します。

  • STEP 3
    「成功しました。」と表示されれば完了
    「成功しました。」と表示されれば完了

    インストール処理が始まり、少し待って「成功しました。」と表示されれば完了です。

  • STEP 4
    Bluetoothドライバーをインストール

    Bluetoothドライバーをインストール

    続いてBluetoothも使えるようにします。

    Archer TX50EのBluetooth機能が不要なら、この作業はスキップしても問題ありません。

  • STEP 5
    インストールウィザード

    インストールウィザード

    インストールウィザードが立ち上がるので「次へ」ボタンで進みます。

  • STEP 6
    「次へ」ボタンで進みます

    「次へ」ボタンで進みます

    「次へ」ボタンで進みます。

  • STEP 7
    使用許諾に同意

    使用許諾に同意

    使用許諾に同意して、「次へ」ボタンで進みます。

  • STEP 8
    「標準」ボタンでインストール

    「標準」ボタンでインストール

    推奨の「標準」ボタンでインストールします。

  • STEP 9
    「インストール」ボタン

    「インストール」ボタン

    「インストール」ボタンでインストールを開始します。

  • STEP 10
    無事完了

    無事完了

    完了メッセージが表示されれば、無事完了です。

 

 

Wi-Fiへ接続する

「TP-Link Archer TX50E」のドライバーをインストールしたら、Wi-Fiへ接続してみます。

 

Wi-Fiへ接続する方法
  • STEP 1
    ネットワークアイコンをクリック

    ネットワークアイコンをクリック

    ネットワークアイコンをクリックすると、飛んでいるWi-FiのSSIDが表示されるので、お目当てのSSIDをクリックします。

  • STEP 2
    「接続」ボタンをクリック

    「接続」ボタンをクリック

    接続したいWi-Fiの「接続」ボタンをクリックします。

  • STEP 3
    セキュリティキーを入力

    セキュリティキーを入力

    セキュリティキーを入力して「次へ」ボタンをクリックします。

    無事接続できれば、作業は完了です。

 

これでネットが使えるようになります。

 

実際のネット速度

まだ現役のWi-Fi 5 (11ac)のルーターを使って速度を計測してみました。

 

Wi-Fi 6 (11ax) で測定

Wi-Fiの状態でチェックすると、速度は2.4Gbpsと認識されていました。

速度は2.4Gbps

 

Googleのスピードテストで計測してみると、下りは900Mbps、上りは600Mbpsと有線LAN接続よりも高速な通信速度が出ました!

下りは900Mbps、上りは600Mbps

 

Wi-Fi 5 (11ac) で測定

Wi-Fiの状態でチェックすると、速度は867MbpsとWi-Fi5としては正常の速度でした。

速度は867Mbps

 

Googleのスピードテストで計測してみると、上りも下りも400~500Mbpsと充分高速なインターネット速度でした。

上りも下りも400~500Mbps

 

スピードテスト結果まとめ

スピードテストの結果は細かくは安定しないですが、有線LANよりも速度が出るという結果でした。

Wi-Fiは電波なので、通信の安定性に不安は残りますが、中継機やメッシュ技術を使えば安定性は改善するかもしれません。

スピードテスト結果まとめ

 

 

 

TP-Link Archer TX50E レビュー まとめ

TP-Link Archer TX50E レビュー まとめ

この記事では「【TP-Link Archer TX50E レビュー】PCIe拡張カードでWi-Fi6に対応するアダプター」について紹介しました。

 

高機能&高価格なマザーボードを用意しなくても手軽に、PCをWi-Fi6に対応できる「TP-Link Archer TX50E」はおすすめです。

マザーボード以外のPCパーツにお金をかけたいなら、Wi-Fi機能は拡張カードに任せてしまうのもアリだと思います。

 

Wi-Fi6ルーター自体も増え始めたばかりなので、これから数年は主流になる通信規格です。

環境を整えれば有線よりも高速にでき、ケーブルも減らせてPC周りをスッキリさせましょう!

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事で紹介したPC周辺機器

 

スポンサーリンク

Amazonで安く買い物する方法

ガジェットなどをAmazonでお得に買い物するには、Amazonギフト券にあらかじめチャージしてから購入するのがおすすめです。

Amazonギフト券は現金でチャージするたびにポイントが 最大2.5% 貯まります。

現金派クレカを持てなくても、Amazonギフト券を活用するとお得です!

 
\ 最大2.5%のポイントバック /
現金なので安心
クレカ無くてもOK
Amazonで買ってよかったもの
Amazonで買ってよかったもの

ガジェットや家電など様々なものをAmazonで購入しています。

そんな中でもAmazonで買ってよかったものを紹介します。

\ 今すぐチェック /
パソコン周辺機器
このページをシェアする
プロガジ

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました