【30日無料体験版】ESET をAndroid 8 にインストールする

どうも、ESETを使い始めて5年経つまちゃです。

30日無料体験ができる有料版の「ESET Mobile Security for Android」は、Google Play Storeではなく公式サイトからダウンロードしてインストールします。

この記事では、Android 8 の端末に「ESET Mobile Security for Android V4.1」をインストールする手順を画像つきで説明します。

 

Andorid8からインストールの許可の設定方法が変更になったので Android 4 ~ Android 7 とは少し違います。

 

ESETをダウンロードする

有料版のESETはGoogle Play Storeではなく、ブラウザで公式サイトからダウンロードします

ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ ご利用までの流れ|ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ
ここでは、ESETご利用までの流れについて解説しています。ESETを購入後、初めてインストールする場合は、「新規ユーザー登録」と「プログラムのダウンロード・インストール」を行ってください。

 

 

今回はChromeというブラウザアプリでダウンロードします。

ダウンロードボタンからダウンロードします。

ダウンロードボタンからダウンロード

ダウンロードボタンからダウンロード

 

ダウンロードしようとすると「スマホ端末内へのアクセスを許可しますか?」と表示されたら許可をタップして許可します。

ダウンロード許可

ダウンロード許可

 

許可するとアプリがダウンロードされます。ダウンロードした「ems_setup.apk」をタップしてインストールします。

ダウンロード完了

ダウンロード完了

ESETをインストールする

「セキュリティ上の理由から、お使いのスマートフォンではこの提供元からの不明なアプリをインストールすることはできません。」と表示されてインストールできない場合は「設定」をタップします。

インストールできない

インストールできない

 

Chromeの設定画面で提供元不明のアプリをインストールできるようにします

インストールが終わったら、必ず元に戻します。

この設定は余程のことが無い限りONにしないように

提供元不明のアプリをインストールできるようにします

提供元不明のアプリをインストールできるようにします

 

インストールできるようになるので「インストール」をタップしてインストールを開始します。

「インストール」をタップしてインストールを開始

「インストール」をタップしてインストールを開始

 

インストールが完了したら、「開く」をタップして初期設定をします。

インストール完了

インストール完了

 

ESETの初期設定・アクティベーション

インストールが完了すると、同意、許可を求められます。

同意と許可をする

同意と許可をする

 

「ESET Mobile Security に電話の発信と管理を許可しますか?」は不正なアプリが勝手にSMSを発信したりするのを防いでくれたりするそうです。

 

無料体験を試す場合のアクティベーション

30日間の無料体験で試したい場合は「無償体験版をアクティベーション」をタップします。

「無償体験版をアクティベーション」をタップ

「無償体験版をアクティベーション」をタップ

 

無料体験を試す場合は、メールアドレスを入力するだけで使用できます。

メールアドレスを入力

メールアドレスを入力

 

 

購入済みの場合のアクティベーション

既に購入済みの場合は下の「アプリケーションのアクティブ化」をタップします。

「アプリケーションのアクティブ化」をタップ

「アプリケーションのアクティブ化」をタップ

 

製品認証キーを入力して、「アクティベーション」ボタンをタップします。

「アクティベーション」ボタンをタップ

「アクティベーション」ボタンをタップ

 

 

「アクティベーション」して、この「ESET Mobile Securityをインストールしていただき、誠にありがとうございます」画面になると成功です。

「初回検査を起動」ボタンを押して初回スキャンを開始します。

初回検査を起動

初回検査を起動

 

保存されてるファイル数によりますが、結構時間かかるので終わるまで放置しておきます。

初期検査

初期検査

スキャンが終わって何か問題があると警告が表示されます。

注意が必要と警告される

注意が必要と警告される

アプリを見ると黄色で注意と表示されるので「詳細」などをタップして1つ1つ確認して対応していく。

注意を解決する

注意を解決する

全て対応するとこの様に「保護されています」と表示されます。

保護されています

保護されています

 

これで、インストール作業は終わりです。

最後にインストールする時に、不明なアプリのインストールを許可する設定にしたものを、許可しない様に戻します。

 

Chromeの提供元不明アプリをインストールできないようにする

提供元不明アプリをインストールできる状態のままにしておくとセキュリティ的にも問題があります。

設定を元に戻してセキュリティ対策しておきます。

 

設定画面で「アプリと通知」を選択します。

「アプリと通知」を選択

「アプリと通知」を選択

「アプリ情報」をタップしてアプリ一覧を表示します。

アプリ情報

アプリ情報

 

全てのアプリが表示されるのでスクロールしてChromeを探して選択します。

Chromeを探して選択

Chromeを探して選択

アプリ情報が表示されるので少しスクロールして詳細設定にある「不明なアプリのインストール」をタップします。

「不明なアプリのインストール」をタップ

「不明なアプリのインストール」をタップ

「この提供元を許可する」をこの様にOFFにする。

「この提供元を許可する」をOFFにする

「この提供元を許可する」をOFFにする

 

終わりに。月額100円以下のESETは入れて損はない!

ESETのダウンロード、インストール、初期設定は簡単にできます。

スマートフォンのセキュリティソフトはAndroidの仕組み上、パソコンほど詳細にチェックができない事もあります。

そういった理由から、Androidにはセキュリティソフトは不要と考える人もいます。

 

パソコンと同様に怪しいメールのリンクはクリックしないなど、個人のセキュリティ意識は必要です。

それでも、ESETを含むセキュリティソフトはスマホを使用していても気づかないところに気づいて警告してくれますので、インストールしておいて損はないです。

 

 

まだまだ、スマホのセキュリティソフトの評価は難しいですが、パソコン版は警察庁に導入実績もあり、動作が軽く評価が高いESETはオススメです。

中でも5台3年版は月額に換算すると100円を切るほど安くなるのでコストパフォーマンスも良いです。

2018年7月から国内販売15周年記念キャンペーンを実施中で100円を切る値段でパソコンもスマホもセキュリティ対策できるチャンスです!

ESETはスマホ版もパソコン版も無料で30日間試す事ができます

まずはインストールして無料で試してみましょう!

 

 

それでは、今回はこれまで。

ありがとうございました。

 


>>無料体験からはじめる総合セキュリティソフト

 

 

 

 

 

コメント