スポンサーリンク

【BLUEFEEL ポータブル扇風機 レビュー】 超小型ヘッドで最大24時間使用できる卓上と手持ちの2WAYハンディファン(2018年モデル)

当たり前のことですが、夏は暑いです。

最近は夏に外へ出るなら熱中症対策をしないと、命に関わることもあるので対策は必須です。

冷房があるところならいいのですが冷房が無い場所では、うちわなどで風をおこして涼むのが手っ取り早いです。

ただ、うちわだと手が疲れてしまうので、手持ちできる小型の扇風機(ハンディファン)があると便利です。

まちゃ
まちゃ

できれば軽くて長時間使えるタイプがいいです

BLUEFEELの超小型ヘッド 携帯扇風機は、空を飛ぶドローン技術が使われているので小型軽量超強力な風量の携帯扇風機です。

そのうえ、最大で24時間もの連続使用ができます。

まちゃ
まちゃ

最新のドローン技術はだてじゃない

本体のカラーもマカロンピンク、スノーホワイト、スペースグレーの3色あるので女性でも使いやすいおしゃれなカラーリングです。

価格は3,500円ぐらいと他の携帯扇風機よりも少し高いですが、その分性能などは高かったです。

 

BLUEFEELの携帯扇風機は、以下の性能が欲しい人にはおすすめで向いています。

  • 小型
  • 軽量
  • 超強風で使いたい
  • 長時間使いたい

逆に、強風を静かな場所で使いたい人にはおすすめできません。

 

この記事では「BLUEFEEL 超小型ヘッドのポータブル扇風機 レビュー」について書きます。

2019年に発売された後継機モデルは、こちらの BLUEFEEL PRO ポータブル扇風機 レビュー記事をご覧ください。

PROとの違いはこちらの比較記事をあわせてお読みください。

 

BLUEFEEL 携帯扇風機の同梱物

BLUEFEEL ポータブル扇風機の同梱物

BLUEFEEL 超小型ヘッド 携帯扇風機には、以下のものが同梱されています。

  • スタンド
  • ハンドストラップ
  • Micro USBケーブル
  • BLUEFEEL本体
  • 取扱説明書

付属しているMicro USBケーブルはけっこう短いので、別に長いケーブルを用意した方が使いやすいと思います。

また、USBアダプターは付属していないのでパソコンか、別に買う必要があります。

 

BLUEFEEL 携帯扇風機の操作方法

BLUEFEEL ポータブル扇風機のボタン

BLUEFEEL 携帯扇風機の操作方法はシンプルです。

羽の下にあるボタンを押した回数で風量とON/OFFが変わります。

風量は4段階あり、一番強い超強風は名前通りけっこうな風の強さです。

風量は4段階で調整可能

電源をONにするにはボタンを1回押して超弱風にします。

扇風機を止めたい場合は、ボタンを5回押すか長押しすると電源がOFFになります。

ボタン 1回超弱風/ON
ボタン 2回弱風
ボタン 3回強風
ボタン 4回超強風
ボタン 5回OFF
長押しOFF

 

 

BLUEFEEL 携帯扇風機は最大24時間の長時間使用可能

フル充電状態で、風量を一番弱くして使ったときは最大で24時間連続使用できます。

一番強い風速だと最大で5時間使用できます。

ドローン技術のおかげで、省エネ設計になっていて長持ちです。

 

BLUEFEEL 携帯扇風機の外観や重さ

BLUEFEEL 超小型ヘッド 携帯扇風機のパーツごとの見た目や重さなどについて紹介します。

商品名通り、小型で軽量でした。

大きさ

携帯扇風機の羽部分が8~9cmくらいの商品が多いですが、BLUEFEELの携帯扇風機は羽部分が6cmと超小型です。

全体の長さは16cmでiPhoneと同じくらいの大きさです。

全体の長さは16cmでiPhoneと同じくらい

 

男性の手で持っても、ちょうど良い大きさです。

手のひらサイズ

 

Micro USB充電端子

本体への充電は向かって右側面にあるMicro USB端子から充電することができます。

電池の空っぽの状態からフル充電までは、約3時間30分ほどかかります。

Micro USB充電端子

 

LEDランプ

Micro USB充電端子の横にあるLEDランプは充電の状態が分かります。

充電中は赤く点灯して、充電が終わると緑色に点灯します。

LEDランプ

 

LEDランプの状態状態
赤く点灯充電中
緑に点灯充電完了

 

本体の重さ

本体の重さは約103gで、スマホよりも軽いです。

ドローン技術には小型・軽量・強力の技術が必要なだけあって、重さは軽くて持ち運びもしやすいです。

本体の重さは約103gで

 

ストラップは手持ち扇風機にピッタリ

本体の底にはストラップ穴が開いているのでハンドストラップなどを通すことができます。

ふいに落として壊してしまう心配が減るので、手で持って使うときにストラップを付けると安心です。

ストラップ穴

スタンドで卓上でも使える2WAYタイプ

付属のスタンドを使うと、卓上でも扇風機としても使用することができる2WAYタイプのハンディファンです。

扇風機スタンド

 

BLUEFEEL 携帯扇風機の安心安全設計

BLUEFEEL 超小型ヘッド 携帯扇風機には、7種類の安全保護回路がそなわっています。

使用していて突然発火したりする恐れが少なくなるので、安心して使用できます。

  1. 逆起電力
  2. 過充電
  3. 過温
  4. 過電力
  5. 過電流
  6. ショート
  7. 過放電

 

BLUEFEEL 携帯扇風機の気になる点

BLUEFEEL 超小型ヘッド 携帯扇風機を使用して、気になった点について紹介します。

携帯扇風機を購入する前は、音や風量は特に気になるポイントだと思います。

 

風の強さは最大ではかなり強力です

空を飛ぶドローンのモーター技術を使用しているだけあって、最大風力では普通の扇風機にも負けない強さです。

最大風速は11m/sになり、これは台風だと人が歩きにくくなるほどの風速になります。

 

音の大きさは最強時は かなり大きい

使用しているときの音は、一番弱い風量では少し気になる程度の音です。

一番強い風量ではけっこう音は大きく、ドローンが飛んでるような音の大きさです。

 

電池残量は確認できません

本体の電池残量は分かりません。

本体のLEDランプは充電中か充電が終わっているかしか分からないところは少し不便です。

 

角度をつけたい

スタンドに挿して使うと、水平方向にしか風を送れないです。

ただ、羽部分の裏が球状になってるので、本体を横にして羽の裏をスタンドに置くと角度をつけることができます。

角度をつけることができます

 

BLUEFEEL 超小型ヘッド携帯扇風機レビューまとめ

この記事では「BLUEFEEL 超小型ヘッドのポータブル扇風機 レビュー」について書きました。

BLUEFEEL 超小型ヘッド 携帯扇風機は、他の携帯扇風機よりも価格が少し高めです。

ですがその分、小型・軽量・強力で性能はとても高いです。

 

携帯扇風機は外で使うことが多いので、少し価格が高くても小型軽量なものを選択したほうが使いやすくて便利です。

最新技術のドローン用のモーターが使われているBLUEFEELの携帯扇風機は、小型で軽量なので持ち運びしやすく、暑い夏の熱中症対策にも役立ちます。

 

BLUEFEEL 超小型ヘッド 携帯扇風機は、最大24時間使用できて卓上と手持ちの2WAYで涼しくなれるおすすめのハンディファンです。

 

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事で紹介した手持ち扇風機
2019年の後継モデルはこちら
超小型ヘッドでスマート!パワフルで長持ちする ポータブル扇風機「BLUEFEEL」

 

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました