PhpStorm でPHPのページを表示する(Windows環境)

PhpStorm には ビルトイン webサーバーという機能があり、XAMPP などでローカル環境にサーバー環境を作らなくても動作確認ができる。ただ、PHPはちょっと設定などが必要。

 

PHPファイル編集画面の右上に出てくるブラウザアイコンから、ブラウザを立ち上げると、「502 Bad Gateway」で開けないのでPHPを表示できるように対応する。

ブラウザでの表示

PHPファイル編集画面の右上に出てくるブラウザアイコンから、ブラウザを立ち上げると、「502 Bad Gateway」と表示される。

 

表示メッセージ

PhpStorm の画面で 「PHP Interpreter is not configured」 と言われるので PHP Interpreter を設定する。メッセージの 「configure PHP Interpreter」のリンクを開くか設定画面から設定できる。

 

 

設定画面

Lnguages & Frameworks > PHP

CLI インタープリター の右側の「…」をクリックする

 

 

左上の「+」をクリックして、PHP 実行ファイルを指定する。名前とPHP実行ファイルを指定してOKボタンを押す。

 

設定画面に戻り、先程作成したCLI インタープリターを設定して適用・OKボタンを押す。

 

結果

もう一度ブラウザアイコンから立ち上げるとPHP処理も実行されて表示される。

 

コメント