スポンサーリンク

電動歯ブラシむき 研磨剤なし歯磨き粉クリニカ アドバンテージ(ライオン)

9月にパナソニックの電動歯ブラシ「ドルツ EW-DP52」を購入しました。

以前から電動歯ブラシを使っていましたが、歯磨き粉は使っていませんでした。

そもそも電動歯ブラシには歯磨き粉は使用しなくてもキレイに磨けるので不要です。

歯磨き粉が必要かどうかは、こちらの「電動歯ブラシに歯磨き粉は必要か。」で紹介しています。気になるのであれば合わせてお読みください。

 

電動歯ブラシに歯磨き粉は歯をキレイにするためには不要ですが、虫歯予防になるので試しに歯磨き粉を導入してみました。

日本メーカーのライオンから発売されている「クリニカ アドバンテージ コートジェル」を選んでみました。

「クリニカ アドバンテージ コートジェル」は、このような特長の歯磨き粉です。

  • 高濃度フッ素(1450ppm)
  • 研磨剤(清掃剤)なし

 

高濃度フッ素配合!で虫歯発生を防ぐ。

クリニカ アドバンテージ コートジェル」は、フッ素1450ppmと高濃度なのが特長です。

他の歯磨き粉は1000ppmくらいの商品が多いです。

この高濃度フッ素が歯にコーティングされて、寝ている最中の虫歯の発生防ぐ効果があります。

 

研磨剤なし 電動歯ブラシ向けの歯磨き粉

研磨剤は無配合

研磨剤は無配合

この「クリニカ アドバンテージ コートジェル」は研磨剤が配合されていないので、電動歯ブラシの強い振動でも歯が削れる心配がありません

「クリニカ アドバンテージ コートジェル」は裏面の注意書きにも、「研磨剤無配合」と研磨剤が入っていないことが明記されていました。

ちなみに研磨剤は、商品によっては清掃剤と表記されていることもあります。

清掃剤と研磨剤の意味は同じなので、成分表示に清掃剤か研磨剤が無いことをチェックすればOKです。

 

低発泡の高粘性タイプのジェルなので、泡が出にくくなっているので、この点でも電動歯ブラシに向いている歯磨き粉です。

 

味と香りはミント味

香味は「すっきりやさしいミント」となっています。

使用した感じでも、説明通りミントがきつくない感じです。

口をすすいだ後は少し時間が経ってもミント感が無くなるくらいの弱さなのであまり気にならないです。

 

色は白の半透明で程よい硬さ

色は白の半透明

色は白の半透明

歯磨き粉の色は白の半透明で、チューブから出しても形が崩れないほどの硬さのジェルです。

 

すすぎは 1 回がベスト!

すすぐ回数が多いとフッ素コーティングの効果が薄くなるからでしょうか、クリニカ アドバンテージを使用して磨いた後に水で口をすすぐ時は1回と書いてあります。

最初は少し不安でしたが、泡が出る発泡剤も少ないので1回すすぐだけでも特に違和感もなく大丈夫でした。

 

電動歯ブラシに使ってはいけない歯磨き粉 クリニカ アドバンテージ

電動歯ブラシに使ってはいけない歯磨き粉 クリニカ アドバンテージ

クリニカ アドバンテージ コートジェル」は、研磨剤(清掃剤)が入っていないので電動歯ブラシに使用しても大丈夫です。

ライオンで発売されている歯磨き粉で、商品名が似ている「クリニカ アドバンテージ ハミガキ」という歯磨き粉は電動歯ブラシには使えません

見た目も少し似ていますが、コートジェルよりもパッケージが細長くて香味がソフトミント・シトラスミント・クールミントの3種類あるのが違う点です。

 

迷ったら成分表示を見ると判別できます。

「クリニカ アドバンテージ ハミガキ」には清掃剤入りの記載があります。

清掃剤は研磨剤と同じ意味なので、研磨剤なしの歯磨き粉ではないので電動歯ブラシには使えません

清掃剤入りの記載

 

電動歯ブラシには使えないクリニカアドバンテージ

 

おすすめの使い方

おすすめの使い方は、寝る前の歯磨きで電動歯ブラシで磨いた後に仕上げとしてクリニカを使って再度磨くことです。

最初から歯磨き粉のクリニカを使用すると、途中でフッ素コーティングが剥がれてしまう可能性があるので一通り磨いた後に使ったほうが良いです。

磨いたあとの口を水ですすぐ時は1回で十分です。

何回も水ですすいでしまうとフッ素などの薬用効果が流れてしまいます。

 

 

終わりに。価格も手頃なのでオススメ

電動歯ブラシを使う時は予防歯科のために、歯磨き粉を使用してフッ素コーティングするのがおすすめです。

クリニカ アドバンテージ コートジェル」は価格が300円くらいで、大手メーカーのライオンが販売していますので近くのドラッグストアにも売っているので手軽に試すことができます。

電動歯ブラシも歯磨き粉も完璧ではありませんので、定期的な歯科医院の検診はしてもらったほうがよいです。

 

 

 

 

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました