Amazon新生活セール中!会場はこちら

【Strapper レビュー】スマホケースへ簡単に装着できるストラップホール

Strapper レビュー

Strapper(ストラッパー)は、iPhoneなどストラップを付けられないスマホでも、簡単にストラップホールを増やせるアイテムです。

スマホケースと本体の間に挟むだけなので、使用するための最低条件はケースに充電コネクタの穴があることだけです。

下部の中央に充電コネクタ用の穴が空いていれば、高確率で使えます。

 

ストラッパーの良い点と残念な点をまとめると、以下のようになります。

良い点
  • ケースに挟むだけの簡単装着
  • 機種変更しても使えるのでコスパ良い
  • 背面がデコボコしない
  • 充電ケーブルも使える
  • 手帳型ケースでも使える
残念な点
  • バンパー型のケースには使えない
  • ケースの形状・素材によっては使えないかもしれない
  • 金属製なので傷がつくかも(いちおう保護シート付き)

 

この記事では、「【Strapper レビュー】スマホケースへ簡単に装着できるストラップホール」について書きます。

 

スポンサーリンク

Amazon新生活セール中!開催会場はこちら。

ストラッパーの同梱物

ストラッパーの同梱物

Strapperストラッパー に同梱されている付属品は以下のとおりです。

  • 保護シート2枚
  • strapper 本体
  • ストラップ

 

2枚ある保護シートは、ストラッパー本体の表と裏に貼るためのものです。

ストラッパーは金属製のため、スマホ本体を傷つけてしまう可能性があるとのことでそれを防ぐためのものだそうです。

 

スポンサーリンク

ストラッパーの外観

Strapperストラッパー金属製で、触った感じはちょっとザラッとしたマットな質感です。

マットな質感です

 

裏面も表面と同じ質感で、無地です。

裏面も表面と同じ質感で、無地です。

 

スポンサーリンク

ストラッパーの大きさ

Strapperストラッパー の大きさは、横幅は5.4cmです。

Strapper本体の薄さはかなり薄いです。スマホケースに挟んで使うので薄くなっています。

Strapperストラッパー の大きさは、横幅は5.4cmです。

まちゃ
まちゃ

当たり前ですが、スマホより小さいです

 

ストラッパーの重さ

Strapperストラッパー重さは約2gと軽いので、装着しても重くならないです。

Strapperストラッパー の重さは約2g

 

ストラッパーの装着

Strapperストラッパー を装着するには、まず背面保護があるケースに充電コネクタ部分からストラップホールを出します。

トラップホールを出します。

 

ケースの中にストラッパーを入れたら、その上から通常通りにスマホをケースに入れるだけです。

通常通りスマホをケースに入れるだけです

 

スマホ本体とケースにストラッパーが挟まる状態になるので、それだけで固定されます。

スマホ本体とケースにストラッパーが挟まる状態になる

 

USB充電ケーブルも余裕で挿すことができました。

充電ケーブルも余裕で挿すことができました。

 

背面が透明のケースだとストラッパーが見えて少しカッコ悪いので、背面の色に近いストラッパーを選ぶ必要があります。

背面の色に近いストラッパーを選ぶ必要があります。

 

ストラッパーの装着するときの注意点

Strapperストラッパー を使ってみて、少し気になった注意点をあげてみました。

 

注意点1:フィットしないかもしれない

ケースに充電コネクタ用の穴が空いていても、ケースの穴の形状や大きさによってはちゃんとセットできないことがあります。

ケースの穴の形状や大きさによってはちゃんとセットできないことがあります。

まちゃ
まちゃ

基本的に穴があれば、手帳型ケースでもOK

 

 

普段使っているGalaxy S9のスマホケースに装着したときは、理想通りに問題なくストラッパーを装着できました。

iPhone XS Maxのケースでも試したところ、充電コネクタ用の穴が小さいせいでストラッパーがケースの穴に触れてちょっと歪んだ感じになってしまいました。

ケースの穴に触れてちょっと歪んだ感じになってしまいました

 

Lightningコネクタも問題なく接続できましたが、少し歪んでかっこ悪い感じです。

一部のケースではちょっと使えないかもしれません。

少し歪んでかっこ悪い感じです。

 

注意点2:傷つけるかもしれない

傷つけてしまう可能性があるそうです

ストラッパーは金属製のため、スマホケースやスマホ本体を傷つけてしまう可能性があるそうです。

そのため、使用するときは付属の保護シートをストラッパー本体に貼り付けるのが推奨です。

特に装着してストラッパーがグラグラ動きやすい場合は要注意です。

 

ストラッパーはスタンド型ワイヤレス充電器も使えます

Strapperストラッパー を装着していても問題なく、スタンド型のワイヤレス充電器で充電できました

少しStrapperで不安定にはなりますが、スタンドにも立てかけられます。

スタンド型のワイヤレス充電器で充電できました。

まちゃ
まちゃ

ちょっと、ななめになるかも

 

 

ストラッパー レビューまとめ

この記事では、「【Strapper レビュー】スマホケースへ簡単に装着できるストラップホール」について書きました。

Strapperストラッパー は充電コネクタ用の穴が中央下部にあれば、Android・iPhone問わず使える可能性が高いです。

ケースの形状によっては使えないかもしれませんが、スマホ本体に手を加える必要もなくストラップを付けられるようになるのは便利で簡単です。

価格も1000円くらいで買えて、機種変更しても使える可能性が高いのでコスパが良いです。

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事で紹介した拡張できるストラップホール

Amazon新生活セール中!開催会場はこちら。

ストラップ
スポンサーリンク
このページをシェアする
スポンサーリンク
あなたにオススメ!
プロガジ

コメント

目次へ
Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました