Amazonサイバーマンデー攻略のコツはこちら

【最大499時間録画】BUFFALO HDV-SAMU3-Aをレビュー(外付けUSB-HDD HDV-SAM3.0U3)

BUFFALO HDV-SAM3.0U3-BKAレビュー

この記事では最大499時間も録画できる時間を増やせるUSB-HDD「バッファロー HDV-SAMU3-A」シリーズをレビューしました。
24時間連続録画に耐えられ、故障予測機能も付いていて安定動作の信頼性が高い外付けHDDです。

 

えいきち
えいきち

レコーダーの録画できる時間が足りなくて困っちゃう。

 

まちゃ
まちゃ

簡単に録画時間を増やせるよ

 

えいきち
えいきち

え、録画したの消さなくてもいいの?

 

まちゃ
まちゃ

うん、外付けのHDDに保存するからガンガン溜め撮りできるよ

 

バラエティやドラマ、アニメなどを毎週録画予約を設定していると、少しづつ溜まってきてしまいます。

見たらすぐに削除すれば、そんなに溜まることもないのですが、後でまとめて観ようとするとすぐに録画できる時間が無くなります。

そんなときに便利なのが、外付けのUSB-HDDです。

録画の保存先を簡単に増やせるガジェットなので、保存容量の大きいBlu-rayレコーダーへ買い換えるよりも安く済むと思います。

 

数あるUSB-HDDの中でもBUFFALOのHDV-SAMU3-Aシリーズは、24時間連続録画にも対応した耐久性故障予測機能を備えた安心感のある外付けHDDです。

 

USB-HDDであるバッファロー HDV-SAMU3-Aシリーズの特長

  • 24時間連続録画対応
  • 故障予測
  • 静音
  • 防振
  • 使用量メーター付き
  • 小型デザイン
  • ケーブル配線がスッキリ

と、録画にピッタリな機能に対応しています。

 

そんなHDV-SAMU3-Aシリーズは、内蔵するHDDの容量が違うモデルがあります。

HDV-SAMU3-Aシリーズを一覧にすると、2TB~4TBの3種類です。

型番容量録画時間
HDV-SAM2.0U3-BKA2.0TB249時間
HDV-SAM3.0U3-BKA3.0TB374時間
HDV-SAM4.0U3-BKA4.0TB499時間

地デジ放送であれば、4TBモデルなら500時間くらい録画できます

 

私は真ん中の容量である3TBモデルの「HDV-SAM3.0U3-BKA」を買ってみました。

年末年始の特番には耐えることができないところだったので、これで乗り切れそうです。

 

この記事では、「【最大499時間録画】BUFFALO HDV-SAMU3-Aをレビュー(外付けUSB-HDD HDV-SAM3.0U3)」について書きます。

 

スポンサーリンク

BUFFALO HDV-SAMU3-Aシリーズの特長

HDV-SAMU3-Aシリーズの特長

USB-HDDはBlu-rayレコーダーやテレビに接続するだけで、録画の保存先を増やすことができるガジェットです。

保存容量の大きいレコーダーやテレビに買い換えるよりも安く録画できる時間を増やせます。

そんなUSB-HDDであるHDV-SAMU3-Aシリーズの特長

  • 24時間連続録画対応
  • 故障予測
  • 静音
  • 防振
  • 使用量メーター付き
  • 小型デザイン
  • ケーブル配線がスッキリ

です。

 

簡単にそれぞれの特長を紹介します

 

24時間連続録画対応

BUFFALO HDV-SAMU3-Aを製造している工場で、厳しいチェックを受けて合格したHDDを採用しているので、より信頼性が高くて安定した動作が期待できます。

実際に24時間も連続で録画しなくても、耐久性が高いのは使っていても安心です。

 

故障予測機能付き

いくら厳しいチェックをクリアしているといっても、不意の故障が起こる可能性はゼロではありません。

BUFFALOのHDV-SAMU3-Aシリーズには、HDDの故障を予測する機能が付いているので、異常を感知したらLEDランプで知らせしてくれます。

完全に壊れる前にBlu-rayディスクに保存したり、引越しサービスを使って録画データを守ることができる可能性があります。

 

静音&防振に対応

静音&防振に対応

BUFFALOのHDV-SAMU3-Aシリーズはファンレス設計なので、ファンが回る音もしなくて静かです。

内部は防振シリコンゴムで音漏れを低減し、さらにゴム足が4つ付いているので外に振動も伝わらないようになっています。

 

使用量メーター付き

使用量メーター付き

本体の正面には、録画できる時間が分かる使用量メーターが搭載されています。

HDV-SAMU3-Aの容量も足りなくなって、録画に失敗するのを防ぐことができるのがありがたいです。

 

小型デザイン

BUFFALOのHDV-SAMU3-Aシリーズは、過去のモデルよりもさらに20%も小型化していて、どこにでも設置できます。

残念な点は、設置方法が横置きにしか対応していないところです。

 

ケーブルの配線がスッキリ

ケーブルの配線がスッキリ

HDV-SAMU3-A 本体に接続するACアダプターとUSBケーブルは、付属するケーブルカバーで背面にまとまるので見た目がスッキリします。

配線が気にならないので設置しても気持ちが良いです。

 

BUFFALO HDV-SAM3.0U3-BKAの同梱物

HDV-SAMU3-AシリーズのHDV-SAM3.0U3-BKAには、本体以外には以下の付属品が同梱されています。

BUFFALO HDV-SAM3.0U3-BKAの同梱物

付属品一覧
  • USBケーブル(200cm)
  • ケーブルカバー
  • ACアダプター(150cm)
  • らくらく!セットアップシート(説明書)

 

付属のUSBケーブルはUSB3.0に対応していて、長さは2mのロングケーブルです。

テレビやレコーダーから離れた位置でも、楽に設置できる長さになっています。

付属のUSBケーブルの長さは2mのロングケーブルです。

 

HDV-SAM3.0U3-BKAに接続する電源のACアダプターの長さは、約1.5mと十分な長さがあります。

ACアダプターの長さは、約1.5mと十分な長さがあります

コンセントの隣口にも影響する大きさなので、電源タップなどに挿す場合は注意が必要そうです。

 

BUFFALO HDV-SAM3.0U3-BKAの外観

HDV-SAM3.0U3-BKA本体正面の右側に電源ランプやHDD使用量メーターがあります。

本体正面の右側に電源ランプやHDD使用量メーターがあります。

裏面と左側には特に何も無くて、シンプルなデザインになっています。

裏面と左側には特に何も無くて、シンプルなデザインになっています。

左側面には「BUFFALO」のメーカーロゴがあります。

 

セキュリティースロットやUSBケーブル、ACアダプターを接続する場所は、右側にまとまっています。

USBケーブル、ACアダプターを接続する場所は、右側にまとまっています。

 

ACアダプターには、引っ張っても簡単に抜けないようにフックが付いています。

引っ張っても簡単に抜けないようにフックが付いています。

 

USBケーブルとACアダプターを接続したら、付属のケーブルカバーを取り付けます。

ケーブルカバーの取り付け方は、爪を穴に挿し込んでスライドさせるだけなので簡単です。

ケーブルカバーの取り付け方は、爪を穴に挿し込んでスライドさせるだけなので簡単です。

 

ケーブルカバーは取り付けなくても使えますが、カバーを使ったほうが見た目がスッキリしてキレイです。

カバーを使ったほうが見た目がスッキリしてキレイです。

まちゃ
まちゃ

スペースに余裕があるなら使いたい

 

裏から見ると、こんな感じにケーブルが収納されます。

裏から見ると、こんな感じにケーブルが収納されます。

 

BUFFALO HDV-SAM3.0U3-BKAの大きさ

HDV-SAMU3-Aシリーズ奥行きは約11cmで、横は17cmほどです。

HDV-SAMU3-Aシリーズの奥行きは約11cmで、横は17cmほどです。

 

ケーブルカバーを取り付けた場合でも、横幅は約20.5cmでBlu-rayレコーダーよりも小さいです。

ケーブルカバーを取り付けた場合でも、横幅は約20.5cmでBlu-rayレコーダーよりも小さいです。

まちゃ
まちゃ

レコーダーの半分くらいで小さいです。

 

 

HDV-SAM3.0U3-BKA本体の高さ(厚さ)は3.5cmくらいで、週刊少年ジャンプと同じくらいの厚さです。

本体の高さ(厚さ)は3.5cmくらいで、週刊少年ジャンプと同じくらいの厚さです。

 

本体の底には4つのゴム足があり、振動を外に伝えづらくしてより静かになるように設計されています。

本体の底には4つのゴム足があります

 

HDV-SAM3.0U3-BKAの重さ

3TBモデルであるHDV-SAM3.0U3-BKA重さは、834gと少しズッシリするくらいです。

HDV-SAMU3-AシリーズのHDD容量の違いで多少は、変わるかもしれません。

3TBモデルであるHDV-SAM3.0U3-BKAの重さは、834gと少しズッシリするくらいです。

 

HDV-SAM3.0U3-BKAの使用量メーターの見方

HDV-SAMU3-Aシリーズは正面についているHDD使用量メーターのLEDランプで、録画できる時間がざっくりと判断できます。

HDD使用量メーターのLEDランプで録画できる時間がざっくりと判断できます。

 

LEDランプの点灯の意味は、以下のとおりです。

 

LED点灯の仕方意味
消灯容量がまだ半分以上、空いている。
消灯
点灯(緑)
まちゃ
まちゃ

まだまだ余裕

 

LED点灯の仕方意味
消灯容量が半分も残っていない
点灯(緑)
点灯(緑)
まちゃ
まちゃ

半分以上も録画済み

 

LED点灯の仕方意味
点灯(赤)あと20時間しか録画できない
点灯(緑)
点灯(緑)
まちゃ
まちゃ

もうそろそろヤバい

 

LED点灯の仕方意味
点滅(赤)あと2時間しか録画できない
点灯(緑)
点灯(緑)
まちゃ
まちゃ

 これ以上、録画するのはキツイ

 

 

HDV-SAM3.0U3-BKAの取り付け、設定方法

実際にHDV-SAM3.0U3-BKAを、パナソニック Blu-rayレコーダーのディーガに取り付けてみました。

画面に表示されるメッセージなどは、接続する機器によって異なりますが、参考にはなると思います。

 

HDV-SAM3.0U3-BKAの取り付け方
  • STEP 1
    電源を切る

    作業を始める前に、まず接続するレコーダーやテレビの電源をOFFにする。

  • STEP 2
    ケーブルを接続する

    ケーブルを接続する

    HDV-SAM3.0U3-BKAをUSBケーブルをUSBポートに接続して、ACアダプターをコンセントに差し込みます。

  • STEP 3
    LEDランプを確認する

    LEDランプを確認する

    接続した機器の電源をONにすると、HDV-SAM3.0U3-BKAも電源が入ってLEDランプが点灯します。

  • STEP 4
    設置について

    設置について

    テレビの電源を入れると「USB-HDDの設置について」メッセージが表示されます。

    確認して決定ボタンを押します。

  • STEP 5
    使い方を選ぶ

    使い方を選ぶ

    続いて、通常の録画に使うのかチャンネル録画に使うのか聞かれました。

    「通常録画用USB-HDD」を選択して決定ボタンを押します。

  • STEP 6
    登録

    登録

    未登録で買ったばかりのUSB-HDDなので、登録を選択して決定ボタンを押します。

  • STEP 7
    登録中

    登録中

    通常録画用USB-HDDとして登録が始まるので、完了まで待ちます。

    私のブルーレイレコーダーでは1分くらいで終わりました。

  • STEP 8
    登録の完了

    登録の完了

    登録の完了画面が表示されるので、「決定」ボタンを押して閉じます。

  • STEP 9
    USB-HDDの取り扱いについて

    USB-HDDの取り扱いについて

    USB-HDDの取り扱いについての注意事項が表示されます。

    録画した大事な映像は、Blu-rayディスクに保存したほうが良いよ、ということです。

  • STEP 10
    録画一覧

    録画一覧

    録画した「録画一覧」にUSB-HDDのタブが追加されました。

  • STEP 11
    録画の仕方

    録画の仕方

    録画するときは、録画先の一覧から「USB-HDD」を選ぶだけです。

 

DIMORAからもUSB-HDDを操作できます

Panasonicのレコーダーは、WebサービスのDIMORAから録画予約や録画した番組を削除したりできます。

HDV-SAMU3-AシリーズのUSB-HDDも、録画できる残り時間を確認することができます。

 

残り時間だけではなく、録画した番組も一覧表示も「録画先」で変更が可能です。

 

 

BUFFALO HDV-SAM3.0U3-BKA レビューまとめ

BUFFALO HDV-SAM3.0U3-BKA レビューまとめ

この記事では、「【最大499時間録画】BUFFALO HDV-SAMU3-Aをレビュー(外付けUSB-HDD HDV-SAM3.0U3)」について書きました。

 

BUFFALO HDV-SAMU3-Aシリーズである3TBモデルのHDV-SAM3.0U3-BKAは、24時間連続録画に対応した耐久性と、HDDの故障予測機能が付いています。

この2つの機能によって、録画データが消失してしまう可能性を減らせるUSB-HDDです。

少しでも安定した録画環境を作りたいなら、購入候補に入れておきたい外付けHDDだと思います。

 

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事で紹介したUSB-HDD

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました