CPU性能を比較!

【レビュー】おしゃれなワイヤレス充電器 Anker PowerWave Sense 2-in-1 Station

4.0

【レビュー】おしゃれなワイヤレス充電器

この記事では1台2役の「Anker PowerWave Sense 2-in-1 Station」をレビューしました。
おしゃれなファブリック素材が特長的でiPhone(スマホ)、ワイヤレスイヤホンへ2台同時に充電できるワイヤレス充電器です。

スマホと完全ワイヤレスイヤホンをよく使っていると、充電が面倒でなりません。

日々の充電作業が面倒なので、便利ガジェットであるワイヤレス充電器を活用して、充電を快適にしています。

 

この「Anker PowerWave Sense 2-in-1 Station」なら、スマホもワイヤレスイヤホンも同時に置くだけで充電できるので、毎日使っても楽ちんです。

名前は長いですが、しっかり2台とも同時に充電できます

2台とも同時に充電できます

 

見て目でも特に特長的なのが、スタンド部分のファブリック素材で、生地っぽくておしゃれでさわり心地も良いです。

生地っぽくておしゃれ

 

スマホは横向きでも充電できるので、動画やゲームを楽しみながらの充電もOKです。

横向きでも充電できる

 

価格は3千円台なので、ワイヤレス充電対応デバイスを複数持っているならコスパが良くておすすめのワイヤレス充電器です。

この記事では「【レビュー】おしゃれなワイヤレス充電器 Anker PowerWave Sense 2-in-1 Station」について紹介します。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人:まちゃ
ガジェット好き 自作PC歴20年超え スマホゲームのエンジニア アニメ・ゲーム好き

Anker PowerWave Sense 2-in-1 Stationの特長

PowerWave Sense 2-in-1 Stationの特長

Anker PowerWave Sense 2-in-1 Station」は1台あれば、スタンドとパッドで2つのデバイスへ充電可能な2役をこなすワイヤレス充電器です。

  • 1台2役のワイヤレス充電器
    • スタンド型
    • パッド型
  • スタンド:最大10Wの充電出力
  • パッド:5Wの充電出力
  • サイズ:横18cm、縦9cm
  • 重さ:約186g
  • 価格帯:3千円台

 

対応機種

  • 10W出力急速充電
    • Galaxy Note / Galaxy S
    • Google Pixel 4
    • LG V
    • Sony XZ Series
  • 7.5W出力
    • iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / SE(第2世代) / XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus
  • 5W出力
    • その他Qi対応機器

 

 

スポンサーリンク

付属品

付属品

Anker PowerWave Sense 2-in-1 Station」には、以下の付属品が同梱されています。

  • ワイヤレス充電器本体
  • USB-C & USB-Cケーブル(約150cm)
  • ユーザーマニュアル

 

USB Type-C & USB Type-C ケーブルが1本付属しています。

長さは約150cmとけっこう長めです。

長さは約150cm

 

スポンサーリンク

外観・サイズ

外観・サイズ

Anker PowerWave Sense 2-in-1 Station」の表面は、スタンドは生地っぽいファブリック素材になっているのが特長的です。

 

ファブリック素材でパッと見 おしゃれで、肌触はだざわりがよくて、滑りにくいのが使いやすいです。

スタンド中央にはANKERのロゴがうっすらと刻印されています。

スタンド中央にはANKERのロゴ

 

台座の背面、中央部分に電源供給用のUSB-Cポートがあります。

USB-Cポート

 

パッドタイプの充電できる場所には、十字にアイコンがあってわかりやすくなっています。

パッドタイプの充電できる場所

まちゃ
まちゃ

十字部分はゴム?のような柔らかい素材でした

 

スタンドを横から見ると、支柱で支えられている感じで少しおしゃれな作り。

スタンドを横から見る

 

LEDランプ

台座の中央・側面に充電ステータスをあらわすLEDランプがあります。

LEDランプがあります

まちゃ
まちゃ

青色に点灯・点滅します

 

パッドで充電中は右側のLEDが点灯します。

右側のLEDが点灯

 

反対の左側スタンド型で充電中は、左側のLEDが点灯します。

左側のLEDが点灯

 

滑り止め付き

ななめにスマホを立て掛けても、ひっかかるように硬いゴムでできた滑り止めがあります。

滑り止め付き

 

スマホを立て掛けたときに、ちょうどよい位置で止まってくれます。

スマホを立て掛けたとき

 

裏面にはゴム足が4つ取り付けられていて滑りにくいです。

裏面

 

大きさ

本体台座の横の長さは約18cmほどです。

横の長さは約18cm

 

奥行きは約9cm。

奥行きは約9cm。

 

底からスタンドの頭までの高さは、約11cmほどです。

頭までの高さは、約11cmほど

 

厚さは約1cmほどでした。

厚さは約1cmほど

 

重さ

Anker PowerWave Sense 2-in-1 Stationの重さは約186gです。

重さは約186g

 

 

充電してみる

セットアップが完了したら「Anker PowerWave Sense 2-in-1 Station」とUSB充電器を接続してデバイスに充電してみます。

 

スタンドで充電

左側のスタンドはスマホを充電できます。

スマホは5mm以下の厚さのケースなら、装着した状態でも充電できます。

装着した状態でも充電できます

 

スタンドはスマホを横向きでもOKなので、動画を見ながらの充電も可能です。

動画を見ながらの充電も可能

まちゃ
まちゃ

横向きゲームもできます!

 

パッドで充電

パッドタイプはSONY WF-1000XM4などの完全ワイヤレスイヤホンを充電するのに最適です。

完全ワイヤレスイヤホンを充電するのに最適

 

2台同時に充電

スマホ・完全ワイヤレスイヤホンの2デバイスへ同時に充電できます。

2デバイスへ同時に充電できます

 

 

安全性・注意点

安全性・注意点

Anker PowerWave Sense 2-in-1 Station」は、Anker製なので安全面もバッチリです。

Amazonで安価な見知らぬメーカーのワイヤレス充電器を購入するよりは、断然安心して使えます。

最大24ヶ月保証もあるので、不具合などがあればAnkerに問い合わせると、交換など対応してくれます。

ここでは実際に使用しての注意点などを紹介します。

 

異物検出

「Anker PowerWave Sense 2-in-1 Station」は、異物探知過電圧保護など優れた機能を搭載しているので安全に使うことができます。

異物探知機能は、金属や磁石など充電できない物をセットしたときに、検出して充電をさせない機能です。

カギなど金属製のものを置くいても作動しません。

 

充電できない場合

「Anker PowerWave Sense 2-in-1 Station」だけに限らず、ワイヤレス充電器では充電できないパターンがあります。

充電できないパターン
  • 間に磁石がある
  • 間に鉄製のプレートなどがある
  • 分厚い保護ケースを使用している(5mm以上)
  • ポップソケット付きのケースを使用している
  • ケーブルまたはUSB充電器が未対応

スマホケースに入れたままでも充電できますが、厚すぎると充電できないので注意が必要ですね。

 

説明書などには「18W以上の出力のPD対応充電器」が必要と記載があり、対応していないもので接続するとLEDが点滅しました。

LEDが点滅しました

 

Anker PowerWave Sense 2-in-1 Station レビューまとめ

Anker PowerWave Sense 2-in-1 Station レビューまとめ

この記事では「【レビュー】おしゃれなワイヤレス充電器 Anker PowerWave Sense 2-in-1 Station」について紹介しました。

 

Qi充電できるスマホと完全ワイヤレスを使っているなら、1つにまとめられるワイヤレス充電器が便利。

見た目もスッキリしますし、電源USBケーブルも1本ですむので、ケーブル周りもキレイです。

さらに「Anker PowerWave Sense 2-in-1 Station」なら、充電していないときもファブリック調なスタンドがおしゃれな雰囲気を作れます。

少しでもおしゃれな感じにしたいなら、おすすめのワイヤレス充電器です。

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事で紹介したワイヤレス充電器

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました