【さくらVPS】Windows Server 2016 の Windows Update の自動更新を無効化する

「さくらのVPS for Windows Server」をレンタルして Windows Server 2016 を使い始めました。

セキュリティ的にはWindows Updateの自動更新は止めない方が良いですが、意図しないタイミングでWindows Updateが作動し再起動がかかってしまうのは厄介です。

また、たまにWindows Update自体に不具合が含まれることがあるので、様子を見てから更新を当てたいです。

 

Windows Server 2016のWindows Updateの自動更新は、Windows10と同じく「ローカルグループポリシーエディター」から無効化することができます。

自動更新を止めるだけなので、手動でのWindows Updateは可能です。

手動でWindows Updateした場合は、自動で再起動されることがあるので実行は要注意です。

 

Windows Update の自動更新を無効化する

Windows Update の自動更新を無効化する手順
  • STEP 1/6
    「gpedit.msc」と入力する

    「gpedit.msc」と入力する

    タスクバーの検索フォームに「gpedit.msc」と入力します。

    「gpedit.msc」(Microsoft Common Console Document)が検索結果として表示されるので、クリックして起動します。

  • STEP 2/6
    ローカルグループポリシーエディターが起動する

    ローカルグループポリシーエディター

    「ローカルグループポリシーエディター」が起動します。

    左側のツリーから、 「コンピューターの構成 > 管理用テンプレート > Windowsコンポーネント > Windows Update」をクリックして選択します。

  • STEP 3/6
    「自動更新を構成する」を選択する

    「自動更新を構成する」を選択する

    「自動更新を構成する」を選択します。

  • STEP 4/6
    構成を編集する

    構成を編集する

    「自動更新を構成する」を右クリックして「編集」を選択します。

  • STEP 5/6
    無効化する

    無効化する

    「自動更新を構成する」の編集画面で、「無効」を選択して、「適用」・「OK」ボタンをクリックします。

  • STEP 6/6
    編集結果を確認する

    編集結果を確認する

    「自動更新を構成する」の状態が「無効」に変わっていれば設定完了です。

 

 

終わりに。Windows Update自動更新、無効化できますが手動は忘れずに。

Windows Updateの自動更新は、Windows Server 2016でも簡単に無効化できました。

これで意図しないタイミングで、Windows Updateによる再起動がかからないので安心です。

セキュリティ的にはよろしくないことなので、手動でのWindows Updateは定期的に実施したほうが安全です。

 

 

コメント