電動歯ブラシ向き 研磨剤なし歯磨き粉「チェックアップ ジェル ミント」

この記事では、電動歯ブラシに向いている研磨剤なしで低発泡の歯磨き粉「チェックアップ ジェル ミント」を紹介します。
研磨剤(清掃剤)は無配合で、1450ppmのフッ化物高濃度で虫歯予防にも効果が期待できます。

 

私はパナソニックの電動歯ブラシ「ドルツ EW-DP52」を使っています。

昔は電動歯ブラシに歯磨き粉は使っていなかったのですが、「ドルツ EW-DP52」を買ったタイミングで、歯磨き粉について調べてみました。

結果的には使わなくてもキレイに磨けるけれど、最近の歯磨き粉は虫歯を予防する効果がある成分が入っているので予防に役立つそうです。

 

虫歯を予防する効果が期待できるので、ライオンから発売されていた「クリニカ アドバンテージ コートジェル」を使用していたのですが2019年9月に製造が終了してしまいました。

 

電動歯ブラシに向いていて、虫歯予防に効果的な歯磨き粉は、高濃度フッ素(1450ppm)が配合されていて研磨剤が入っていないことが最低条件です。

製造終了した「クリニカ アドバンテージ コートジェル」の代わりを探してみました。

そこで条件にあったのが「Check-Up gelチェックアップ ジェル」です。

販売しているのは、LIONのグループ会社である「ライオン歯科材株式会社」です。

 

この記事では「電動歯ブラシ向き 研磨剤なし歯磨き粉チェックアップ ジェル ミント」について書きます。

 

スポンサーリンク

チェックアップ ジェルの香味の種類

チェックアップ ジェルの香味と対象年齢

出典:ライオン歯科材

チェックアップ ジェルは、香味によってフッ素濃度に違いがあります。

6歳未満の子どもには、高濃度フッ素はNGなので、お子さんの年齢にあわせて選ぶ必要があります。

15歳未満も注意が必要で、高濃度のミント味は15歳以上が推奨です。

 

フッ素濃度香味推奨年齢
500ppmバナナ~ 6歳
950ppmピーチ、グレープ、レモンティー~ 15歳
1450ppmミント15歳以上

 

チェックアップ ジェルは高濃度フッ素配合で虫歯の発生を防ぐ

チェックアップ ジェルは高濃度フッ素配合で虫歯の発生を防ぐ

Check-Up gelチェックアップ ジェル」は、フッ化物1450ppm配合と高濃度なのが特長です。

他の歯磨き粉は多くても、1000ppmくらいの商品が多くなっています。

2017年に厚生労働省が上限を1500ppmと決めているので、どのメーカーでも最大は1450ppmです。

この高濃度フッ素が歯にコーティングされて、寝ている最中の虫歯の発生を防ぐ効果があります。

 

最近の調査でも効果が検証されています。

フッ化物洗口によるう蝕予防の成果として長期間全小学校で実施していた 4 市町の 2008~2016 年度における 12 歳児 DMFT-index の減少を県全体と比較したところ,4 市町の減少が県全体を上回っていた.

引用元:埼玉県におけるフッ化物洗口事業の取り組みと成果

2008年度から2016年度で埼玉県の実施した調査結果でも、実際にフッ素(フッ化物)の洗口は効果があるという結果が出ています。

 

チェックアップ ジェルは研磨剤なしなので電動歯ブラシ向け

チェックアップ ジェルは研磨剤なしなので電動歯ブラシ向け

このチェックアップ ジェルは研磨剤が配合されていないので、電動歯ブラシの強い振動でも歯が削れる心配がありません。

チェックアップ ジェルは裏面の注意書きにも、「研磨剤無配合」と研磨剤が入っていないことが明記されていました。

 

ちなみに研磨剤は、商品によっては清掃剤と表記されていることもあります。

研磨剤と清掃剤は同じ意味です。

清掃剤と研磨剤の意味は同じなので、成分表示に清掃剤か研磨剤が無いことをチェックすれば、電動歯ブラシで使用しても問題ないかを確認できます。

ドラッグストアなどで探す場合は、「研磨剤」「清掃剤」の文字を探すと好みの歯磨き粉が見つかると思います。

またチェックアップ ジェルは、低発泡のジェルなので泡が出にくく、この点でも電動歯ブラシに向いている歯磨き粉です。

「クリニカ」よりも泡は出にくかったです。

 

味はミント味だけどほとんど感じません

チェックアップ ジェルの商品説明などに香味は「ミント」と記載されていますが、一瞬感じるくらいでミント感はあまりしないです。

使用後に口をすすいでもミント味は残りませんし、ミントが苦手でも使えるかもしれません。

 

チェックアップ ジェルの色は無職透明でやわらかめのジェル

チェックアップ ジェルの色は無職透明でやわらかめのジェル

チェックアップ ジェルの歯磨き粉の色は無色透明で、硬さはやわらかめのジェルです。

チューブから歯ブラシのブラシ部分に出すと、ブラシの間に少し入り込むくらいの柔らかさです。

 

おすすめの使い方、歯磨き後のすすぎは1回

すすぎは1回

出典:ライオン歯科材

歯を磨いた後に口をすすぐ回数が多いと、せっかく歯にコーティングされたフッ素が流れ落ちてしまって効果が薄くなってしまうので、すすぐ回数はできれば1回に抑えたほうが良いです。

チェックアップ ジェルの公式サイトにも、ブラッシングした後の口をすすぐのは1回と説明されています。

最初は少し不安でしたが、泡が出る発泡剤も少ないので1回すすぐだけでも特に違和感もなく大丈夫でした。

 

終わりに。価格も手頃なのでオススメ

終わりに。価格も手頃なのでオススメ

この記事では「電動歯ブラシ向き 研磨剤なし歯磨き粉チェックアップ ジェル ミント」について書きました。

電動歯ブラシを使う時は予防歯科のために、歯磨き粉を使用してフッ素コーティングするのがおすすめです。

チェックアップ ジェルは価格が500円くらいで、大手メーカーのライオンのグループ会社が販売していますので近くのドラッグストアで手に入り、手軽に試すことができます。

 

それでも電動歯ブラシも歯磨き粉も完璧ではありませんので、定期的な歯科医院の検診はしてもらったほうがよいです。

 

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました