PhpStormでコーディングで使用しないディレクトリを除外してパフォーマンスを改善する

コーディングでは使用しない画像やDBのDDLやダンプデータが格納されたディレクトリをPhpStorm から除外してパフォーマンスを改善する方法。

PhpStormは検索の速度を速めるためにIndexingという処理をしている。

このIndexing処理の対象ファイルは基本的に、PhpStormのプロジェクト内に含まれているファイル全てに対して行われるので画像やSQLファイル、テキストファイルも含まれる。

これらのファイルが少ないうちは問題無いが、増えてくるとIndexingの時間はかかるし、検索も余計なファイルがヒットするので作業効率も下がる。

これを除外すればかなり快適になる。

除外の仕方

除外の方法は大きく分けて2つある。

プロジェクトファイル一覧から設定する

まず、プロジェクトファイル一覧からディレクトリを右クリックして

Mark Directory as > Excluded を選択する。

f:id:masa795:20180410231248p:plain

ディレクトリを除外するとオレンジ色に変わる。

f:id:masa795:20180410231351p:plain

 

設定画面から指定する

もう1つの方法は、設定画面から。

Directoies で除外したいディレクトリ右クリックしてExcludedを選択する。

対象が多いときは設定画面から作業やった方が楽そう。

f:id:masa795:20180410232135p:plain

日本語化している場合

ディレクトリーをマーク > 除外

f:id:masa795:20180410232359p:plain

f:id:masa795:20180410232433p:plain

 

試したver:PhpStorm2017.3

コメント

タイトルとURLをコピーしました