スポンサーリンク

【さくらVPS】Windows Server 2016 の Windows Update の自動更新を無効化する

「さくらのVPS for Windows Server」をレンタルして Windows Server 2016 を使い始めました。

セキュリティ的にはWindows Updateの自動更新は止めない方が良いですが、意図しないタイミングでWindows Updateが作動し再起動がかかってしまうのは厄介です。

また、たまにWindows Update自体に不具合が含まれることがあるので、様子を見てから更新を当てたいです。

 

Windows Server 2016のWindows Updateの自動更新は、Windows10と同じく「ローカルグループポリシーエディター」から無効化することができます。

自動更新を止めるだけなので、手動でのWindows Updateをすることは可能です。

手動でWindows Updateした場合は、自動で再起動されることがあるので実行は要注意です。

 

Windows Update の自動更新を無効化する

Windows Update の自動更新を無効化する手順
  • STEP 1/6
    「gpedit.msc」と入力する

    「gpedit.msc」と入力する

    タスクバーの検索フォームに「gpedit.msc」と入力します。

    「gpedit.msc」(Microsoft Common Console Document)が検索結果として表示されるので、クリックして起動します。

  • STEP 2/6
    ローカルグループポリシーエディターが起動する

    ローカルグループポリシーエディター

    「ローカルグループポリシーエディター」が起動します。

    左側のツリーから、 「コンピューターの構成 > 管理用テンプレート > Windowsコンポーネント > Windows Update」をクリックして選択します。

  • STEP 3/6
    「自動更新を構成する」を選択する

    「自動更新を構成する」を選択する

    「自動更新を構成する」を選択します。

  • STEP 4/6
    構成を編集する

    構成を編集する

    「自動更新を構成する」を右クリックして「編集」を選択します。

  • STEP 5/6
    無効化する

    無効化する

    「自動更新を構成する」の編集画面で、「無効」を選択して、「適用」・「OK」ボタンをクリックします。

  • STEP 6/6
    編集結果を確認する

    編集結果を確認する

    「自動更新を構成する」の状態が「無効」に変わっていれば設定完了です。

 

「Windows Server 2016」Windows Update の手動更新方法

自動でのWindows Updateを無効化したら、セキュリティのためにも定期的に手動での更新をしたほうが良いです。

更新後にWindows Serverの再起動が必要になるので、他の作業していない時間に余裕のあるタイミングでUpdateをしたほうが良いです。

Windows Server 2016のWindows Updateは通常のWindows 10などと同じ手順になります。

 

「Windows Server 2016」Windows Update の手動更新方法
  • STEP 1/7
    再起動用に不要なソフトを終了しておく

    起動しているソフトがある場合は、正常終了させたりデータの保存をしてからUpdate作業を始めます。

  • STEP 2/7
    スタートメニューの設定をクリックする

    スタートメニューから「設定」をクリックする

    Windows スタートメニューの「設定」をクリックします。

  • STEP 3/7
    「更新とセキュリティ」をクリックする

    「更新とセキュリティ」をクリックする

    設定画面の「更新とセキュリティ」をクリックします。

  • STEP 4/7
    「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックする

    「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックする

    左側メニューの「Windows Update」を選択して、「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックすると、更新プログラムのチェックとダウンロード・インストールが始まります。

  • STEP 5/7
    ダウンロードとインストールが自動で進みます

    ダウンロードとインストールが自動で進みます

    更新プログラムがあった場合はダウンロードとインストールが自動で進みます。

  • STEP 6/7
    再起動する

    再起動する

    更新内容のインストールが終わると「今すぐ再起動する」ボタンが表示されるので、よければクリックします。

    クリックして再起動しない場合は、次のアクティブ時間外に自動的に再起動されます。

    再起動後に正常に可動しない可能性もあり得るので、できればそのまま再起動するのがおすすめです。

  • STEP 7/7
    Windows Server 2016にログインする

    再起動が始まったら、再度リモートデスクトップ接続などでWindows Server 2016にログインできるか確認します。

    Windows Serverの起動前に更新処理が発生して、通常の再起動よりも時間がかかる場合があるので、接続できない場合は少し時間をおくとログインできます。

 

終わりに。Windows Update自動更新、無効化できますが手動は忘れずに。

Windows Updateの自動更新は、Windows Server 2016でも簡単に無効化できました。

これで意図しないタイミングで、Windows Updateによる再起動がかからないので安心です。

セキュリティ的にはよろしくないことなので、手動でのWindows Updateは定期的に実施したほうが安全です。

 

 

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました