Amazonで買ってよかったもの

【レビュー】CHOETECH Apple Watchを充電できるモバイルバッテリー

CHOETECH モバイルバッテリー レビュー

この記事ではApple Watchを充電ドックや外出時に充電できるCHOETECHチョーテックのモバイルバッテリーをレビューしました。
Watch以外にスマホへも充電できる大容量で、どこでも使えるので充電環境が快適になります。

Apple Watch6を買ってみたものの、付属していたApple純正の磁気チャージャーは少し使いにくく感じました。

Apple Watchは18時間しか持たないので、毎日の充電がかかせません。

まちゃ
まちゃ

手軽に充電したい!

 

毎日やることだからこそ、充電環境を整えることが快適な生活に直結します。

 

CHOETECH モバイルバッテリーは、Apple Watchを充電するのがかんたんな充電ドックとして使えます。

さらにバッテリー本体はドックから取り外すことができるので、どこでもWatchを充電できるところが便利です。

どこでもWatchを充電できる

 

モバイルバッテリー状態ではスマホなどのUSB機器へも充電することもできる、何役もこなせる多機能さです。

スマホなどのUSB機器へも充電

 

この記事では「【レビュー】CHOETECH Apple Watchを充電できるモバイルバッテリー」について紹介します。

 

 

スポンサーリンク

CHOETECH モバイルバッテリーの同梱物

CHOETECH モバイルバッテリーの同梱物

CHOETECH モバイルバッテリーには、以下の付属品が同梱されています。

  • USB充電ドック
  • 磁気チャージャー付きモバイルバッテリー本体
  • シリコン製フットパッド(2種)
  • 取り扱い説明書

 

モバイルバッテリー本体を挿すだけで、手軽に充電できるUSBドックが付属しています。

USBケーブルの長さは約100cmと充分な長さです。

USBケーブルの長さは約100cm

 

USBケーブルはドックに固定されているので、バラバラにすることはできない作りです。

USBケーブルはドックに固定されている

 

USB充電ドックの底は滑り止めなどがないのが少し残念でした。

滑り止めなどがない

 

 

スポンサーリンク

CHOETECH モバイルバッテリーの外観

CHOETECH モバイルバッテリーの外観

 

CHOETECH モバイルバッテリーの表面には、Apple Watch用の白い磁気チャージャーがあります。

Apple Watch用の白い磁気チャージャー

 

CHOETECH モバイルバッテリー本体の横側には、入力用のMicro USBポート出力用のUSB-Aポートが1つずつあります。

入力用のMicro USBポートと出力用のUSB-Aポート

 

USBポートの反対側にはスペックなどがプリントされています。

PSE認証マークもしっかり記載されています。

PSE認証マーク

 

本体の裏面には電源オン・オフボタンがあるシンプルな作りとなっています。

本体の裏面には電源オン・オフボタン

 

モバイルバッテリー本体はUSB充電ドックへ挿して使うこともできます。

USB充電ドックへ挿して使う

 

USB充電ドックを使って充電するときは、Apple Watch本体を傷つけないためのシリコンパッドがあるので安心です。

傷つけないためのシリコンパッド

 

大きさ

バッテリー本体の大きさは約12cmです。

バッテリー本体の大きさは約12cm

まちゃ
まちゃ

スマホくらいの大きさです

 

USB充電ドックの大きさは横幅が約7cmです。

横幅が約7cm

 

ドックの縦幅は約6.4cmです。

ドックの縦幅は約6.4cm

 

重さ

モバイルバッテリー本体の重さは約145gで、スマホくらいの重さです。

モバイルバッテリー本体の重さは約145g

 

 

スポンサーリンク

CHOETECH モバイルバッテリーの充電方法

CHOETECH モバイルバッテリーの充電方法

CHOETECH モバイルバッテリー充電ドックと持ち運びが便利なモバイルバッテリーの2種類の使い方ができます。

自宅と外でApple Watchへ充電するのに便利です。

バッテリー容量も5,000mAhと大容量で、Apple Watchへ6回、スマホへ1~2回フル充電できるタフさです。

 

本体への充電

CHOETECH モバイルバッテリー本体への充電方法は2種類あります。

1つ目は付属のUSB充電ドックへ挿して充電する方法です。

ズボッと挿すだけなので手軽なのがいいですね。

ズボッと挿すだけ

USB充電ドックのデメリットは、常に設置場所が必要なことと他のUSB機器に使えないことでしょうか。

 

もう1つの充電方法は本体の横側にあるMicro USBポートへケーブルを挿して充電する方法です。

他のUSB機器と共通化できて、スペースを必要としないのがメリットです。

Micro USBポートへケーブルを挿して充電する

 

Apple Watchへの充電

Apple Watchへの充電は、裏側の電源ボタンを押してバッテリー本体の白い部分にくっつける・置くだけです。

Apple Watchへの充電

まちゃ
まちゃ

6回ほどフル充電できます

 

USB充電ドックに挿した状態でもApple Watchへ充電できます。

挿した状態でもApple Watchへ充電できます

 

Micro USBケーブルを挿しながらも充電することができます。

Micro USBケーブルを挿しながらも充電

 

スマホへの充電

CHOETECH モバイルバッテリーはApple Watch以外のUSB機器へも充電ができます

もちろんスマホへの充電も可能なので、普通のモバイルバッテリーとしても活躍します。

スマホへの充電も可能

まちゃ
まちゃ

スマホへ1~2回フル充電可能です

 

 

バッテリー残量の確認方法

バッテリー残量の確認方法

CHOETECH モバイルバッテリー本体の電池残量は4つ並ぶLEDランプで確認できます。

LEDランプの点灯の仕方と、充電状態を一覧にすると、このようになります。

LEDの点灯の仕方電池残量
●●●1~25%
●●●●25~50%
●●●50~75%
●●●●75~100%

 

 

CHOETECH モバイルバッテリー レビューまとめ

CHOETECH モバイルバッテリー レビューまとめ

この記事では「【レビュー】CHOETECH Apple Watchを充電できるモバイルバッテリー」について紹介しました。

Apple WatchはQi充電ではなく、磁気チャージャーを使う必要があり充電場所を確保する必要があります

他の機器と共用できないので、設置スペースを節約できるCHOETECH モバイルバッテリーを買ってみました。

 

購入前は中国のメーカーということもあり、少し不安がありました。

しかしMicro USBを使えば他のUSB機器と同じケーブルを活用できるので、新しくケーブルを用意する必要もなく快適です。

Apple Watchを普段は家で充電して、たまに旅行などで外で充電したいときにおすすめの充電器&バッテリーです。

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事で紹介した充電器&バッテリー

スポンサーリンク

Amazonで安く買い物する方法

ガジェットなどをAmazonでお得に買い物するには、Amazonギフト券にあらかじめチャージしてから購入するのがおすすめです。

Amazonギフト券は現金でチャージするたびにポイントが 最大2.5% 貯まります。

1回のチャージ額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

現金派クレカを持てなくても、Amazonギフト券を活用するとお得です!

 
\ 最大2.5%のポイントバック /

現金なので安心
クレカ無くてもOK

Fire TV Stickを快適にする周辺機器
Fire TV Stickと一緒に買いたい物

Amazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスをどこでも楽しめるガジェット「Fire TV Stick」は最高のエンタメガジェットです。

テレビのHDMIポートに挿すだけで、サクサクと動画を観れる環境を作れます。

そんなFire TV Stickのアクセサリーを使って、さらに快適になったおすすめのアクセサリーを紹介します。

\ 今すぐチェック /
モバイルバッテリー
このページをシェアする
プロガジ

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました