おすすめの完全ワイヤレスイヤホンまとめ

レビュー!ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI ケースに組み込みやすいMB

4.0

この記事では第12世代CPU対応の「ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI」をレビューしました。
Wi-Fi6、NVMe SSD、USB3.2と快適環境を手軽に構築できる小さいMini-ITXサイズのMBです。

ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI」は2万円台で、B660チップセットを搭載していてPCIe 5 x16スロットも使える将来性のあるMBです。

 

ネットワークは標準でWi-Fi 6を使えて、通信面も高速な環境をかんたんに構築できます。

 

M.2 SSDをドライバーを使わずに固定できるM.2 Q-LATCHや、PCケースと接続するのに便利なミニ延長ケーブルも便利です。

 

Mini-ITXサイズでDDR5メモリやPCIe 5の拡張カードも使用可能なので、長い間使い続けたいならおすすめのMBです。

 

この記事では「レビュー!ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI ケースに組み込みやすいMB」について紹介します。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人:まちゃ
ガジェット好き 自作PC歴20年超え スマホゲームのエンジニア アニメ・ゲーム好き

ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI の主な特長

ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI」の主な仕様を一覧表にまとめると、このような仕様になります。

ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI 性能
製品名ROG STRIX B660-I
GAMING WIFI
メーカーASUS
チップセットB660
CPUソケットLGA1700
メモリタイプDDR5(MAX64GB)
PCIe 16x1本
PCIe 1x0本
SATA4本
M.2 ソケット2つ
バックパネル一体型
HDMIポート1つ
DisplayPort1つ
無線LANWi-Fi 6
有線LAN2.5G
Bluetooth5.2
USB3.2 Gen2x2 Type-C1
USB3.2 Gen1 Type-A3
USB3.2 Gen1 Type-C1
USB2.03
参考価格2万7千円
発売時期2022年1月

 

主な特長をまとめると、このようになります。

  • Intel 第12世代CPU対応
  • メモリDDR5対応
  • M.2 SSD かんたん取り付け(M.2 Q-LATCH)
  • M.2 SSDは2つ搭載可能
  • M.2 SSDはすべてNVMe対応
  • PCIe x16スロットは1本
  • Wi-Fi 6標準装備
  • 有線LANは2.5Gbps
  • HDMIとDisplayPort装備

 

価格は2万円台とミドルクラスですが、最新CPUやメモリを搭載できて将来性のあるMBになっています。

 

スポンサーリンク

拡張性能

ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI」のPCI ExpressやM.2スロット、SATAなど気になる拡張機能を紹介します。

 

拡張スロット(PCIe)

PCI Expressスロットは x16の1スロットだけになります。

重量級のグラボにも耐えられるように金属でカバーされて耐久性があります。

 

M.2 SSD スロットはNVMe対応で全2本

2280サイズのM.2 SSDを2本搭載できて、どれも高速なNVMe SSDに対応しています。

1本はおもて面のCPUとPCIeスロットの間にあり、ヒートシンク付きです。

 

もう1つは裏面で、PCケースのスペース的にヒートシンクを装着できないかもしれないのが注意点です。

OSをインストールするCドライブは、おもて面のスロットを使用するのがおすすめです。

 

M.2 スロットはヒートシンク付き

メインのM.2 スロットにはヒートシンクが付属していて、ヒートシンクの裏にはしっかり熱伝導するシリコンが貼られています。

 

ヒートシンクを外すにはプラスドライバーが必要で、ネジは3箇所と少し多めです。

 

SATAはすべて6Gb/s

シリアルATA(SATA)ポートは4つあり、すべて最速の6Gb/sに対応しています。

MBの端にくっついた感じで4ポート並んでいます。

 

Wi-Fi 6 標準装備

Wi-Fiアンテナも標準で付属していて、高速通信のWi-Fi6がデフォルトで使用できます。

高速な有線LAN環境を自宅で構築するのは大変なので、手軽に高速通信を使いたいならおすすめの機能です。

 

メモリはDDR5

インテル第12世代CPUは最新のDDR5とDDR4に対応していますが、このMBは最新のDDR5に対応しています。

DIMM DDR5を2枚積むことができて、最大64GBまで対応しています。

 

 

スポンサーリンク

マザーボードレイアウト

ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI」は、ケース開放やLEDコネクターなど機能が充実しています。

 

マザーボードのレイアウト
番号名称
1CPUソケット
2メモリースロット
3拡張スロット
4ファン/ポンプヘッダー
5電源コネクター
6M.2 Socket 3 スロット
7SATA 6Gb/sポート
8USB3.2 Gen2コネクター
9USB3.2 Gen1ヘッダー
10USB2.0ヘッダー
11第2世代アドレサブルヘッダー
12RGBヘッダー
13RTCバッテリーヘッダー
14CMOSクリアヘッダー
15フロントパネルオーディオヘッダー
16S/PDIF出力ヘッダー
17システムパネルヘッダー
18Q-LED

 

 

 

バックパネル I/O

ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI」はバックパネル一体型なので、昔ながらのアルミパーツをつけ忘れる心配もありません。

マウスとキーボード用のPS/2ポート非搭載の今風な仕様です。

 

映像出力端子

映像出力端子はHDMIとDisplayPortが1つずつあります。

どちらも4K@60Hzに対応しているので、一般的な使い方なら十分な性能です。

対応している解像度は、以下のとおりです。

映像出力ポートの仕様
映像出力ポート最大解像度
HDMI 2.14K 60Hz
DisplayPort 1.44K 60Hz

 

背面USBポート

バックパネルのUSBポートは全部で8つ搭載しています。

高性能なUSBポートを搭載しているので、USB端子が足りなくなることはなさそうです。

背面USBポートの仕様
ポートバージョン速度
黒色USB2.03
青色USB3.2 Gen 1310 Gbps
Type-CUSB3.2 Gen 2×2120 Gbps
Type-CUSB3.2 Gen 1110 Gbps

 

ネットワーク端子

有線LANケーブルは2.5Gbps、無線LANはWi-Fi 6に対応しています。

下手に有線LANでつなぐよりもWi-Fiで接続した方が速くなるかもしれません。

 

 

その他の外観

ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI」の気になった外観などを紹介します。

 

裏面は補強板などは無し

裏面は基盤むき出しで特にカバーなどは無いです。

ハイエンドモデルなどでは補強板が装備されているマザーボードもありますが、ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFIにはありませんでした。

 

システムパネルコネクター

パソコンケースのボタンやシステム電源のLEDケーブルなどを取り付けるシステムパネルコネクターピンは5x2の10ピンです。

 

付属のミニ延長ケーブルを使うとPCケースへの組み込み作業が、すごい快適になります。

 

M.2 Q-LATCH

M.2 SSDをかんたんに固定できる M.2 Q-LATCH を装備しています。

ネジの頭にフック状のパーツが付いています。

 

灰色のフックを回すだけでSSDを固定できるので、小さなネジを外す手間が減って楽チンです。

 

CPU電源コネクタ

CPU用の補助電源コネクタは8ピンコネクタが1つ必要です。

 

 

同梱物

ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI」には以下の付属品が同梱されています。

  • SATAケーブル 2本
  • USB2.0 スプリッターケーブル
  • システムパネルケーブル
  • Wi-Fi/Bluetooth外部アンテナ
  • ケーブル結束タイ
  • M.2 ねじセット x2
  • M.2 ブラケット x1
  • ROG キーチェーン
  • ROG STRIX ステッカー
  • サポートDVD
  • 日本語マニュアル

 

Wi-Fiとbluetoothの外部アンテナも標準で付属しています。

 

アンテナの底はマグネットなので、PCケースに貼り付けて固定することができます。

 

PCケースにUSBポートを増設するなら、付属のスプリッターケーブルでUSB2.0ポートをかんたんに増設できます。

 

PCケースの電源ボタンやLED、リセットボタンのケーブルを接続するのに便利なミニ延長ケーブルも付属しています。

 

機能ごとに2ピンずつセットになっているのも使いやすいです。

 

マザーボード本体に接続するのは、9ピンコネクタになっています。

 

M.2 ブラケットは小さめのM.2 SSDを搭載するときに使用するパーツです。

 

基本的なドライバーなどサポートソフトなどはDVDでインストールします。

最近はDVDドライブを搭載できないPCケースも増えているので、USBメモリでなくDVDなのは残念でした。

 

PCケースなどに貼り付けて使うステッカーシールなども付属しています。

 

 

レビューまとめ

この記事では「レビュー!ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI ケースに組み込みやすいMB」について紹介しました。

 

「ASUS ROG STRIX B660-I GAMING WIFI」は手のひらサイズの大きさで、インテル第12世代CPU・DDR5メモリ・PCIe 5拡張カードの最新規格に対応しています。

本体の大きさ的にNVMe SSDは2つしか搭載できませんが、コンパクト重視なら十分な性能です。

2万円台のミドルクラスですが、実用的でコスパの良いMBでした。

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事で紹介したマザーボード

 

 

スポンサーリンク

Amazonで安く買い物する方法

ガジェットなどをAmazonでお得に買い物するには、Amazonギフト券にあらかじめチャージしてから購入するのがおすすめです。

Amazonギフト券は現金でチャージするたびにポイントが 最大2.5% 貯まります。(7/21まで)

現金派クレカを持てなくても、Amazonギフト券を活用するとお得です!

 
\ 最大2.5%のポイントバック /
7/21まで!
現金なので安心
クレカ無くてもOK
購入して本当によかった、おすすめガジェット
購入して本当によかった、おすすめガジェット

おもしろそうなガジェットや生活が便利・快適になりそうなのを見つけると、ついついポチってしまいます。

そんな様々なガジェットの中から、実際に購入して良かったと感じたおすすめのガジェットを紹介します。

\ 今すぐチェック /
パソコン周辺機器
このページをシェアする
プロガジ

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました