スポンサーリンク

【Anker PowerWave 10 Dual Pad レビュー】2台同時に充電できるワイヤレス充電器(Qi対応)

Anker PowerWave 10 Dual Pad レビュー

スマホや完全ワイヤレスイヤホンなどワイヤレス充電(Qi)に対応する機器が増えてくると、複数の機器を同時に充電できると便利です。

Anker PowerWave 10 Dual Pad は、2台同時に充電ができる便利なワイヤレス充電器です。

急速充電(10W)も2台同時にできるので、同時に充電しても充電速度は問題ありません。

まちゃ
まちゃ

充電速度には影響しません

 

Ankerはモバイルバッテリーや充電器などの周辺機器で、コスパがよく安定した品質の製品が多く、人気のあるメーカーです。

この Anker PowerWave 10 Dual Pad は、異物探知や過電圧など安全性への対策もバッチリなので安心して使えます。

Anker PowerWave 10 Dual Pad は、異物探知や過電圧など安全性への対策もバッチリ

まちゃ
まちゃ

同時に充電できるのは便利

 

この記事では「【Anker PowerWave 10 Dual Pad レビュー】2台同時に充電できるワイヤレス充電器(Qi対応)」について書きます。

 

Anker PowerWave 10 Dual Pad の同梱物

Anker PowerWave 10 Dual Pad には、以下の付属品が同梱されています。

Anker PowerWave 10 Dual Pad の同梱物

付属品 一覧
  • Anker PowerWave 10 Dual Pad 本体
  • ACアダプター(1.5m)
  • 取扱説明書
  • ユーザーマニュアル

 

Anker PowerWave 10 Dual Pad は付属品だけで、コンセントに挿せばそのままワイヤレス充電ができます。

まちゃ
まちゃ

使い方は、電源につないで置くだけ

 

Anker PowerWave 10 Dual Pad の外観

十字マークを目安にスマホなどのワイヤレス充電できる機器を置くと充電できます。

Anker PowerWave 10 Dual Pad の外観

 

円のところだけが滑り止めのゴムになっています。

完全ワイヤレスイヤホンのような小さい機器だと、滑り止めの恩恵を受けられないのはちょっと残念でした。

円のところだけが滑り止めのゴムになっています。

まちゃ
まちゃ

スマホなら問題なし

 

裏面には4箇所のゴム足が付いていて、ワイヤレス充電器本体が滑りにくくなっています。

裏面には4箇所のゴム足が付いています

 

本体の上部に電源である専用ACアダプターを挿す穴があります。

本体の上部に電源である専用ACアダプターを挿す穴があります。

 

専用のACアダプターはコンセントに挿すところが円形なので、回るのかなと思ったのですが固定されていました。

電源ケーブルの長さは約1.5mです。

電源ケーブルの長さは約1.5mです。

まちゃ
まちゃ

回らないのはちょっと残念

 

ACアダプターを挿すと、このようになります。

プラグ分のスペースを確保しないと置けないので、設置スペースには要注意です。

ACアダプターを挿すと、このようになります。

 

 

Anker PowerWave 10 Dual Pad の大きさ

Anker「PowerWave 10 Dual Pad」横のサイズは 約20.5cm で、縦は 約9.5cmです。

大型のスマホよりも少し大きいくらいのサイズ。

Anker「PowerWave 10 Dual Pad」の横のサイズは 約20.5cm で、縦は 約9.5cmです。

 

厚さは 約1.3cmで、スマホよりも少しだけ厚いくらいです。

厚さは 約1.3cmで、スマホよりも少しだけ厚いくらいです。

 

ACアダプターの大きさは 横は 8cm で、縦は 4cm、厚さは 4cmでした。

ケーブルの長さは1.5mほどなので、足りない場合は電源の延長コードが必要です。

ACアダプターの大きさは 横は 8cm で、縦は 4cm、厚さは 4cmでした。

まちゃ
まちゃ

ちょっと大きめでした。

 

 

 

Anker PowerWave 10 Dual Pad の重さ

Anker PowerWave 10 Dual Pad 本体の重さは約208gで、スマホくらいの重さです。

Anker PowerWave 10 Dual Pad 本体の重さは約208g

 

専用のACアダプターの重さは152gでした。

専用のACアダプターの重さは152g

 

Anker PowerWave 10 Dual Pad のLEDランプの意味

Anker PowerWave 10 Dual Pad はLEDランプの光り方で充電状況がわかります。

光り方とどの意味を一覧にまとめると以下のとおりです。

LEDの光り方意味
青色に3秒間点灯して消灯電源に接続
青色に点灯充電中
青色で点滅異物が乗っている
緑色に点滅過電圧を検出
まちゃ
まちゃ

点滅は異常アリです

 

Anker PowerWave 10 Dual Pad で充電できない場合

Anker PowerWave 10 Dual Pad だけではありませんが、ワイヤレス充電器ではこういうときは充電できません。

  • 磁石・鉄製プレート付きのケースを使用している
  • ポップソケット付きのケースを使用している
  • 5mm以上の分厚いケースを使用している
まちゃ
まちゃ

異物と検出されたりします

 

充電されない場合は、まずはケースなどを外して本体だけで試してみましょう。

まちゃ
まちゃ

シンプルな構成で確認

 

充電したい機器との間に磁石や鉄製のプレートがある。

ワイヤレス充電器は無線で電気を飛ばすため、間に金属や磁石などがあると正常に充電できません。

よくあるのはスマホケースが金属製だったり磁石が内蔵されていたりすることがあります。

 

5mm以上の分厚いケースを使用している

非常に分厚いケースを使用していると電気が届かないので正しく充電できません。

Anker PowerWave 10 Dual Pad は5mm以上の厚さだと充電できないので、購入前にケースの厚さを確認しておいたほうが良いです。

どのワイヤレス充電器も5mm以上の厚さでは充電できないので、厚いケースを使いたいならワイヤレス充電をあきらめる必要があるかもしれません。

 

Anker PowerWave 10 Dual Pad レビュー まとめ

Anker PowerWave 10 Dual Pad レビュー まとめ

この記事では「【Anker PowerWave 10 Dual Pad レビュー】2台同時に充電できるワイヤレス充電器(Qi対応)」について書きました。

 

Anker PowerWave 10 Dual Pad は2台同時に急速充電できて、異物探知や過電圧など安全対策もバッチリです。

ワイヤレス充電ができる機器が増えてきたら、2台同時に充電できるAnker PowerWave 10 Dual Pad などの充電器を検討しても良いかもしれません。

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事で紹介したワイヤレス充電器

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました