Buffalo Wi-Fiルーターの設定画面を簡単に探す方法

どうも、まちゃと申します。

BuffaloのWi-Fiルーターなどは自宅のネットワーク環境設定を変更するとIPアドレスが変わってルーターの設定画面を開けなくなってしまう時があります。

この記事ではIPアドレスが変わってもBuffaloの設定画面へ簡単にアクセスできる方法を紹介します。

 

モデム側にもDHCPサーバーの機能がついている場合がほとんどなので、片方のDHCPサーバーの機能はOFFにしたいです。

DHCPサーバーの機能をOFFにするとネットワークの設定が変わってしまい、Wi-FiルーターのIPアドレスも変わってしまいます。

IPアドレスのデフォルトは「192.168.1.1」、「192.168.11.1」からの連番だったりするので、ある程度の推測はしやすいですが見つけるのは地味に大変です。

BUFFALO公式が出しているiPhoneやAndroidのアプリ「connectアプリ」を使うと簡単に分かります。

 

スポンサーリンク

アプリをダウンロードしてインストールする

作業をする前にあらかじめ「connectアプリ」で検索してアプリをインストールします。

App Storeで「connectアプリ」を探す

App Storeで「connectアプリ」を探す

 

Buffalo Wi-Fiルーターに接続する

Wi-Fiルーターに接続します。

iPhoneでWi-Fiルーターに接続する

iPhoneの場合、「設定」画面で「Wi-Fi」をタップします。

「設定」画面で「Wi-Fi」を選択する

「設定」画面で「Wi-Fi」を選択する

 

設置したネットワーク名称をタップして選択します。

変更していなければ「Buffalo-xxxxx」という名称になっています。

ネットワーク一覧から「Buffalo-xxxxx」を探す

ネットワーク一覧から「Buffalo-xxxxx」を探す

 

最近のBuffaloのルーターであれば、Wi-Fiルーターの裏や側面などの「セットアップカード」に記載されています。

「セットアップカード」を確認する

「セットアップカード」を確認する

 

パスワードを入力してWi-Fiルーターに接続します。

ネットワークのパスワードを入力する

ネットワークのパスワードを入力する

 

設定画面に戻り、ネットワーク名称が変わっていれば接続できています。

「設定」画面で接続中のWi-Fiを確認する

「設定」画面で接続中のWi-Fiを確認する

 

 

設定画面、Air Stationにログインする

アプリを起動して、設定画面にアクセスしてログインします

この時に入力するパスワードはBuffalo設定画面のログインの同じものを入力します。

「セットアップカード」を確認する

「セットアップカード」を確認する

 

特に設定を変更していなければ、Wi-Fiルーターの裏や側面などの「セットアップカード」に記載されているままになります。

「connectアプリ」にログインする

「connectアプリ」にログインする

 

ログインするとネットワークの簡略図が表示されます。

管理画面を開きたいルーターをタップします。

ネットワーク簡略図

ネットワーク簡略図

 

 

Wi-Fiルーターに接続されている機器が表示されています。

上のWi-Fiルーター(WTR-M2133HP)をタップすると詳細が表示されます。

画面上部のルーターを選択する

画面上部のルーターを選択する

 

 

IPアドレスやMACアドレスなどの詳細情報が確認できます。

上の「設定画面を表示する」リンクをタップするとブラウザが立ち上がって設定画面にアクセスできます。

「設定画面を表示する」をタップする

「設定画面を表示する」をタップする

ブラウザが起動してログイン画面、Air Stationが表示されれば無事成功です。

パスワードはアプリに入力したのと同じものでログインできます。

設置画面へのログイン画面が表示される

設置画面へのログイン画面が表示される

 

終わりに。ネットワークの設定を変更しても迷わず設定画面を開けます

これでWi-Fiルータのネットワーク設定を変更した結果、IPアドレスが変わって設定画面のURLが分からなくなってもこの手順で設定画面へ簡単にアクセスできます。

もちろんパソコンもWi-Fiルーターのネットワーク内に接続されていれば同じIPアドレスで設定画面にログインできます。

 

 

 

 

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました