おすすめの完全ワイヤレスイヤホンまとめ

【logicool M705m レビュー】面倒な電池交換・充電が不要なワイヤレスマウス

logicool M705m レビュー

この記事ではワイヤレスマウスの「logicoolロジクール M705m」をレビューしました。
電池は3年間と長寿命で、総ボタンは7つ、高速スクロール・チルト機能も搭載で4千円とコスパが良いPC周辺機器です。

パソコン作業では、わずらわしいケーブルがないワイヤレスマウスがおすすめです。

見た目もスッキリし、収納や持ち運び、操作も快適になるガジェットです。

 

ただしワイヤレスマウスのデメリットに、電池寿命や充電などバッテリーの難点があります。

logicoolロジクール M705m」なら電池は36ヶ月と長寿命なので、充電や電池交換などメンテナンスはめったに発生しません。

充電や電池交換などメンテナンスはめったに発生しません

 

戻る・進むなどネットを見るのに便利なボタンもあり、普通にパソコンを使うのにも便利です。

戻る・進むなどネットを見るのに便利なボタン

 

ホイールは左右へ移動するチルトにも対応しているので、ドキュメント作業も快適です。

チルトにも対応

 

普通に使うには充分な機能を持っていて、価格は4千円以下とコスパの良いマウスです。

 

この記事では「【logicool M705m レビュー】面倒な電池交換・充電が不要なワイヤレスマウス」について紹介します。

 

Logicool(ロジクール)
スポンサーリンク

logicool M705m の概要

logicool M705m の概要

「logicool M705m」の主なスペックや特長を紹介します。

 

スペック・性能

 

M705m 主な性能一覧
型番M705m
参考価格3,800円
サイズ71 x 109 x 42mm
マウス重量135g
総ボタン数7
操作距離10m
電池寿命36ヶ月
接続方法USB Unifyingレシーバー
発売時期2018年1月

 

 

特長

logicool M705mの主な特長は、これらがあります。

  • 電池寿命は36ヶ月!
  • 4千円で買える高コスパ
  • Unifyingレシーバー対応
  • 総ボタンは7つ
  • 高速スクロール機能
  • チルト対応
  • 手になじむサイズ

 

なんと言っても電池の寿命が36ヶ月(3年)と、かなり電池持ちが良いです。

ワイヤレスマウスで面倒な充電や電池交換といったメンテナンスがほぼ無いのは嬉しい仕様です。

 

しかも普通の作業には十分な機能を備えていて、価格は4千円なのでコスパの良いワイヤレスマウスとなっています。

 

 

Logicool(ロジクール)
スポンサーリンク

logicool M705m の同梱物

「logicool M705m」のパッケージは箱ではなく、プラスチックの簡易的なモノです。

再利用できない使い捨てタイプですが、その分お安くなっているのかなと思います。

logicool M705m の同梱物

 

logicool M705mには、以下の付属品が同梱されています。

付属品

  • M705m本体
  • logicool USB Unifyingレシーバー
  • 単三形乾電池 2本

 

logicool USB Unifyingレシーバーは、これ1つでマウスやキーボードなどを複数台接続して使うことができます。

logicool USB Unifyingレシーバー

 

ボタン割当など高度な機能を使わないなら、挿すだけで普通に使用することができます。

挿すだけで普通に使用することができます

 

Unifyingレシーバーはマウスのフタを開けた内側に入れて収納できるので、紛失する心配も少ないです。

内側に入れて収納できる

 

 

Logicool(ロジクール)
スポンサーリンク

logicool M705m の外観

「logicool M705m」の外観はパット見では、シンプルで一般的なマウスといった雰囲気です。

ホイール下のボタンはホイールの回り方を切り替えるスイッチになっています。

logicool M705m の外観

 

左側面には親指で操作するボタンが2つあります。

デフォルトでは進む・戻るが割り当てられています。

親指で操作するボタンが2つ

 

右側の側面には小指などを置いておく、肌触りの良いゴム?シリコン?素材になっています。

右側の側面

 

ホイールは傾けて左右に動かせるチルト機能に対応しています。

左右に動かせるチルト機能に対応

まちゃ
まちゃ

横長のエクセルも見やすいです

 

裏面には電源スイッチとフタなどがあります。

裏面には電源スイッチとフタ

 

大きさは小型ではなく、手のひらに収まるサイズで、一般的なマウスくらいの大きさです。

手のひらに収まるサイズ

 

電池の交換

logicool M705mならめったに電池交換することは無いと思います。

交換するには裏側のフタをスライドさせて開きます。

裏側のフタをスライドさせて開きます

 

電池のプラスとマイナスに気をつけてセットするだけです。

電池のプラスとマイナスに気をつけて

 

大きさ

logicool M705mの長さは約11cmと、一般的なマウスくらいの長さです。

一般的なマウスくらいの長さ

 

幅は約7.2cmで、手に収まるくらいのサイズ感です。

幅は約7.2cm

 

高さは約4cmと、長時間の作業でも疲れなさそうな高さです。

高さは約4cm

 

重さ

logicool M705mの重さは、電池をセットしない状態では約87gです。

電池をセットしない状態では約87g

 

単三形電池を2本セットした状態での重さは約133gでした。

2本セットした状態での重さは約133g

 

Logicool(ロジクール)

ボタンのカスタマイズ

「logicool M705m」にはホイールの傾きボタンも合わせると、全部で7つのボタンがあります。

そのうち下の画像で白い丸が付いているボタンはカスタマイズが可能です。

カスタマイズが可能

 

何も動作させない設定や用意されているアクションを割り当てることもできます。

アクションを割り当てることもできます

 

設定には専用ソフトの「Logicool Options」を使用します。

ダウンロードは公式サイトから可能で、Windows・Mac・Chrome OS版が用意されています。

Logicool Options

 

専用ソフト「Logicool Options」では、ボタンのカスタマイズ以外にスクロールの向きやポインタの移動速度も調整できます。

ボタンのカスタマイズ以外

 

Logicool(ロジクール)

logicool M705m レビューまとめ

logicool M705m レビューまとめ

この記事では「【logicool M705m レビュー】面倒な電池交換・充電が不要なワイヤレスマウス」について紹介しました。

 

「logicool M705m」は4千円以下と買いやすい価格帯のワイヤレスマウスです。

価格は安くても、3年間も使い続けられる長寿命の電池性能で、面倒なメンテナンスが激減して快適です。

総ボタン数は7つで、高速スクロール、チルト機能も搭載しているので、一般的な作業では困ることはないと思います。

初心者やメンテナンスフリーで長く使いたいなら、おすすめのワイヤレスマウスです。

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事で紹介したマウス
Logicool(ロジクール)

 

スポンサーリンク

Amazonで安く買い物する方法

ガジェットなどをAmazonでお得に買い物するには、Amazonギフト券にあらかじめチャージしてから購入するのがおすすめです。

Amazonギフト券は現金でチャージするたびにポイントが 最大2.5% 貯まります。

現金派クレカを持てなくても、Amazonギフト券を活用するとお得です!

 
\ 最大2.5%のポイントバック /
現金なので安心
クレカ無くてもOK
5千円以下の完全ワイヤレスイヤホン
5,000円以下のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン

2万円を超えるハイスペックな完全ワイヤレスイヤホンもありますが、5,000円以下でコスパの良いワイヤレスイヤホンもあります。

5,000円以下のおすすめの完全ワイヤレスイヤホンを紹介します。

\ 今すぐチェック /
パソコン周辺機器
このページをシェアする
プロガジ

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました