Amazonで買ってよかったもの

記事内に広告を含む場合があります

ASUSのおすすめマザーボードを探す

ASUSのおすすめマザーボードを探す

ASUSのマザーボードシリーズは、PRIME・TUF GAMING・ROG STRIX・ROG MAXIMUS・ROG CROSSHAIRなどがあります。

  • PRIME
  • TUF GAMING
  • ROG STRIX
  • ROG MAXIMUS
  • ROG CROSSHAIR

 

シリーズラインナップの機能と価格をグラフにすると、このようなバランスになります。

シリーズラインナップの機能と価格

価格はセールなどで安くなったりするので変動はしますが、機能を抑えたモデルは1万5千円から、高機能モデルは8万円を超える価格帯です。

まさにピンからキリまで揃っているので、予算に合わせて必要な機能を搭載しているMBを選ぶ必要があります。

 

私が自作する際にマザーボードを選ぶ基準は、以下のような項目をよく見ます。

  • 対応CPU
  • 対応メモリ
  • M.2スロット数
  • USBポート数
  • PCI Expressスロット数
  • Wi-Fi、Bluetooth搭載か
  • 価格

組み合わせるSSD、HDD、グラフィックボード、USB周辺機器に合わせる必要があります。

 

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人:まちゃ
ガジェット好き 自作PC歴20年超え スマホゲームのエンジニア アニメ・ゲーム好き

ASUS インテルCPU マザーボード 比較一覧

シリーズラインナップの機能と価格

 

ASUSの人気のあるマザーボードの性能を一覧にしてみました。

 

ASUS Intel CPU マザーボード一覧

ROG STRIX Z490-F GAMING

ROG MAXIMUS XII FORMULA

TUF GAMING Z490-PLUS (WI-FI)

PRIME Z490-A

ROG STRIX Z490-A GAMING

ROG MAXIMUS XII EXTREME

ROG STRIX Z390-F GAMING

TUF Z390-PLUS GAMING

PRIME Z390-A

参考価格 30,000円 59,000円 27,000円 28,000円 27,000円 86,000円 25,000円 16,000円 23,000円
フォームファクタ ATX ATX ATX ATX ATX EATX ATX ATX ATX
チップセット Intel Z490 Intel Z490 Intel Z490 Intel Z490 Intel Z490 Intel Z490 Intel Z390 Intel Z390 Intel Z390
ソケット Socket 1200 Socket 1200 Socket 1200 Socket 1200 Socket 1200 Socket 1200 LGA1151 LGA1151 LGA1151
上限メモリ DDR4-4600 DDR4-4800 DDR4-4600 DDR4-4800 DDR4-4800 DDR4-4800 DDR4-4266 DDR4-4266 DDR4-4266
M.2 スロット 2 3 2 2 2 4 2 2 2
SATA 6 6 6 6 6 8 6 6 6
USB Type-C 3.2 Gen2 / 3.2 Gen1 3.2 Gen2 3.2 Gen2 / 3.2 Gen1 3.2 Gen2 3.2 Gen2 3.2 Gen2 3.1 Gen2
USB3.2 Gen 2 3 外:3 / 内:1 外:1 / 内:1 外:3 / 内:1 1 外:4 / 内:2
USB3.2 Gen 1 外:2 / 内:2 外:6 / 内:4 外:4 / 内:2 外:2 / 内:2 外:4 / 内:3 外:2 / 内:4
USB3.1 Gen 2 外:3 外:2 外:3
USB3.1 Gen 1 内:1 外:4 / 内:4 外:2 / 内:3
USB 2 外:2 / 内:2 内:4 内:3 内:4 外:2 / 内:4 内:4 外:2 / 内:4 内:4 外:2 / 内:6
PCIe3.0 x16 3 3 2 3 3 2 3 2 3
PCIe3.0 x4 1 1
PCIe3.0 x1 3 1 3 3 1 0 3 4 3
無線LAN Wi-Fi 6 Wi-Fi 6 Wi-Fi 6
Bluetooth 5.1 5.1 5.1
画面出力 DP、HDMI DP、HDMI DP、HDMI DP、HDMI DP、HDMI DP、HDMI DP、HDMI
バックパネル 一体型 一体型 分離 一体型 一体型 一体型 一体型 分離 分離
公式サイト 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ

 

 

スポンサーリンク

ASUSのインテルCPUマザーボード

 

 

ROG STRIX Z490-F GAMING

  • ストレージ用M.2スロットは2つ
  • 画面出力はDisplayPort、HDMI
  • バックパネルにUSB-Cポートあり
  • バックパネルのUSB type-Aポートは7つ
  • PCI Express x16スロットは3つ
  • PCI Express x1スロットは3つ

ROG STRIX Z490-F GAMING」はROG STRIXシリーズで、無線LANやBluetooth機能は標準搭載していないです。

バックパネルにDisplayPort・HDMIポートがあり、グラフィックボードを削れるので初期費用を抑えることもできます。

 

 

主な性能
モデル名 ROG STRIX Z490-F GAMING
参考価格 30,000円
フォームファクタ ATX
チップセット Intel Z490
ソケット Socket 1200
上限メモリ DDR4-4600
M.2 スロット 2
SATA 6
USB Type-C 3.2 Gen2 / 3.2 Gen1
USB3.2 Gen 2 3
USB3.2 Gen 1 外:2 / 内:2
USB3.1 Gen 2
USB3.1 Gen 1
USB 2 外:2 / 内:2
PCIe3.0 x16 3
PCIe3.0 x4
PCIe3.0 x1 3
無線LAN
Bluetooth
画面出力 DP、HDMI
バックパネル 一体型
公式サイト 公式ページ

 

 

ROG MAXIMUS XII FORMULA

  • ストレージ用M.2スロットは3つ
  • バックパネルにUSB-Cポートあり
  • バックパネルのUSB type-Aポートは9つ
  • PCI Express x16スロットは3つ
  • PCI Express x1スロットは1つ
  • WiFi6、Bluetooth搭載

ROG MAXIMUS XII FORMULA」は、ハイエンドモデルのROG MAXIMUSシリーズです。

M.2 SSDを3台積めるので、2.5インチ・3.5インチのSSDやHDDも不要かも。

最新のWiFi6やBluetoothも標準搭載しています。

 

 

主な性能
モデル名 ROG MAXIMUS XII FORMULA
参考価格 59,000円
フォームファクタ ATX
チップセット Intel Z490
ソケット Socket 1200
上限メモリ DDR4-4800
M.2 スロット 3
SATA 6
USB Type-C 3.2 Gen2
USB3.2 Gen 2 外:3 / 内:1
USB3.2 Gen 1 外:6 / 内:4
USB3.1 Gen 2
USB3.1 Gen 1
USB 2 内:4
PCIe3.0 x16 3
PCIe3.0 x4
PCIe3.0 x1 1
無線LAN Wi-Fi 6
Bluetooth 5.1
画面出力
バックパネル 一体型
公式サイト 公式ページ

 

 

TUF GAMING Z490-PLUS (WI-FI)

  • ストレージ用M.2スロットは2つ
  • 画面出力はDisplayPort、HDMI
  • バックパネルにUSB-Cポートあり
  • バックパネルのUSB type-Aポートは5つ
  • PCI Express x16スロットは2つ
  • PCI Express x1スロットは3つ
  • WiFi6、Bluetooth搭載

TUF GAMING Z490-PLUS (WI-FI)」はTUF GAMINGシリーズでエントリー向けのマザーボードになります。

WI-FI搭載モデルで少し価格が上がりますが、Bluetoothも使えるようになるのでコスパも良さそうです。

 

 

主な性能
モデル名 TUF GAMING Z490-PLUS (WI-FI)
参考価格 27,000円
フォームファクタ ATX
チップセット Intel Z490
ソケット Socket 1200
上限メモリ DDR4-4600
M.2 スロット 2
SATA 6
USB Type-C 3.2 Gen2 / 3.2 Gen1
USB3.2 Gen 2 外:1 / 内:1
USB3.2 Gen 1 外:4 / 内:2
USB3.1 Gen 2
USB3.1 Gen 1
USB 2 内:3
PCIe3.0 x16 2
PCIe3.0 x4
PCIe3.0 x1 3
無線LAN Wi-Fi 6
Bluetooth 5.1
画面出力 DP、HDMI
バックパネル 分離
公式サイト 公式ページ

 

 

PRIME Z490-A

  • ストレージ用M.2スロットは2つ
  • 画面出力はDisplayPort、HDMI
  • バックパネルにUSB-Cポートあり
  • バックパネルのUSB type-Aポートは7つ
  • PCI Express x16スロットは3つ
  • PCI Express x1スロットは3つ

PRIME Z490-A」はPRIMEシリーズで、スタンダードモデルのマザーボードになります。

ASUSの機能と価格を抑えられたシリーズです。

Wi-Fi、Bluetoothは搭載していませんが、映像出力などもできる最低限の機能を備えています。

 

 

主な性能
モデル名 PRIME Z490-A
参考価格 28,000円
フォームファクタ ATX
チップセット Intel Z490
ソケット Socket 1200
上限メモリ DDR4-4800
M.2 スロット 2
SATA 6
USB Type-C 3.2 Gen2
USB3.2 Gen 2 外:3 / 内:1
USB3.2 Gen 1 外:2 / 内:2
USB3.1 Gen 2
USB3.1 Gen 1
USB 2 内:4
PCIe3.0 x16 3
PCIe3.0 x4
PCIe3.0 x1 3
無線LAN
Bluetooth
画面出力 DP、HDMI
バックパネル 一体型
公式サイト 公式ページ

 

 

ROG STRIX Z490-A GAMING

  • ストレージ用M.2スロットは2つ
  • 画面出力はDisplayPort、HDMI
  • バックパネルにUSB-Cポートあり
  • バックパネルのUSB type-Aポートは7つ
  • PCI Express x16スロットは3つ
  • PCI Express x4スロットは1つ
  • PCI Express x1スロットは1つ

ROG STRIX Z490-A GAMING」はスタンダードゲーミングモデルのシリーズです。

PCI Express x4スロットがあるのが他と少し違っています。

 

 

主な性能
モデル名 ROG STRIX Z490-A GAMING
参考価格 27,000円
フォームファクタ ATX
チップセット Intel Z490
ソケット Socket 1200
上限メモリ DDR4-4800
M.2 スロット 2
SATA 6
USB Type-C 3.2 Gen2
USB3.2 Gen 2 1
USB3.2 Gen 1 外:4 / 内:3
USB3.1 Gen 2
USB3.1 Gen 1
USB 2 外:2 / 内:4
PCIe3.0 x16 3
PCIe3.0 x4 1
PCIe3.0 x1 1
無線LAN
Bluetooth
画面出力 DP、HDMI
バックパネル 一体型
公式サイト 公式ページ

 

 

ROG MAXIMUS XII EXTREME

  • ストレージ用M.2スロットは2つ
  • 画面出力はDisplayPort、HDMI
  • バックパネルにUSB-Cポートあり
  • バックパネルのUSB type-Aポートは10つ
  • PCI Express x16スロットは3つ
  • PCI Express x1スロットは3つ

ROG MAXIMUS XII EXTREME」はハイエンドゲーミングモデルのROG MAXIMUSシリーズです。

付属のROG DIMM.2カードを使うと、M.2 SSDを最大4台も使用できます。

バックパネルにはUSBポートが10個以上あるのでUSBハブも不要かも。

 

 

主な性能
モデル名 ROG MAXIMUS XII EXTREME
参考価格 86,000円
フォームファクタ EATX
チップセット Intel Z490
ソケット Socket 1200
上限メモリ DDR4-4800
M.2 スロット 4
SATA 8
USB Type-C 3.2 Gen2
USB3.2 Gen 2 外:4 / 内:2
USB3.2 Gen 1 外:2 / 内:4
USB3.1 Gen 2
USB3.1 Gen 1
USB 2 内:4
PCIe3.0 x16 2
PCIe3.0 x4 1
PCIe3.0 x1 0
無線LAN Wi-Fi 6
Bluetooth 5.1
画面出力
バックパネル 一体型
公式サイト 公式ページ

 

 

ROG STRIX Z390-F GAMING

  • ストレージ用M.2スロットは2つ
  • 画面出力はDisplayPort、HDMI
  • バックパネルにUSB-Cポートあり
  • バックパネルのUSB type-Aポートは7つ
  • PCI Express x16スロットは3つ
  • PCI Express x1スロットは3つ

ROG STRIX Z390-F GAMING」は、インテル第9世代CPU対応のスタンダードゲーミングモデルのシリーズです。

対応するCPUは一世代前ですが、パーツの値段も落ち着いたりセールで対象になることも増えるので費用を抑えられるかもしれません。

 

 

主な性能
モデル名 ROG STRIX Z390-F GAMING
参考価格 25,000円
フォームファクタ ATX
チップセット Intel Z390
ソケット LGA1151
上限メモリ DDR4-4266
M.2 スロット 2
SATA 6
USB Type-C 3.1 Gen2
USB3.2 Gen 2
USB3.2 Gen 1
USB3.1 Gen 2 外:3
USB3.1 Gen 1 内:1
USB 2 外:2 / 内:4
PCIe3.0 x16 3
PCIe3.0 x4
PCIe3.0 x1 3
無線LAN
Bluetooth
画面出力 DP、HDMI
バックパネル 一体型
公式サイト 公式ページ

 

 

TUF Z390-PLUS GAMING

  • ストレージ用M.2スロットは2つ
  • 画面出力はDisplayPort、HDMI
  • バックパネルのUSB type-Aポートは5つ
  • PCI Express x16スロットは2つ
  • PCI Express x1スロットは4つ

TUF Z390-PLUS GAMING」はTUF GAMINGシリーズでエントリー向けのマザーボードになります。

Wi-FiやBluetoothは搭載していませんが、1万円台で買える低価格なMBです。

NVMe SSDも使えるので、コストを抑えたいなら狙い目かもしれません。

私はMBのコストを抑えたかったので、このTUF Z390-PLUS GAMINGを選びました。

性能など詳細が気になるなら、こちらのレビュー記事を合わせてお読みください。

 

 

主な性能
モデル名 TUF Z390-PLUS GAMING
参考価格 16,000円
フォームファクタ ATX
チップセット Intel Z390
ソケット LGA1151
上限メモリ DDR4-4266
M.2 スロット 2
SATA 6
USB Type-C
USB3.2 Gen 2
USB3.2 Gen 1
USB3.1 Gen 2 外:2
USB3.1 Gen 1 外:4 / 内:4
USB 2 内:4
PCIe3.0 x16 2
PCIe3.0 x4
PCIe3.0 x1 4
無線LAN
Bluetooth
画面出力 DP、HDMI
バックパネル 分離
公式サイト 公式ページ

 

 

PRIME Z390-A

  • ストレージ用M.2スロットは2つ
  • 画面出力はDisplayPort、HDMI
  • バックパネルにUSB-Cポートあり
  • バックパネルのUSB type-Aポートは7つ
  • PCI Express x16スロットは3つ
  • PCI Express x1スロットは3つ

PRIME Z490-A」はPRIMEシリーズで、スタンダードモデルのマザーボードになります。

ASUSの機能と価格を抑えられたシリーズです。

「TUF Z390-PLUS GAMING」はより少し高めで、PCI ExpressスロットやUSBポートの数などに違いがあります。

 

主な性能
モデル名 PRIME Z390-A
参考価格 23,000円
フォームファクタ ATX
チップセット Intel Z390
ソケット LGA1151
上限メモリ DDR4-4266
M.2 スロット 2
SATA 6
USB Type-C
USB3.2 Gen 2
USB3.2 Gen 1
USB3.1 Gen 2 外:3
USB3.1 Gen 1 外:2 / 内:3
USB 2 外:2 / 内:6
PCIe3.0 x16 3
PCIe3.0 x4
PCIe3.0 x1 3
無線LAN
Bluetooth
画面出力 DP、HDMI
バックパネル 分離
公式サイト 公式ページ

 

スポンサーリンク

おすすめのASUSマザーボードまとめ

私はエントリー向けモデルの「TUF Z390-PLUS GAMING」を使用していますが、特に困ることも無いのでコスパも良かったです。

Bluetoothが無くて不便ですが、USB周辺機で拡張できるので初期費用を抑えられました。

マザーボードは他のPCパーツと合わせる必要があるので、最初にMBを決めるとパーツ選びも楽になります。

セール品や使用したいパーツありきで考えると、費用内に収まらない可能性もあるので厄介です。

そういった場合はUSBやPCI Express周辺機器やガジェットを探すと代用できれば、コストを抑えられるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

Amazonで安く買い物する方法

ガジェットなどをAmazonでお得に買い物するには、Amazonギフト券にあらかじめチャージしてから購入するのがおすすめです。

Amazonギフト券は現金でチャージするたびにポイントが 最大2.5% 貯まります。(7/21まで)

現金派クレカを持てなくても、Amazonギフト券を活用するとお得です!

 
\ 最大2.5%のポイントバック /
7/21まで!
現金なので安心
クレカ無くてもOK
おすすめ完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンにはノイズキャンセリング機能を搭載したハイスペックなイヤホンから、コスパの良いイヤホンまで色んな種類がそろっています。

様々なイヤホンをレビューしてきた中から、おすすめの完全ワイヤレスイヤホンを紹介します。

\ 今すぐチェック /
パソコン周辺機器
このページをシェアする
プロガジ

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました