スポンサーリンク

ESETのファイヤーウォールのブロックを解除する|セキュリティソフト

ESETブロック解除方法

セキュリティソフトの「ESET」は、動作も軽く、ウイルス検出率も高くて、月額換算で約50円のコスパ面でも良いセキュリティソフトです。

トレンドマイクロ(ウイルスバスター)みたいに不正に個人データを収集したり、セキュリティ対策の説明を不正確に伝えることも無いので信用感があります。

 

私は自宅のメインPCもサブPC、スマホのAndroidもセキュリティソフトにESETを使用しています。

ESETはパソコンの起動時の動作にもほとんど影響せず、起動時に重くなるといったこともありません。

起動して常駐している時にも他のアプリケーションやソフトへの影響もほぼありません。

基本的に他のソフトに影響は無いのですが、ごくまれに外部に通信などする場合に、怪しいかもと判断されてファイヤーウォールに引っかかってソフトが正常に動作しないことがあります。

ESETはファイヤーウォールに引っかかってしまった場合でも簡単にブロックを解除することができます。

このページではESETのファイヤーウォール設定のブロックを解除する方法について紹介します。

 

 

ESETのファイヤーウォールのブロック解除方法

ブロック解除方法
  • トップ画面
    設定をクリック

    設定をクリック

    ESETのトップ画面から左側の「設定」をクリックします。

  • 設定画面
    ネットワーク保護を選択する

    ネットワーク保護を選択する

    設定画面にある「ネットワーク保護」をクリックして選択します。

  • ネットワーク保護
    トラブルシューティングウィザードを選択

    トラブルシューティングウィザードを選択する

    ネットワーク保護の設定画面の下の方にある「トラブルシューティングウィザード」を選択します。

    「トラブルシューティングウィザード」では、ファイヤーウォールが原因の接続の問題を解決できます。

  • ブロック解除
    ブロックを解除する

    ブロックを解除する

    ファイヤーウォールトラブルシューティング画面では、ファイヤーウォールにブロックされたデバイスやアプリケーション・ソフトなどが表示されています。

    アプリケーション名やデバイスの名前で判断ができるのであれば、それをブロック解除すればOKです。

    わからない場合は、ブロックの回数などが判別の基準にできます。

    アプリを起動・動作させてみてブロック回数が増えればそれが原因の可能性が高いのでブロック解除します。

    パソコンに詳しくない・苦手な人は判断つかないものを解除しないでください!

 

ブロック解除は簡単でした

ESETは直近15分内にファイヤーウォールにブロックされたアプリケーション名やデバイス名(MACアドレス付き)で、ブロック回数とともに見えるので便利です。

見知らぬアプリケーションが表示していたらググって調べて、危険なアプリか確認できます。

使用したいアプリでファイヤーウォールにブロックされていたら、画面で簡単にブロック解除できます。

私はサブPCにWindowsの標準機能のリモートデスクトップ接続を使用としたら引っかかって、リモートデスクトップ接続ができない事がありました。

その時もこの手順でブロックを解除してみたらリモート接続が正常にできるようになりました。

リモート接続は一般的にはあまり使用しないですし、ハッキングなどにも利用できるセキュリティーホールの1つなのでブロックされてしまうのも仕方ありません。

 

コスパの良いセキュリティソフト「ESET」はおすすめです

ESETはWindows/Mac/Andoridどれでも使えるアカウントが3年で5台使えるファミリー版が小売価格が1万584円ですが、Amazonなどでは7千円ほどで購入できます。

これを1台あたりに計算すると1年間700~470円ほどで、1ヶ月間だと60~40円になります。

1ヶ月50円でパソコンやスマホを守れると考えれば、すごい安いです。

 

安かろう悪かろうだと問題ですが、ESETはウイルス検出率なども問題ありません。

動作が軽くてコスパの良いセキュリティソフト「ESET」はおすすめです。

 

ESETは公式サイトにて、メールアドレスを入力するだけの簡単操作で30日間無料で使用できます

もちろん製品版とまったく同じ機能を使うことができます。

試しにインストールして、動作が重くなったり誤検知が多かったらアンインストールすれば、お金は一切かかりませんので試してみるのがおすすめです。

セキュリティソフトは常に稼働させておくものですので、試してみるのは大切です。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました