おすすめのガジェット

【レビュー】GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI(SocketAM4マザーボード)

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI レビュー

この記事ではMini-ITXの「GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI」をレビューしました。
PCIe4.0のNVMe SSDを複数搭載でき、Wi-Fi6も標準搭載の高機能なMBです。
まちゃ
まちゃ

MBといえばPC構成を決める重要なPCパーツです。

 

Micro-ATXより小さいMini-ITXで、「X570」チップセットを搭載したMBに絞ってパソコンを組んでみたくなりました。

Mini-ITXサイズでX570搭載のモデルは数が少ないですが、PCI Express 4.0対応のNVMe SSDを複数積めそうなGIGABYTEのMBを選んでみました。

 

X570 I AORUS PRO WIFI」は大型のファン付きヒートシンクを搭載していて、発熱しやすいNVMe SSDも安心して使えます。

大型のファン付きヒートシンクを搭載

 

この記事では「【レビュー】GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI(SocketAM4マザーボード)」について紹介します。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人:まちゃ
ガジェット好き 自作PC歴20年超え スマホゲームのエンジニア アニメ・ゲーム好き

X570 I AORUS PRO WIFIの概要

X570 I AORUS PRO WIFIの概要

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI の特長とスペックについて紹介します。

 

特長

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI の主な特長はこちら。

  • すべてPCIe 4.0対応
  • Ryzen 第3・4世代にも対応
  • Mini-ITX
  • M.2スロット用ファン付きヒートシンク
  • M.2スロットが2つ
  • Wi-Fi6標準装備
  • 一体型のバックパネル

 

 

スペック・仕様

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFIの主な仕様を表にまとめると、このようになります。

 

メーカー名GIGABYTE
モデル名X570 I AORUS PRO WIFI
フォームファクタMini ITX
チップセットAMD X570
ソケットSocketAM4
CPURyzen2000、3000、4000 G、5000シリーズ
上限メモリDDR4 5100(OC)
M.2 スロットPCIe4 NVMe 2つ
SATA4つ
USB Type-C1つ (3.2 Gen2)
USB3.2 Gen 2背面:1 / 内:0
USB3.2 Gen 1背面:2 / 内:2
USB3.1 Gen 2背面:0 / 内:0
USB3.1 Gen 1背面:0 / 内:0
USB 2背面:0 / 内:2
PS/2ポート無し
PCIe4.0 x161スロット
PCIe4.0 x4無し
PCIe4.0 x1無し
無線LANあり(Wi-Fi 6)
Bluetooth5.0
画面出力HDMI x2, DisplayPort
バックパネル一体型
目安価格28,000円
発売時期2019年7月
公式サイト公式サイトへ

 

スポンサーリンク

X570 I AORUS PRO WIFI の同梱物

同梱物

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI には、以下の付属品が同梱されています。

  • Wi-Fiアンテナ
  • SATAケーブル2本
  • RGB LEDテープ延長ケーブル
  • サーマルパッド
  • ロゴステッカー
  • BIOS(UEFI)アップデートUSBメモリ
  • MBドライバーディスク
  • 日本語マニュアル

 

 

STATケーブルは2本付属していて、どちらもフラットタイプで1本は片方L字でした。

長さは短めなので、ケースの固定位置によっては別途ケーブルを用意が必要だと思います。

STATケーブルは2本付属

 

PCを拡張して光らせるRGB LEDテープ延長ケーブルも1本付属しています。

RGB LEDテープ延長ケーブル

 

BIOSアップデートが入っているUSBメモリも付属していました。

最新版ではないので、アップデートするならネットからダウンロードしたほうが良いかもしれません。

BIOSアップデートが入っているUSBメモリ

 

スポンサーリンク

マザーボードレイアウト

マザーボードレイアウト

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI のレイアウトは下のようになっています。

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI のレイアウト図

 

大きさはMini-ITXなので、17cmの正方形です。

大人の手のひらより少し大きいくらいのコンパクトさです。

大人の手のひらより少し大きい

 

CPU電源コネクタとCPUファン用のコネクタは、バックパネル近くの端っこにあってケーブルを抜き差ししにくい位置にあります。

PCケースに固定する前にケーブルを接続しておいたほうが、組み立てが楽だと思います。

CPU電源コネクタとCPUファン用のコネクタ

 

バックパネル出力ポート

バックパネル出力ポート

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI のバックパネルの入出力ポートを紹介します。

  • a:DisplayPort
  • b:HDMIポート
  • c:USB 3.2 Gen1
  • d:USB 3.2 Gen1(白)
  • e:Q-Flash Plusボタン(BIOS更新)
  • f:LANポート(1Gbps)
  • g:USB 3.2 Gen 2 Type-A(赤)
  • h:USB Type-C
  • i:Wi-Fiアンテナコネクター
  • j:ラインIN
  • k:ラインOUT
  • l:マイクIN

 

 

バックパネルUSBポート

バックパネルUSBポート

青色のUSB 3.2 Gen 1 ポートが3つ、白色のUSB 3.2 Gen 1 ポートが1つ、赤色のUSB 3.2 Gen 2 Type-A、USB 3.2 Gen 2のUSB-Cポートがあります。

白色のUSBポートは電源を入れずにBIOS更新したいときにも使えます。

 

ちなみに「USB3.2 Gen 2」の転送速度は10Gbpsで、「USB3.2 Gen 1」は5Gbpsです。

 

LANポート

LANポート

有線LANポートは1つあり、最大1Gbpsの安定した通信ができます。

まちゃ
まちゃ

Wi-Fi6も標準搭載してます

 

オーディオ

オーディオ

オーディオ系はLINE IN/OUT、マイク用ジャックがあります。

色分けされていないので少しわかりにくいかもしれません。

 

映像系端子

映像系端子

GPU内蔵のCPUじゃないと使えませんが、映像系の端子はDisplayPort 1つ、HDMIポートが2つあります。

 

拡張機能

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFIの拡張機能コネクタを紹介します。

 

拡張スロット

拡張スロット

PCI Express 4.0 x16は1スロットあり、グラフィックカードなどを拡張できます。

PCケースが対応していれば、2スロット分のスペースを使う大きめのグラフィックボードも増設可能です。

 

拡張できるSATAはすべて6Gb/s

SATAはすべて6Gb/s

X570 I AORUS PRO WIFI で追加できるSATAポートは全部で4つあり、すべて同じ規格の6Gb/s転送速度に対応しています。

M.2スロットも2つあるので、ストレージの数は充分だと思います。

 

M.2 SSD スロットは2つ

M.2 SSD スロットは2つあり、どちらもPCIe 4.0なので高速なNVMe SSDを使用可能です。

1つはファン付きヒートシンクです。

1つはファン付きヒートシンク

 

もう1つはMBの裏面にスロットがあります。

もう1つはMBの裏面にスロットがあります

 

NVMe SSD用のヒートシンク付き

おもて面のM.2スロットは大きめのファン付きヒートシンクとなっていて、チップセットのヒートシンクと兼用となっています。

NVMe SSD用のヒートシンク付き

 

ヒートシンクは取り外しにはドライバーが必要です。

ドライバーが必要

 

外したヒートシンクに付いているファンケーブルは「SYS_FAN2」につながれています。

「SYS_FAN2」につながれています

 

M.2 SSDの固定にはネジが必要ですが、ネジは付属しているので別に用意する必要はありません。

M.2 SSDの固定にはネジが必要

 

ヒートシンクを閉じる前に、熱伝導効率をあげるサーマルパッド(シリコンパッド)を挟んで閉じます。

シリコンパッドを挟んで閉じます。

 

裏面のM.2スロット

裏面にもPCI Express 4.0 対応のM.2スロットがあります。

裏面のM.2スロット

 

PCケース「NZXT H210」はMB取り付け後でも、SSDを付け外しできますが、ケースによってはできないかもしれません。

ヒートシンクを付けるスペースがあまりない位置なので、発熱しやすいNVMe SSDを取り付けるのは要検討です。

スペースがあまりない位置

 

メモリはDDR4が2スロット

メモリはDDR4が2スロット

使用できるメインメモリはDIMM DDR4を2枚積むことができて、最大64GBまで対応しています。

AMD Ryzenシリーズ・世代によって対応する種類が異なります。

2019年から発売されているAMD第3世代CPUのMatisseは、このような動作クロックのメモリをサポートしています。

動作クロック
通常3200/2933/2667/
2400/2133 MHz
オーバークロック5300/5200/5000/
4866/4600/4400/
4000/3600/3333 MHz

 

切り欠け位置を確認して真上から挿入します。

真上から挿入します

 

USB3.2 Gen 1とUSB2.0が拡張可能

「USB3.0」とかかれているピンは、フロントパネルへUSB 3.2 Gen 1 ポートを増設できます。

フロントパネルへUSB 3.2 Gen 1 ポートを増設できます

 

お隣の白色のピンではUSB2.0ポートを増設できます。

USB2.0ポートを増設できます

 

Wi-Fi 標準搭載

有線LANも使えますが、無線LAN(Wi-Fi6)も標準搭載されています。

直付けではないアンテナなので、電波の良さそうな位置に設置できます。

直付けではないアンテナ

 

アンテナは90度まで調整でき、裏面はマグネットになっているので、壁などに貼り付けられます。

裏面はマグネット

 

マザーボードとの接続はコネクタを回しながら付けるだけなので、工具不要でかんたんです。

工具不要でかんたんです

 

X570 I AORUS PRO WIFI の外観

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI の特長的な外観を紹介します。

 

LED照明で光らせる

PCケース側のケーブルコネクタ類の裏面が光るようになっています。

点灯・点滅のパターンや色などはカスタマイズが可能です。

裏面が光るようになっています

 

8 電源フェーズ

安定した電力を供給するための電源フェーズは8基搭載されています。

ATXサイズだと10基を超えるMBもありますが、サイズ的にも限界で少なめですが、しっかりとパフォーマンスが出るそうです、

電源フェーズは8基搭載

 

裏面は補強板あり

裏面は補強板あり

裏面はほぼ一面がバックプレートでおおわれ、強度がアップし持ちやすくなっています。

 

システムパネルコネクター

カラフルなピンが電源スイッチなどのフロントパネル用のコネクター類になります。

システムパネルコネクター

 

別売りの「コネクタ簡単脱着ケーブル」で延長すると、作業が少し楽になります。

コネクタ簡単脱着ケーブルは5×2ピンなので、問題なく使用できます。

「コネクタ簡単脱着ケーブル」で延長

 

 

システムパネルコネクターピンのそれぞれ役割は、以下のようになっています。

マザーボードの基盤にもプリントされていますが見にくいので、マニュアルを見ながら作業したほうが安全です。

システムパネルコネクターピン

 

一体型のバックパネル

リーズナブルなMBのバックパネルは、昔ながらのアルミのパネルを付けるタイプが多いです。

X570 I AORUS PRO WIFIは一体型なので、PCケースへ取り付けるのが簡単ですし、見た目もいい感じです。

一体型のバックパネル

 

使用した感想

使用した感想

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI の気になった使用した感想を紹介します。

 

Wi-Fiアンテナ

分離しているので設置が楽ですし、底がマグネットになっているのでPCケースの横に貼り付けておけるのが良かったです。

Wi-Fiアンテナ

 

無線機能は快適

Wi-FiだけでなくBluetoothも一緒に使えるようになるので、余計な周辺機器を買う必要なくて少しお得かも。

Wi-Fiも高速なWi-Fi6対応なので、頑張って有線を配線しなくてすみます。

計測してみても、有線に負けない速度が出るので満足です。

スピードテスト結果

 

M.2 SSD ヒートシンクの効果

まずヒートシンク無しで裏面に取り付けた場合は、約70度くらいの高温になってしまいました。

約70度くらいの高温

 

次におもて面のヒートシンク(サーマルパッドあり)を取り付けて計測してみたら、約52度とだいぶ抑えられていました。

ヒートシンクを取り付けて計測

ファン付きヒートシンクなので、冷える速度が早いところも良いですね。

 

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI レビューまとめ

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI レビューまとめ

この記事では「【レビュー】GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFI(SocketAM4マザーボード)」について紹介しました。

 

GIGABYTE X570 I AORUS PRO WIFIはPCIe 4.0 NVMe SSD を複数積めて、Wi-Fi6も標準で使える高機能なマザーボードでした。

PCI Express 4.0 x16レーンは1つだけなので、拡張性は高くないですが、必要な機能は標準搭載されています。

小型PCでシンプルな構成のパソコンを組みたいならオススメのMBだと思います。

作業用PC、ゲーミングPCのどちらも組めるマザーボードです。

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事で紹介したPCパーツ

 

 

スポンサーリンク

Amazonで安く買い物する方法

ガジェットなどをAmazonでお得に買い物するには、Amazonギフト券にあらかじめチャージしてから購入するのがおすすめです。

Amazonギフト券は現金でチャージするたびにポイントが 最大2.5% 貯まります。

現金派クレカを持てなくても、Amazonギフト券を活用するとお得です!

 
\ 最大2.5%のポイントバック /
現金なので安心
クレカ無くてもOK
Fire TV Stickを快適にする周辺機器
Fire TV Stickと一緒に買いたい物

Amazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスをどこでも楽しめるガジェット「Fire TV Stick」は最高のエンタメガジェットです。

テレビのHDMIポートに挿すだけで、サクサクと動画を観れる環境を作れます。

そんなFire TV Stickのアクセサリーを使って、さらに快適になったおすすめのアクセサリーを紹介します。

\ 今すぐチェック /
パソコン周辺機器
このページをシェアする
プロガジ

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました