ソシャゲにオススメな完全ワイヤレスイヤホン。ソニーのWF-1000X から ドン・キホーテのDZBES-100-Dに乗り換えてみました

完全ワイヤレスイヤホンのソニーのWF-1000Xに夢見て発売日に購入して、半年ほど使ったけれど、音の遅延接続の不安定さが気になっていました。画面の動きに合わせたボイスやBGMが流れるソシャゲには音の遅延は致命的です。

WF-1000X

WF-1000X

家電批評6月号に音質はそこそこで遅延はほぼ無いとの評価で載っていたドンキで購入できるDZBES-100-Dを使ってみました。遅延がないのでソシャゲにもオススメな製品!

 

※2018年12月9日追記

DZBES-100-Dよりも安くて音質の良い「Soundcore Liberty Lite」も遅延が少なくてソシャゲにもおすすめな完全ワイヤレスイヤホンでした。

 

家電批評6月号の比較製品

家電批評6月号で比較されていた製品。遅延評価が良かったのはAirPodsとDZBES-100-D、他はCかD評価。

メーカー製品
BOSESoundSport Free wireless headphones
SONYWF-1000X
NuForceBE Free8
ONKYOW800BT
AppleAirPods
ドン・キホーテDZBES-100-D

 

使用状況

使用時間

1~1.5時間ほどの通勤時間。

使用用途

音楽を聞いたり、ゲームする程度の使い方。

ゲームは音楽ゲームではなく普通のソシャゲがメイン。最近のゲームだとフルボイスでストーリーにボイスが付いていたりするのでテキストとボイスがずれると気になる。

 

DZBES-100-D の良いところ

  1. 音の遅延は、ほぼ感じない
  2. 安い
  3. 2台持ちできる
  4. イヤホンが小さくて軽い
  5. 充電ケース小さい

音の遅延は、ほぼ感じない

噂通り、ほとんど気にならない。音楽ゲームはしていないので詳細までは分からないけど、WF-1000Xより断然、音の遅延は感じない。

WF-1000XはSBCで多少は改善されるけれど、解消はされなかった。

WF-1000X アプリでの設定画面

WF-1000X アプリでの設定画面

安い

WF-1000X は 2万3000円ほど、DZBES-100-D は6000円ほどなので4分の1。お試しで買うにも悪くないリーズナブルなお値段。

2台持ちできる

安いので2台買うのも現実的。自宅と会社にそれぞれ充電ケースを置きっぱなしにして、充電ケースを持ち歩かないのが理想だったので、それが可能になるのは嬉しい。

せっかくの完全ワイヤレスで快適になったのに充電ケースを忘れると充電が出来ないので、必ず持ち歩く必要が出てくる。忘れるリスクから解放されたかったです。

連続再生時間がもっと長ければケースを持ち運ばないで済むのに。

イヤホンが小さくて軽い

WF-1000Xよりも小さくて軽いです。軽くて逆に落としちゃいそう。イヤーピースも大きさ別で同梱されているのでフィットするのを付けておけば、耳から外れる事も無いです。

WF-1000Xは片方6.8g、DZBES-100-D は4.7gですので軽いです。WF-1000Xも使用していて重さは気にならなかったですが。

WF-1000XDZBES-100-D
重さ6.8g4.7g

充電ケースが小さい

WF-1000X は結構大きくて、持ち歩かないといけないので、カバンがかさばって少し不便でしたので、解消されました。DZBES-100-D は小さくて軽めです。持ち運びが必須な使い方だと、充電ケースの大きさなども重要になってきます。

2台持ちしなくても、充電ケースは小さめで軽いので持ち運びやすい。

 

 

DZBES-100-D の気になるところ

  1. ケースが壊れやすそう
  2. 音質はそこそこ
  3. 装着後取り外しにくい
  4. イヤホンだけで可能な操作が少ない

ケースが壊れやすそう

お値段の代償でしょうか、ケースのフタがプラスチック製で、最大まで開け締めすると「カチっ」と音がして壊れそうで少しドキドキします。

ケースの開け締めが充電開始・機器との接続開始のトリガーになるので、フタが壊れたらどうなるのだろうか・・・。

音質はそこそこ

事前情報の家電批評 通り分かっていた事だけれど、音質はそこそこ。WF-1000XからDZBES-100-Dと比較すると素人の自分でも分かるレベル

音質を気にする人にはダメかもしれないけれど、自分は音の遅延に比べれば我慢できる。音質と遅延しにくい製品が発売されるまでの辛抱。

 

装着後取り外しにくい

人によるのかもしれないけれど、イヤホン本体が丸っこくてすべすべしているのと、イヤホンが小さいくて耳にフィットし過ぎていて、耳から取り外しにくい

イヤホンだけで可能な操作が少ない

本体で操作できるのは音楽の再生とストップだけ。ボタンも少ないですし。

WF-1000Xは先送りとか出来たけど。基本スマホで操作するので特に問題ないです。

 

その他、違いや個人的に気になる点

  1. NFC接続
  2. 音質設定
  3. ノイズキャンセリング
  4. WF-1000X たまに接続不安定になる
  5. WF-1000X 片側からしか聞こえないとかもたまにある
  6. 連続再生時間はスペック値的には同じくらい

 

NFC接続

基本的にペアリング作業は最初の1回だけなので、NFC接続で簡単に出来なくても、手動でもBluetooth設定画面に表示される製品名をタップするだけなので全然問題ない。

Bluetooth設定画面

Bluetooth設定画面

音質設定

WF-1000Xはアプリで調整できるけど、DZBES-100-Dは無い。

そもそもDZBES-100-Dに音質は期待してない。

ノイズキャンセリング

この値段だし、無くても良い。

WF-1000X たまに接続不安定になる

WF-1000Xはたまにスマホと接続切れたり不安定。DZBES-100-Dは今のところ安定している。

WF-1000X 片側からしか聞こえないとかもたまにある

WF-1000X はイヤホン同士でも不安定な時がある。こういう場合はイヤホン自体を再起動したりするので結構手間でした。

連続再生時間はスペック値的には同じくらい

通勤でしか使わないので、問題ないレベル。

完全ワイヤレスイヤホンの値段によってはあまり違いは無い印象なのでこれくらいがドコも限界なんだろうなぁ。

WF-1000XDZBES-100-D
連続再生時間3時間2.5時間

 

 

※2018年12月9日追記

DZBES-100-Dよりも安くて音質の良い「Soundcore Liberty Lite」も遅延が少なくてソシャゲにもおすすめな完全ワイヤレスイヤホンでした。

 

製品公式ページ

WF-1000X | ヘッドホン | ソニー
ソニー ヘッドホン 公式ウェブサイト。ヘッドホンWF-1000Xの商品ページです。
驚安の殿堂 ドン・キホーテ
ドン・キホーテのプライベートブランド(PB)情熱価格家電の「完全ワイヤレスイヤホン」の商品紹介です。

 

 

コメント