スマホを落として壊さないためにおすすめなリングストラップ5選!

ガラケーからスマホに変わり、操作で指を動かす範囲が広くなって、ついうっかりツルっといってしまって落としてしまう事、しまいそうになる事あると思います。

リングストラップやスマホリングを使うことで落下防止や片手でのスマホ操作も楽になります。スマホは高価ですから落として壊したくないですよね。

引用:ELECOM

リングストラップ

 

今回はこのタイプ、リングストラップをメインに紹介します。

 

 

 

 

リングストラップとスマホリングの違い

ざっくり違いを説明すると、リングストラップはガラケー時代からあるストラップの先がリング状になっているもの。

スマホリングはスマホ本体の背面に貼り付けて指を通して使用するものです。

呼び方

リングストラップ、スマホリング、メーカーや商品によって呼び方が色々あるのでまとめてみました。

スマホリングは有名なi&PLUS社の「バンカーリング」からバンカーリングと呼ばれているところもあります。

リングストラップ

引用:ELECOM

リングストラップ

フィンガーストラップ

 

バンカーリングタイプ

引用:ELECOM

スマホリング

フィンガーリング

ホールドリング

リングスタンド

スタンドリングホルダー

バンカーリング

 

スマホリングのメリット・デメリット

バンカーリングタイプ

引用:ELECOM

スマホリングのメリット

スマホリングのメリットをまとめてみました。

スマホリングは背面にガッチリ固定されるので、片手操作もしやすくなります。また、ガッチリ固定されているのでタブレットにも有効です。

商品によってはスマホリングだけでスマホスタンドとして使用できるタイプのモノや、スマホリングが磁石とくっつくようになっていて、車でカーナビ代わりにスマホを使うときに便利な商品があるのが特徴的です。

  • 片手操作が楽になる
  • スマホスタンド代わりになる
  • タブレットなどにも有効

 

スマホリングのデメリット

スマホリングのデメリットですが、スマホリングは一度取り付けてしまうと取り付け位置が固定されてしまうので自由が効かなくなってしまいます。

厚くなってしまうのも要注意です。スマホリング本体はスマホの背面に取り付けるのでスマホが部分的に厚くなってしまうのもデメリットになります。ズボンのポケットなどに引っかかってしまったり平らな所に置くとガタつくのも良くない点です。

ケースとの併用も要注意です。布系の材質のケースなどには付けられない場合がほとんどですので、ケースの材質が限られてきます。

  • リングが固め
  • リングの位置が固定されている
  • スマホが厚くなる
  • 平らな所に置くとガタつく
  • 硬い材質
  • ケースとの併用はケースの材質が限られる

 

 

リングストラップのメリット・デメリット

引用:ELECOM

リングストラップ

リングストラップのメリット

リングストラップのメリットを紹介します。

ストラップホールがあればどんなものにでも取り付けられてスマホが厚くならないのもリングストラップのメリットです。スマホ本体にストラップホールが無い場合でも、スマホケースなどにストラップホールがあればケースの素材に関係なく使用できるのも良いですね。

スマホリングに比べて安価なものが多く、プラスチック製・革製・金属製・シリコン製など素材が豊富なのでケースやバンパーに合わせられるのもメリットだと思います。

  • 端末本体・スマホケースにストラップホールがあればどんなものでも装着可能
  • スマホが厚くならない
  • 価格が安い物が多い
  • プラスチック製・革製・金属製・シリコン製など素材が豊富

 

リングストラップのデメリット

リングストラップのデメリットです。

耐荷重があるのであまり重い端末には使用できない場合があります。気になる時は耐荷重の記載がある商品を購入が必要になってきます。一般的なスマホであれば特に気にする必要は無いと思いますが。

また、ストラップホールの位置によっては使いにくくなる場合があります。

リングストラップはストラップ紐の部分とリング部分が離れているので、金属製の商品だとスマホ本体に傷がつく可能性があるので要注意です。革製やシリコン素材の商品を選択するとその心配は解消されます。

  • タブレットなどには対応していない商品が多い
  • ストラップホールの位置によっては使いにくくなる
  • 耐荷重がある
  • 材質によっては端末が傷つく可能性がある

 

リングストラップの選ぶポイント

一般的なスマホであれば耐荷重は気にしなくて良いので、材質がポイントだと思います。

革製やシリコン製などスマホ本体を傷がつきにくい素材のモノを選ぶのが良いと思います。留め具などのパーツにも傷が付きにくい物が使われているかもポイントです。リングストラップ本体が革製でも留め具に金属が使われているとその部分でスマホ本体に傷が付く可能性があります。

 

ストラップ穴が無い端末には?

ストラップを取り付ける場所がない場合は、ストラップホールがあるスマホケースや手帳型ケースなどを使う方法がある。その他にはこんな商品があります。

イヤホンジャックを利用するタイプ

最近のスマホはイヤホンジャックが無いモノも増えてきましたが、イヤホンジャックに挿してストラップホールを作る商品もあります。

iPhone向け取り付け金具

iPhone向けですが、取付金具を増設する商品もあります。工具を用いるので結構敷居は高そうですね。

 

 

 

リングストラップ機能性タイプ紹介

カラビナ機能付きリングストラップ。

リング部分がカラビナになっているので、ズボンやカバンなどに付けたりできるタイプのリングストラップ。

 

リングストラップでもスタンドにもなる

スタンドにもなる形状のリングストラップもあります。

 

おすすめリングストラップ5選!

スマホ本体に傷を付けないタイプリングストラップを集めてみました。

金属パーツを使用しないリングストラップ

革製で金属パーツを全く使用していないので傷が付かないです。私はこれを使用しています。金属パーツが一切無いのが気に入りました。

ELECOM(P-STFPLI)

引用:ELECOM(P-STFPLI)

 

 

シリコン製のリングストラップ

シリコン製ですので傷が付きにくい素材でできている商品

ELECOM(P-STF01L)

引用:ELECOM(P-STF01L)

シリコン製で猫型のかわいい商品もあります。

 

ラバーコーティングされているリングストラップ

リング部分がラバーコーティングされていて傷が付きにくい商品

 

丸ひもタイプ

リングストラップ?なのかちょっと微妙ですがリング部分が紐タイプのもの。

まとめ

高価なスマホを落下を防止するためにも、おすすめなアイテムで、私はリングストラップが無いと落ち着かないです。

活躍する場面は多くないですがたまに画面の端を操作する時にツルっと手から落ちてリングストラップのおかげで落ちないで助かったことがありますのでおすすめなアイテムです。

 

 

 

 

コメント