購入して本当によかった、おすすめガジェット

【Anker PowerCore III Fusion 5000レビュー】バッテリーと充電器で防災対策

Anker PowerCore III Fusion 5000レビュー

この記事ではモバイルバッテリーとUSB充電器の二役をこなす「Anker PowerCore III Fusion 5000」をレビューしました。
前モデルと容量はほぼ同じですが、急速充電USB-Cに対応し災害時でもさらに使いやすくなっています。

「Anker PowerCore III Fusion 5000」は、USB充電器モバイルバッテリーの二役をこなす便利なガジェットです。

前モデルのAnker PowerCore Fusion 5000も、電源コンセントで充電しつつUSB機器への充電もできるので人気のモバイルバッテリーでした。

前モデルより急速充電できるようになりましたが、前モデルの方がコスパは良さそうです。

まちゃ
まちゃ

災害時にも便利なバッテリーです

 

家では電源コンセントに挿しっぱなしでUSB充電器として使い、屋外で使いたいときには外して持ち歩くといった使い方です。

家では電源コンセントに挿しっぱなし

 

普段からUSB充電器として使っていれば、常にフル充電されるので急に外で使うことになっても安心です。

昨年の災害で停電などの被害はなかったのですが、いつ電気が使えない状態になるか分からないので防災グッズとしてAnker PowerCore III Fusion 5000」を購入しました。

 

モバイルバッテリーとしても使えます。

モバイルバッテリーとしても使えます

Anker PowerCore III Fusion 5000の主な性能一覧
電池容量4,850mAh
充電できる回数スマホ1回フル充電
重さ180g
USBポート数2つ
本体カラーホワイト
目安の価格3,600円

 

 

スポンサーリンク

Anker PowerCore III Fusion 5000の同梱物

Anker PowerCore III Fusion 5000の同梱物

Anker PowerCore III Fusion 5000」には、以下の付属品が同梱されています。

  • モバイルバッテリー本体
  • トラベルポーチ
  • 取扱説明書

 

Anker PowerCore III Fusion 5000には、持ち運びに便利な肌触りの良いトラベルポーチが付属しています。

持ち運びに便利な肌触りの良いトラベルポーチが付属しています。

 

トラベルポーチはバッテリー本体が楽々入る大きめの口です。

バッテリー本体が楽々入る大きめの口です

 

トラベルポーチの大きさは十分で、長めのケーブルも収納しても余裕があります。

長めのケーブルも収納しても余裕があります

 

 

スポンサーリンク

Anker PowerCore III Fusion 5000の外観

Anker PowerCore III Fusion 5000」の前面には、急速充電に対応したUSB-CとUSB-Aポートが1つずつあります。

前面には、急速充電に対応したUSB-CとUSB-Aポートが1つずつあります。

 

ボタンには充電状態がわかるLEDがあります。

ボタンには充電状態がわかるLEDがあります。

 

ボタンは2回押すと、LEDが緑色に光り、低電流モードに変わります。

LEDが緑色に光り、低電流モードに変わります

まちゃ
まちゃ

小型電子機器への充電に最適なモード

 

 

Anker PowerCore III Fusion 5000本体の表面は、光沢のあるスベスベしたプラスチック製です。

光沢のあるスベスベしたプラスチック製です

まちゃ
まちゃ

ANKERのロゴがあります。

 

 

ロゴの反対側はまっさらで、シンプルなデザインです。

ロゴの反対側はまっさら

 

電源コンセントのプラグは、折りたたむことができるのでバッテリーとして持ち運びやすいです。

プラグは少し出っ張っているので、かんたんに使えるようにできます。

電源コンセントのプラグは、折りたたむことができる

 

底には品番やPSEマークなどが記載されています。

底には品番やPSEマークなどが記載

 

 

スポンサーリンク

充電状態

充電状態

Anker PowerCore III Fusion 5000」バッテリー本体の充電状態は、ボタンにあるLEDランプで判断できます。

白色に点灯するLEDランプの数が増えるほどフル充電になります。

本体の充電状態
LEDランプ充電量
●●●25%
●●●●50%
●●●70%
●●●●100%

 

 

重さと大きさ

Anker PowerCore III Fusion 5000」の重さは約180gで、少しズッシリする感じです。

重さは約180g

まちゃ
まちゃ

スマホより少し重いくらいです

 

Anker PowerCore III Fusion 5000の大きさは、横7.8cmくらいです。

大きさは、横7.8cmくらいです

 

縦は約7.2cmほどです。

縦は約7.2cmほどです。

 

本体の厚さは電源プラグも内蔵しているので、約3cmと少し厚めになっています。

本体の厚さは、約3cmと少し厚め

 

 

本体へ充電する方法

本体へ充電する方法

Anker PowerCore III Fusion 5000」のバッテリー本体へ充電する方法は、電源コンセントへ直に挿して充電する方法だけです。

前モデルのAnker PowerCore Fusion 5000はUSB-Cポートでも充電できましたが、このモデルはコンセントからのみ充電ができます。

 

 

充電される順番

充電される順番

Anker PowerCore III Fusion 5000」は本体のバッテリー残量が減っている状態で、電源コンセントとUSB機器の両方とも接続した場合はUSB機器への充電を優先します

接続しているデバイスへの充電が終わると、バッテリー本体への充電が開始されます。

本体への充電は約2時間40分ほどかかります。

 

災害時などの停電にも役立つ

災害時などの停電にも役立つ

ふだんからモバイルバッテリーを持ち歩くことがないという人でも、「Anker PowerCore III Fusion 5000」は災害時にも役立ちます。

USB充電器として使っていれば、地震や台風などで停電になってもモバイルバッテリーと安心して使えます。

急な停電でもフル充電されていて、いつでも使えるのは心強いです。

 

バッテリーの容量は4,850mAhで、スマホ1台を1回フル充電できるくらいです。

超大容量ではないですが、いざというときには助かる容量です。

 

ふだん使いもしやすい

ふだん使いもしやすい

普段からモバイルバッテリーを持ち歩くことが多くても「Anker PowerCore III Fusion 5000」は便利です。

家ではスマホの充電にUSB充電器として使って、出かけるときにコンセントから本体を抜きます。

そのままかばんに入れれば、バッテリーもスマホもフル充電された状態なので電池切れの心配が減ります。

 

Anker PowerCore III Fusion 5000 レビューまとめ

Anker PowerCore III Fusion 5000 レビューまとめ

Anker PowerCore III Fusion 5000は、家ではUSB充電器として使い、外ではモバイルバテリーとして使えばバッテリー本体への充電を忘れにくいのが良いです。

 

あまり外でモバイルバッテリーを使わなくても、いざというときにはいつでもフル充電で使えます。

最近は地震や台風、大雨などの災害で緊急避難や停電が目立ちます。

緊急事態にも強いモバイルバッテリーで災害に備えておきたいですよね。

前モデル Anker PowerCore Fusion 5000 より急速充電に対応していますが、バッテリー容量は同じくらいなので、前モデルの方がコスパが良いかもしれません。

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事で紹介したモバイルバッテリー

 

スポンサーリンク

Amazonで安く買い物する方法

ガジェットなどをAmazonでお得に買い物するには、Amazonギフト券にあらかじめチャージしてから購入するのがおすすめです。

Amazonギフト券は現金でチャージするたびにポイントが 最大2.5% 貯まります。

1回のチャージ額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

現金派クレカを持てなくても、Amazonギフト券を活用するとお得です!

 
\ 最大2.5%のポイントバック /

現金なので安心
クレカ無くてもOK

おすすめ完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンにはノイズキャンセリング機能を搭載したハイスペックなイヤホンから、コスパの良いイヤホンまで色んな種類がそろっています。

様々なイヤホンをレビューしてきた中から、おすすめの完全ワイヤレスイヤホンを紹介します。

\ 今すぐチェック /
モバイルバッテリー
このページをシェアする
プロガジ

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました