HD音楽も対応 聴き放題4ヶ月無料!

【ロジクールERGO M575 レビュー】コスパの良いワイヤレストラックボール

この記事では廉価版ワイヤレストラックボール「logicool ERGO M575」をレビューしました。
24ヶ月も電池が持つロングバッテリーで、価格も安いコスパの良いPC周辺機器です。

メインPCと仕事用のPCはロジクールの上位モデル「ロジクール MX ERGO」を切り替えて使用しています。

それとは別にサブPC用にトラックボールを新調しようと思い、廉価版の「ロジクール ERGO M575」を買ってみました。

 

安さも重要ですがあまり使わないので、24ヶ月間も電池交換をしないですむバッテリー持ちが最高です。

充電タイミングや電池切れを気にしながら使うのは、地味に面倒です。

 

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人:まちゃ
ガジェット好き 自作PC歴20年超え スマホゲームのエンジニア アニメ・ゲーム好き

ロジクール ERGO M575の特長

ロジクール ERGO M575」は24ヶ月持つロングバッテリーで、自由にカスタマイズできるボタンは3つと、一般生活でも使いやすいトラックボールです。

機能は抑えめですが、価格も安く、初めてのトラックボールのお試しにも丁度よいです。

 

ロジクール ERGO M575
ボール操作親指
ボタン数5つ
カスタマイズ可能ボタン3つ
トラックボールサイズ35mm
バッテリー単三乾電池1本
電池持ち24ヶ月
角度調整機能なし
ワイヤレス接続USBレシーバー
Bluetooth
重さ154g
対応OSWindows
macOS
iPadOS
Linux
Chrome OS
参考価格5,000円

 

 

スポンサーリンク

ロジクール ERGO M575の良いところ

ロジクール ERGO M575」は5千円ほどで買える廉価版のトラックボールです。

上位モデルのMX ERGOよりも機能は少ないですが、ボタンカスタマイズなど最低限の機能はあります。

 

掃除しやすい

トラックボールは内部にホコリや手垢がつまってしまうと、滑りが悪く使いにくくなってしまいます。

上位モデルは綿棒など細いもので押し出さないとダメでしたが、この「ERGO M575」は指でボールを押し出すことができます。

 

掃除は必須なので面倒が少し減って快適です。

 

ボタンカスタマイズ

ERGO M575 は3つのボタンを自由にカスタマイズできます。

 

割り当てられる機能は、用意されている挙動や自由にキーを割り当てることもできます。

 

電池が長持ち

ERGO M575のバッテリーは、自分で交換できる単三形乾電池1本だけを使用します。

電池の持ちは最長で24ヶ月間と、2年も電池を交換せずに使い続けることができます。

電池切れの心配をせずに使い続けられるのは、けっこう快適です。

 

マウスジェスチャーも問題なし

通常マウスからトラックボールに移行して、最初にとまどったのがChromeなどのブラウザに設定したマウスジェスチャーです。

使い始めはうまくカーソルが動かせませんでしたが、慣れたら問題なく使えるようになりました。

ERGO M575のボール操作は親指で動かすので、普通のマウスと変わらない感じでマウスジェスチャーを使えると思います。

 

 

机上のスペースが広くなる

トラックボールのいいところは、マウス本体を物理的に動かさないところです。

マウスパッドも不要ですし、ERGO M575 本体を置くスペースさえあれば快適に使えます。

 

 

Unifyingレシーバーで統一できる

ロジクールのワイヤレス製品でおなじみのUSBレシーバー「Unifyingレシーバー」にも対応しています。

レシーバーを付け替えるだけで、すぐにパソコンを変えられるのも便利です。

USBレシーバー本体も小型ですし、ペアリングも簡単にできます。

 

 

スポンサーリンク

ロジクール ERGO M575の残念なところ

ロジクール ERGO M575」にもデメリット・残念なところがあります。

それでも使うメリット・快適性のほうが優秀なので、ガマンできる範囲内かもしれません。

 

最初は使い慣れない

普通のマウスからトラックボールに変わると、最初は使いにくいと思います。

単純に上下左右へカーソルを移動させるのも難しく感じます。

慣れてくると普通のマウスと変わらず快適に操作できるようになります。

デュアルディスプレイなどデスクトップが広いなら、トラックボールのほうがカーソル移動しやすいです。

 

掃除は面倒

ボールは取り出しやすいですが、ボール式マウスに掃除は不可欠です。

何もしないでいると最終的にはカーソルが動かなくなってしまうので、定期的に掃除したほうが快適にPCを使えます。

 

 

ロジクール ERGO M575の付属品

ロジクール ERGO M575」には、以下の付属品が同梱されています。

  • トラックボールマウス本体
  • 乾電池
  • Unifyingレシーバー

 

ロジクールのワイヤレス製品でおなじみのUSBポートに挿す「Unifyingレシーバー」も付属しています。

 

ロジクール ERGO M575の外観

ロジクール ERGO M575」の大きさは、通常のマウスよりも大きいサイズで、形状も似ている感じです。

トラックボールは定位置に置きっぱなしになるので、本体が少し大きくても困ることはありません。

 

上位モデルのMX ERGOとは違って、手を置く部分はラバーではなくプラスチック素材になっています。

 

マウスの左端は小指を置きやすいようにへこんでいます。

 

底面には滑り止めのゴム足、電源スイッチ、電池ボックスのフタがあります。

 

電池のフタを外すと中にUnifyingレシーバーも収納することもできます。

 

大きさ

ERGO M575の長さは約13cmです。

 

横幅は約10cmほどです。

 

重さ

ERGO M575の重さは約154gと、上位のMX ERGOより軽めです。

 

 

ロジクール ERGO M575 レビューまとめ

「ERGO M575」はロジクールの廉価版ワイヤレストラックボールです。

価格は5千円くらいと買いやすい価格ですが、2年間持つロングバッテリーにボタンのカスタマイズ性能も良いです。

複数のデバイスと切り替えながら使いたいなど、さらに高機能を求めるなら上位の「MX ERGO」があります。

トラックボールを初めて試してみたいなら、この「ERGO M575」で試してみるのも良いかもしれません。

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事で紹介した

 

スポンサーリンク

Amazonで安く買い物する方法

ガジェットなどをAmazonでお得に買い物するには、Amazonギフト券にあらかじめチャージしてから購入するのがおすすめです。

Amazonギフト券は現金でチャージするたびにポイントが 最大2.5% 貯まります。

現金派クレカを持てなくても、Amazonギフト券を活用するとお得です!

 
\ 最大2.5%のポイントバック /
現金なので安心
クレカ無くてもOK
おすすめ完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンにはノイズキャンセリング機能を搭載したハイスペックなイヤホンから、コスパの良いイヤホンまで色んな種類がそろっています。

様々なイヤホンをレビューしてきた中から、おすすめの完全ワイヤレスイヤホンを紹介します。

\ 今すぐチェック /
パソコン周辺機器
このページをシェアする
プロガジ

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました