【Anker PowerCore 10000 PD Redux レビュー】2回フル充電できる小型で軽量なモバイルバッテリー

Anker PowerCore 10000 PD Redux レビュー

休日にライブやイベント、友だちと遊びに出かけるとスマホのバッテリー切れが不安です。

 

バッテリー残量が不安になりそうなら、モバイルバッテリーを持ち歩くのが簡単な解決方法です。

バッテリーを持ち歩くなら、できる限り小さくて軽くてパワフルなバッテリーを選びたいですよね。

 

そんな条件にぴったりなのが、Anker PowerCore 10000 PD Redux です。

PowerCore 10000 PD Redux は手で握れるくらいの小ささで、スマホへ2回もフル充電できるパワフルさの大容量モバイルバッテリーです。

まちゃ
まちゃ

充電スピードも速いです

 

販売はバッテリーで定評と人気のある Anker なので品質も安心です。

バッテリーが突然、発火・爆発する可能性はかなり低いと思います。

まちゃ
まちゃ

安全性の高いAnker製です

 

この記事では「【Anker PowerCore 10000 PD Redux レビュー】2回フル充電できる小型で軽量なモバイルバッテリー」について書きます。

 

PowerCore 10000 PD Redux には、このような主な特長があるモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore 10000 PD Reduxの特長
  • 小型
  • 軽量
  • スマホに2回フル充電できる
  • フルスピード充電対応
  • USB-AとUSB-Cで充電できる

 

スポンサーリンク

Anker PowerCore 10000 PD Reduxのバッテリー性能

PowerCore 10000 PD Redux は、最近のスマホへ約2回ほどフル充電できるバッテリー容量です。

iPadなどのタブレット端末なら1回フル充電が可能です。

  • スマホ:2回フル充電
  • タブレット:1回フル充電

外で音楽を聴いたりゲームをしたりしても、バッテリー残量をあまり気にしないですみます。

 

バッテリーの容量だけでなく、PD(Power Delivery)に対応していて、スマホへのフルスピード充電ができます。

iPhone XSなら30分ほどで50%充電されるので、充電ケーブルを接続している時間も短くてすみます。

 

USBポートはUSB-AとUSB-Cの2つに対応しているので、手持ちのケーブルで気軽に充電できるのも良いところです。

まちゃ
まちゃ

ケーブルを買う必要もないです

本体への充電時間は3.5時間

PowerCore 10000 PD Redux本体へのフル充電時間は、約3.5時間ほどかかります。

バッテリー容量が10,000mAhと大容量なので時間はかかりますが、本体へのフルスピード充電に対応しているので他のバッテリーよりも早いです。

本体への充電時間は3.5時間

 

バッテリーへの充電中は、ボタンにある4つのLEDの点灯でどれくらい充電されているかが分かります。

充電が完了するとLEDランプは消灯します。

充電が完了するとLEDランプは消灯します。

 

Anker PowerCore 10000 PD Redux の同梱物

Anker PowerCore 10000 PD Redux の同梱物

Anker PowerCore 10000 PD Reduxには、以下の付属品が同梱しています。

  • PowerCore 10000 PD Redux本体
  • トラベルポーチ
  • USB-C & USB-Cケーブル(90cm)
  • 取扱説明書

 

長さが約90cmのUSB-C & USB-Cケーブルが、1本付属しています。

約90cmのUSB-C & USB-Cケーブルが、1本付属

最近のAndroidスマホなら、これだけで充電できます。

 

持ち運びに便利な、メッシュのトラベルポーチも付属しています。

本体とUSBケーブルを一緒に入れられます。

メッシュのトラベルポーチも付属しています。

 

閉められるので、カバンの中でバッテリー本体とケーブルが迷子になることも無いです

バッテリー本体とケーブルが迷子になることも無さそうです

まちゃ
まちゃ

持ち運びがさらに便利になります

 

Anker PowerCore 10000 PD Reduxの外観

表面はちょっとざらざらした質感で、Ankerロゴとボタンがあります。

表面はちょっとざらざらした質感

Anker PowerCore 10000 PD Reduxの裏面はスベスベしています。

PowerCore 10000 PD Reduxの裏面はスベスベしています。

USB-AとUSB-Cの2種類のケーブルで充電が可能です。

手持ちのケーブルで充電に使えるので、新たにケーブルを買い換える必要も無さそうです。

USB-AとUSB-Cの2種類のケーブルで充電が可能

モバイルバッテリー本体の大きさ

バッテリー本体の大きさは、横10cm、縦5cm、厚さ2.5cmと商品の説明通り小さかったです。

バッテリー本体の大きさは、横10cm、縦5cm、厚さ2.5cm

 

手で握れるほどの小ささです。

手で握れるほどの小ささです。

スマホより小さいです。

スマホより小さいです。

 

バッテリー残量が確認できます

ボタンを押すと、4つのLEDランプでバッテリーの残りの容量を確認できます。

4つのLEDランプでバッテリーの残りの容量を確認できます

 

点灯しているLED充電状態
1つ点灯25%
2つ点灯50%
3つ点灯75%
4つ点灯100%

 

Anker PowerCore 10000 PD Reduxの重さ

PowerCore 10000 PD Redux重さは約194gでした。

10000mAhの大容量でフルスピード充電対応のモバイルバッテリーなのに、この重さはかなり軽いです。

PowerCore 10000 PD Reduxの重さは約194g

実際に手に持つと、スマホよりちょっと重いかなくらいの感じでした。

 

Anker PowerCore 10000 PD Redux レビューまとめ。

この記事では「【Anker PowerCore 10000 PD Redux レビュー】2回フル充電できる小型で軽量なモバイルバッテリー」について書きました。

 

PowerCore 10000 PD Redux小型&軽量で、スマホを2回もフル充電できるパワフルなモバイルバッテリーです。

Twitterやインスタなどを見たり、少しゲームをやるくらいなら安心してスマホを使っていられます。

 

付属のトラベルポーチも便利ですし、カバンの中をスッキリさせたいなら、おすすめの大容量モバイルバッテリーです。

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

この記事で紹介したモバイルバッテリー

 

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました