長時間再生の完全ワイヤレスイヤホン

【2021】完全ワイヤレスイヤホン単体で長時間の連続再生ができるモデル

長時間連続再生できる完全ワイヤレスイヤホンまとめ

2019~2021年では、今まで完全ワイヤレスイヤホンの弱点であった、連続再生時間が改善したイヤホンが増えています。

イヤホンに内蔵されているチップの最新技術のおかげで、省電力性能や接続の安定性も強化されています。

その結果、10時間を超える長時間の連続再生ができる完全ワイヤレスイヤホンが登場してきています。

まちゃ
まちゃ

音質も電池性能も上がってます!

 

2020年、2021年はさらに音質や単体での長時間再生時間などが良くなり、ガジェットとしての魅力も増えました。

ノイキャンやaptXコーデックを使用すると少し短くなるなど、条件はありますがほぼ1日中音楽を楽しめる環境ができつつあります。

 

この記事では、イヤホン単体で10時間以上の長時間な連続再生ができる完全ワイヤレスイヤホンを紹介します。

 

この記事で紹介する長時間の連続再生できる完全ワイヤレスイヤホン

 

長時間の連続再生できる完全ワイヤレスイヤホン一覧
メーカー/モデル単体 再生時間ケースと併用
AVIOT
TE-D01t
18時間60時間
JVC
HA-XC90T
15時間45時間
audio-technica
ATH-CKS5TW
15時間45時間
SONY
WF-SP800N
13時間26時間
SONY
WF-1000XM4
12時間24時間
AVIOT
TE-D01q
11時間33時間
M-SOUNDS
MS-TW11
11時間30時間
AVIOT
TE-D01d mk2-TQ
11時間120時間
AVIOT
TE-D01gv-na
11時間50時間
AVIOT
TE-D01gv-gko
11時間50時間
AVIOT
TE-D01gv
11時間50時間
Samsung
Galaxy Buds+
11時間22時間
AVIOT
TE-D01d mk2
11時間120時間
NUARL
N6 Pro
11時間55時間
NUARL
N6
11時間55時間
AVIOT
TE-D01m-ela
10時間50時間
Anker
Soundcore Liberty Neo 2
10時間40時間
AVIOT
TE-D01m
10時間50時間
オウルテック
SAMU-SE04S
10時間60時間
AVIOT
TE-D01g-ybt
10時間50時間
cheero
CHE-627
10時間180時間
NUARL
NT01A
10時間35時間
JBL
REFLECT FLOW
10時間30時間
M-SOUNDS
MS-TW3
10時間60時間
MAVIN
Air-XR
10時間30時間
AVIOT
TE-D01g
10時間50時間

 

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人:まちゃ
ガジェット好き 自作PC歴20年超え スマホゲームのエンジニア アニメ・ゲーム好き

単体で18時間の長時間連続再生ができる完全ワイヤレスイヤホン

イヤホン単体で18時間も連続再生ができる完全ワイヤレスイヤホンが、日本メーカーのAVIOTから発売されています。

18時間は現状では最強の超・長時間再生の性能です。

 

 

欲張り性能な「AVIOT TE-D01t」

AVIOT TE-D01t レビュー

メーカーAVIOT
型番TE-D01t
連続再生(イヤホン)18時間
連続再生(ケース含)60時間
充電端子USB-C
操作方法タッチ
外音取り込み対応
ワイヤレス充電対応
イヤホンの重さ7.8g
Bluetooth5.2
対応コーデックSBC / AAC
防水規格IPX4
発売時期2021年6月
参考価格11,000円

 

AVIOT TE-D01t は、18時間の超長時間再生ができるイヤホンながら、全部入りの完全ワイヤレスイヤホンとなっています。

TE-D01t の主な特長
  • ノイキャン
  • 外音取り込み機能
  • ゲーミングモード(低遅延)
  • 防水対応
  • タッチセンサー操作
  • アプリでカスタマイズ可能
  • 対応コーデック:SBC、AAC
  • イヤホン単体で18時間連続再生
  • ケース込みで60時間再生
  • ワイヤレス充電
  • 急速充電
  • 紛失防止機能
  • 1.1万円

 

ノイキャンやワイヤレス充電といった最先端技術をたくさん搭載していながら、1.1万円という安さが特に魅力的です。

 

イヤホン単体で18時間再生可能なので、ケースを持ち歩く必要もないのが嬉しいです。

イヤホン単体で18時間再生可能

まちゃ
まちゃ

外での充電は必要ないかも

 

 

長時間の再生もできますが、電池切れしてしまった場合は、急速充電にも対応しているのでいざというときも安心です。

急速充電に対応

 

音質は低音・高音にクセがない感じで、音量を大きくして音楽を楽しみたくなる良い音質でした。

全部入りで音質も良い完全ワイヤレスイヤホン

 

面倒な充電作業はワイヤレス充電に対応しているため、置くだけですむので毎日の充電も快適になります。

便利なワイヤレス充電に対応

 

注目のノイズキャンセリング機能も搭載していますが、SONY WF-1000XM4 ほど性能は高くないので過度な期待はしないほうが良いです。

それでも安くて全部入りの完全ワイヤレスイヤホンを探しているなら、おすすめのイヤホンです。

まちゃ
まちゃ

快適な全部入り!

 

 

「AVIOT TE-D01t」の詳細なレビューはこちら

 

スポンサーリンク

単体で15時間の長時間連続再生ができる完全ワイヤレスイヤホン

イヤホン単体で15時間も連続再生ができる完全ワイヤレスイヤホンが、オーディオテクニカから発売されています。

15時間は現状では最高クラスの超・長時間再生の性能です。

 

アウトドア向き「JVC HA-XC90T」

アウトドア向き「JVC HA-XC90T」

メーカーJVC
型番HA-XC90T
連続再生(イヤホン)15時間
連続再生(ケース含)45時間
充電端子USB-C
イヤホンの重さ10.3g
Bluetooth5.0
対応コーデックSBC / aptX / AAC
防水規格IPX5
発売時期2020年8月
価格帯21,000円

JVCケンウッドの「HA-XC90T」は、連続再生が15時間のタフさで、音質は重低音重視の完全ワイヤレスイヤホンです。

音質は重低音重視の完全ワイヤレスイヤホンです

 

充電ケースは頑丈なアルミボディで、カラビナなどが付けられるリングが付属していて、かばんなどで持ち歩きやすい作りです。

充電ケースは頑丈なアルミボディ

 

充電ケースは少し大きめですが、リング付きなので持ち運びしやすい機能があります。

充電ケースは少し大きめです

 

イヤホンの重さは約10gで、他と比べてちょっと重めですが慣れれば気にならないです。

イヤホンの重さは約10g

 

充電ケースはアルミニウム製なので、約134gと少し重めです。

約134gと少し重め

 

 

「JVC HA-XC90T」の詳細なレビューはこちら

 

重低音が得意「audio-technica ATH-CKS5TW」

audio-technica ATH-CKS5TW

メーカーaudio-technica
型番ATH-CKS5TW
連続再生(イヤホン)15時間
連続再生(ケース含)45時間
充電端子USB-C
イヤホンの重さ8g
Bluetooth5.0
対応コーデックSBC / aptX / AAC
防水規格IPX2
発売時期2019年7月
価格帯16,000円

audio-technicaオーディオテクニカ「ATH-CKS5TW」は、イヤホン単体で15時間も連続再生ができる超・長時間再生の完全ワイヤレスイヤホンです。

現状では、最高クラスの再生時間となっています。

音質は重低音が得意で、防水規格IPX2の防水性能です。

オーディオテクニカは日本の音響機器メーカーなので、怪しい中華製のイヤホンに比べて安心感があります。

ATH-CKS5TWには、限定生産のコラボモデル「ATH-CKS5TW LTD」も発売されています。

 

イヤホンの重さは7.8gで、他と比べてちょっと重めですが慣れれば気にならない差です。

イヤホンの重さは7.8gです

 

充電ケースとあわせた重さは74gほどです。

充電ケースとあわせた重さは74gほどです。

 

充電ケースはポケットには少し大きめですが、カバンには楽々と収納ができるサイズ感となっています。

充電ケースはポケットには少し大きめです

 

充電ケースへの充電はUSB-Cケーブルでできるので、Androidと共通のケーブルを使うことができます。

充電ケースへの充電はUSB-Cケーブルでできる

「ATH-CKS5TW」の詳細なレビューはこちら

 

スポンサーリンク

単体で13時間の長時間連続再生ができる完全ワイヤレスイヤホン

イヤホン単体で13時間の連続再生ができる完全ワイヤレスイヤホンは、ソニーから発売されています。

ソニーは音質も優秀なので、長時間再生も可能なのは鬼に金棒といった感じです。

 

ノイキャン&防水「SONY WF-SP800N」

ノイキャン&防水「SONY WF-SP800N」

メーカーSONY
型番WF-SP800N
連続再生(イヤホン)13時間
連続再生(ケース含)26時間
充電端子USB-C
イヤホンの重さ9.4g
Bluetooth5.0
対応コーデックSBC / AAC
防水規格IPX5
発売時期2020年6月
価格帯25,000円

 

「SONY WF-SP800N」はイヤホン単体で、最大13時間も連続再生ができるノイキャン搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。

ノイキャンをONにした状態だと9時間と少し短めになりますが、それでも長時間再生が可能となっています。

最大13時間も連続再生ができるノイキャン搭載の完全ワイヤレスイヤホンです

 

音質は重低音を重視していて、WF-1000XM3には劣るものの高音質なワイヤレスイヤホンです。

またイヤホンは防水規格IPX5に対応しているので、小雨や汗などの水でも使えるスポーツモデルとなっています。

イヤホンは防水規格IPX5に対応している

 

イヤホンの重さは9.4gで、他と比べてちょっと重めですが慣れれば気にならないです。

イヤホンの重さは9.4g

 

タッチしてる間だけ音が小さくなるクイックアテンションモードも便利な機能となっています。

タッチしてる間だけ音が小さくなるクイックアテンションモード

 

充電ケースは少し膨らみますが、ポケットにギリギリ入るくらいの大きさです。

充電ケースは少し膨らみますが、ポケットにギリギリ入る

 

「SONY WF-SP800N」の詳細なレビューはこちら

 

単体で11時間の長時間連続再生ができる完全ワイヤレスイヤホン

メーカーの公称値ですが、イヤホン単体で11時間もの長時間な連続再生できるモデルが日本メーカーのAVIOTから発売されています。

 

1万円以下「AVIOT TE-D01gv」

メーカーAVIOT
型番TE-D01gv
連続再生(イヤホン)11時間
連続再生(ケース含)50時間
充電端子USB-C
操作方法ボタン
ワイヤレス充電非対応
イヤホンの重さ4.7g
Bluetooth5.2
対応コーデックSBC / AAC / aptX
防水規格IPX7
発売時期2020年7月
参考価格9,000円

 

 

AVIOT TE-D01gv は TE-D01g の後継モデルで、音質や再生時間などが向上し、さらに高コスパなイヤホンになりました。

AVIOT TE-D01gv は TE-D01g の後継モデル

 

価格は1万円を切る安さで、Bluetooth 5.2aptX Adaptiveなど新しい技術も採用して、音質以外の性能も向上しています。

連続で最大11時間も再生できるので、外で1日使うこともできるバッテリー性能です。

AVIOT TE-D01gvの音質と操作

 

「AVIOT TE-D01gv」は4cmくらいの立方体で、手のひらに乗るコンパクトさです。

ポケットに入れるにはキツそうですが、カバンには収納しやすい形です。

AVIOT TE-D01gv の大きさと重さ

 

AVIOT TE-D01gvのイヤホンの重さは片耳1つだけでは 約4.7g で、両耳あわせると 約9.4g になります。

イヤホンの重さは片耳1つだけでは 約4.7g

 

「AVIOT TE-D01gv」の詳細なレビューはこちら

 

コラボモデル「AVIOT TE-D01gv-na」

メーカーAVIOT
型番TE-D01gv-na
連続再生(イヤホン)11時間
連続再生(ケース含)50時間
充電端子USB-C
操作方法ボタン
ワイヤレス充電非対応
イヤホンの重さ4.7g
Bluetooth5.2
対応コーデックSBC / AAC / aptX
防水規格IPX7
発売時期2020年9月
参考価格11,000円

 

「AVIOT TE-D01gv-na」は「AVIOT TE-D01gv」の「錦戸亮&赤西仁」とのコラボレーションモデルです。

 

 

コラボモデル「AVIOT TE-D01gv-gko」

メーカーAVIOT
型番TE-D01gv-gko
連続再生(イヤホン)11時間
連続再生(ケース含)50時間
充電端子USB-C
操作方法ボタン
ワイヤレス充電非対応
イヤホンの重さ4.7g
Bluetooth5.2
対応コーデックSBC / AAC / aptX
防水規格IPX7
発売時期2020年7月
参考価格11,000円

 

「AVIOT TE-D01gv-gko」は「AVIOT TE-D01gv」の「ゲスの極み乙女。」とのコラボレーションモデルです。

 

 

「M-SOUNDS MS-TW11」

メーカーM-SOUNDS
型番MS-TW11
連続再生(イヤホン)11時間
連続再生(ケース含)30時間
充電端子USB-C
操作方法ボタン
ワイヤレス充電非対応
イヤホンの重さ5g
Bluetooth5.1
対応コーデックSBC / AAC / aptX
防水規格IPX4
発売時期2021年2月
参考価格7,000円

 

 

M-SOUNDS MS-TW11」は、11時間の連続再生ができ、ポケットに入れて持ち歩ける小型な完全ワイヤレスイヤホンです。

音質は中々で低音が少し強めになっていて、価格は約7千円ほどとコスパも良いです。

 

M-SOUNDS MS-TW11 は、以下のような特長を持った完全ワイヤレスイヤホンです。

  • イヤホン単体で11時間連続再生
  • ケース込みで30時間再生
  • イヤーピースがロングとショートの2種
  • 防水対応
  • ボタン操作
  • 対応コーデック:SBC、AAC、aptX
  • コンパクトなケース
  • USB-Cケーブルで充電
  • あんしん補償サービスあり

 

イヤーピースはロングとショートの2つのタイプがあり、紛失や破損などのもしものために「あんしん補償サービス」があるのも特長的です。

 

「M-SOUNDS MS-TW11」の詳細なレビューはこちら

 

 

独自の高音質コーデック対応「Samsung Galaxy Buds+」

メーカーSamsung
型番Galaxy Buds+
連続再生(イヤホン)11時間
連続再生(ケース含)22時間
充電端子不明
イヤホンの重さ6.3g
Bluetooth5.0
対応コーデックSBC / AAC / Scalable Codec
防水規格不明
発売時期2020年3月
価格帯16,000円

スマホのGalaxy S20シリーズと同時に発表されたサムスンの完全ワイヤレスイヤホンです。

サムスンのデバイスと相性が良いイヤホンに仕上がっているようです。

イヤホン単体で11時間の長時間連続再生が特徴的です。

高音質のコーデックがaptXには対応していませんが、サムスン独自の「Scalable Codec」に対応しているのでGalaxyなどと一緒に使うと高音質なサウンドが楽しめると思います。

SONYやAirPods Proのようなノイズキャンセリング機能は搭載していませんが、ワイヤレス充電には対応しています。

充電ケースとあわせた再生時間が22時間と、少し短めなのが残念です。

 

 

タッチ式ボタンで長時間再生できる「AVIOT TE-D01d mk2」

AVIOT TE-D01d mk2 の外観

メーカーAVIOT
型番TE-D01d mk2
連続再生(イヤホン)11時間
連続再生(ケース含)120時間
充電端子USB-C
イヤホンの重さ6.8g
Bluetooth5.0
対応コーデックSBC / aptX / AAC
防水規格IPX5
発売時期2019年12月
価格帯12,000円

AVIOT TE-D01d mk2は、イヤホン単体で11時間も連続再生が可能な完全ワイヤレスイヤホンです。

充電ケースとあわせると120時間も使うことができるので、長時間音楽を楽しみたいなら魅力的です。

AVIOT TE-D01d mk2 は1度に11時間連続再生できる

 

イヤホン単体での連続再生時間も長いですが、充電ケースとあわせた合計での再生時間も120時間とかなりの長時間再生ができます。

ちょっとした旅行や出張なら充電を気にせずに使えるイヤホンです。

AVIOT TE-D01d mk2 の外観

 

AVIOT TE-D01d mk2の充電ケースは、ワイヤレス充電(Qi)に対応しています

置くだけなので、毎日使うなら、より快適です。

充電環境も優秀になりました

価格は1万2千円とちょい高めですが「TE-D01d mk2」の、以下の点がおすすめポイントです。

  • タッチセンサー
  • 充電環境
  • 音質
  • 再生時間
  • カスタマイズ性

 

 

>> 「AVIOT TE-D01d mk2」の詳細なレビューはこちら

 

 

コラボモデル「AVIOT TE-D01d mk2-TQ」

メーカーAVIOT
型番TE-D01d mk2-TQ
連続再生(イヤホン)11時間
連続再生(ケース含)120時間
充電端子USB-C
操作方法両方
ワイヤレス充電対応
イヤホンの重さ6.8g
Bluetooth5.0
対応コーデックSBC / AAC / aptX
防水規格IPX5
発売時期2020年10月
参考価格13,000円

 

AVIOT TE-D01d mk2の「石野卓球」さんとのコラボモデルです。

 

 

N6シリーズ最高レベル「NUARL N6 Pro」

メーカーNUARL
型番N6 Pro
連続再生(イヤホン)11時間
連続再生(ケース含)55時間
充電端子USB-C
イヤホンの重さ7g
Bluetooth5.0
対応コーデックSBC / aptX / AAC
防水規格IPX4
発売時期2019年12月
価格帯19,800円

「NUARL N6 Pro」はNUARL N6シリーズの最高レベルの完全ワイヤレスイヤホンです。

最高レベルだけあってイヤホンは高級感があります。

イヤホン単体で11時間の連続再生ができて、ケースとあわせると最大55時間音楽を楽しむことができます。

 

NUARL N6 Proは他には、このような特徴を持っている完全ワイヤレスイヤホンです。

  • イヤホンの片側だけで操作できる
  • 11時間も連続で音楽を楽しめる
  • ケースと合わせると55時間使える
  • USB-Cで充電できる
  • 防水規格IPX4に対応
  • ボタン操作で耳が痛くならない

 

1つのイヤホンにつきボタンがサイドに3つあるので、確実に操作ができてイヤホンの片方だけでも操作が可能です。

ボタンが3つあるので、確実に操作ができて片側だけでも操作が可能です。

 

イヤホンがケースの土台から少し飛び出ているので、ケースからイヤホンを取り出しやすい作りです。

ケースからイヤホンを取り出しやすい作りです。

 

充電ケースの裏側にUSB-C端子があるので、汎用性の高いUSB-Cケーブルを使って充電することができます。

汎用性の高いUSB-Cケーブルを使って充電することができます。

 

「NUARL N6 Pro」の詳細なレビューはこちら

 

単体で10時間の長時間連続再生ができる完全ワイヤレスイヤホン

2019年になってからイヤホン単体で10時間という、今までであれば長時間な連続再生ができる完全ワイヤレスイヤホンが続々と発売されています。

AVIOTアビオットは日本のメーカーでもあるので、音質も日本人にあったチューニングがされています。

 

5千円で買える「Anker Soundcore Liberty Neo 2」

5千円で買える「Anker Soundcore Liberty Neo 2」

メーカーAnker
型番Soundcore Liberty Neo 2
連続再生(イヤホン)10時間
連続再生(ケース含)40時間
充電端子USB-C
操作方法ボタン
ワイヤレス充電対応
イヤホンの重さ6.1g
Bluetooth5.2
対応コーデックSBC / AAC
防水規格IPX7
発売時期2021年5月
参考価格5,000円

 

コスパの良いガジェットが多いAnkerですが、10時間を超える長時間再生ができる完全ワイヤレスイヤホンは少ないです。

Soundcore Liberty Neo 2は10時間の長時間再生ができ、ワイヤレス充電にも対応している日常生活でも使いやすいイヤホンです。

ワイヤレス充電にも対応している

 

Anker Soundcore Liberty Neo 2」は、以下のような特長を持った完全ワイヤレスイヤホンです。

  • 5千円で買える
  • ワイヤレス充電対応
  • ボタン操作カスタマイズ可能
  • 音質のカスタマイズ可能
  • 単体で10時間再生できる
  • 防水対応
  • 急速充電可能
  • USB-Cケーブルで充電可能

 

ノイズキャンセリング機能は搭載していませんが、この価格で長時間再生でQi充電・カスタマイズ性の高いイヤホンも少ないです。

コスパ重視なら選択肢に入れたい完全ワイヤレスイヤホンとなっています。

コスパ重視

 

「Anker Soundcore Liberty Neo 2」の詳細なレビューはこちら

 

ノイキャン搭載「AVIOT TE-D01m」

AVIOT TE-D01m レビュー

メーカーAVIOT
型番TE-D01m
連続再生(イヤホン)10時間
連続再生(ケース含)50時間
充電端子USB-C
操作方法タッチ
ワイヤレス充電不明
イヤホンの重さ6.7g
Bluetooth5.2
対応コーデックSBC / AAC / aptX / aptX Adaptive
防水規格IPX4
発売時期2020年11月
参考価格12,000円

 

音質は低域が少し抑えられていて、クセのない自然な感じでした。

機能面ではイヤホン単体で10時間の長時間再生ができ、防水ノイキャン外音取り込み機能も搭載している高性能となっています。

イヤホン単体で10時間の長時間再生

 

AVIOT TE-D01m」は、以下のような特長を持った完全ワイヤレスイヤホンです。

  • 長時間(10時間)再生
  • ケース込みで50時間再生
  • ノイキャン搭載
  • 周囲の音を聞きやすくする機能
  • USB-Cケーブルで充電
  • 自然な音質
  • タッチセンサー操作
  • 防水対応
  • 1万円台前半
  • カラーリングは全5色
  • 対応コーデック:SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
  • Bluetooth version:5.2

 

「AVIOT TE-D01m」は 5 × 3.5 × 4.5 cmくらいの直方体で、手のひらに乗るコンパクトさです。

AVIOT TE-D01m の大きさと重さ

 

 

「AVIOT TE-D01m」の詳細なレビューはこちら

 

USB-Cで充電できる「AVIOT TE-D01g」

メーカーAVIOT
型番TE-D01g
連続再生(イヤホン)10時間
連続再生(ケース含)50時間
充電端子USB-C
イヤホンの重さ4.6g
Bluetooth5.0
対応コーデックSBC / aptX / AAC
防水規格IPX7
発売時期2019年4月
価格帯9,000円

AVIOT TE-D01gは、国内オーディオメーカーブランドのAVIOTアビオットから発売されている防水性能が高い完全ワイヤレスイヤホンです。

Qualcomm社の最新技術が使われたチップQCC3020を採用して、途中に充電せず10時間もの長時間連続再生ができます。

実際に音楽を聴いて試したところ、8時間30分くらいまでは連続再生できることを確認できました。

イヤホンはIPX7の防水性能なので、少しの間なら水の中に入れても大丈夫な防水規格です。

充電ケースへの充電はUSB Type-Cケーブルで充電できます。

USB Type-Cケーブルで充電できます

Micro USBケーブルで充電する完全ワイヤレスイヤホンが多いです。

AVIOT TE-D01gは最近のAndroidスマホと同じUSB-Cケーブルで充電できるのでケーブルの種類を減らすことができます。

 

イヤホン本体のLEDランプは小さいので、目立たなくて良いです。

LEDランプは小さい

 

AVIOT TE-D01gの操作はボタン式で、次の曲・前の曲への移動や音量の調整もイヤホンからできるのが便利です。

音量の調整もイヤホンからできる

AVIOTアビオットは国内のメーカーでもあるので、音質を日本人好みにチューニングしているおかげか最近、注目されつつあるメーカーです。

 

「AVIOT TE-D01g」の詳細なレビューはこちら

 

コラボモデル「AVIOT TE-D01g-ybt」

メーカーAVIOT
型番TE-D01g-ybt
連続再生(イヤホン)10時間
連続再生(ケース含)50時間
充電端子USB-C
操作方法ボタン
ワイヤレス充電非対応
イヤホンの重さ4.6g
Bluetooth5.0
対応コーデックSBC / AAC / aptX
防水規格IPX7
発売時期2020年10月
参考価格8,000円

 

「AVIOT TE-D01g」の「ヤバイTシャツ屋さん」とのコラボモデルです。

 

 

「オウルテック SAMU-SE04S」

メーカーオウルテック
型番SAMU-SE04S
連続再生(イヤホン)10時間
連続再生(ケース含)60時間
充電端子USB-C
操作方法不明
ワイヤレス充電非対応
イヤホンの重さ4.8g
Bluetooth5.0
対応コーデックSBC / AAC / aptX
防水規格IPX7
発売時期2020年10月
参考価格9,800円

 

OWL-SAMU-SE04S は、イヤホン単体で1度に連続で10時間使うことができます。

専用の充電ケースとあわせて使うことで最大60時間の使用ができるので、3~4日くらいなら充電無しで使えそうです。

イヤホン単体で1度に連続で10時間

 

充電ケースは生地っぽいファブリック調の素材で質感がよく、ストラップホールがあるのが特長的です。

 

カラーリングは全部で4種類あり、どれもおしゃれでかわいい感じです。

カラーリングは全部で4種類

 

充電ケースは丸っこくて手で握れるくらいの大きさで、ポケットに入れるには少し大きいくらいのサイズです。

オウルテック OWL-SAMU-SE04S の大きさと重さ

 

イヤホンの重さは片側1つだけで約4.8gと軽めです。

片耳1つだけでは 約4.8g

 

「オウルテック SAMU-SE04S」の詳細なレビューはこちら

 

「M-SOUNDS MS-TW3」

メーカーM-SOUNDS
型番MS-TW3
連続再生(イヤホン)10時間
連続再生(ケース含)60時間
充電端子USB-C
操作方法タッチ
ワイヤレス充電非対応
イヤホンの重さ5.6g
Bluetooth5.0
対応コーデックSBC / AAC / aptX
防水規格IPX7
発売時期2019年9月
参考価格14,000円

 

 

スマホ充電できる「cheero CHE-627」

「cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1 (CHE-627)」

メーカーcheero
型番Wireless Earphones
Bluetooth 5.1 (CHE-627)
連続再生(イヤホン)10時間
連続再生(ケース含)180時間
充電端子USB-C
イヤホンの重さ5g
Bluetooth5.1
対応コーデックSBC / aptX / AAC
防水規格IPX5
発売時期2020年5月
価格帯5,300円

 

「cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1 (CHE-627)」は5千円台という価格とバッテリー性能が優秀な完全ワイヤレスイヤホンです。

イヤホン単体で10時間もの連続再生ができる長時間さです。

イヤホン単体で10時間もの連続再生ができる

 

イヤホン単体だけでなくケースのバッテリーも大容量で、ケースと合わせると180時間も再生ができます。

また大容量バッテリーを活かして、スマホへの充電もできるタフさです。

スマホへの充電もできるタフさです

まちゃ
まちゃ

モバイルバッテリー代わりに使えます

 

イヤホンの重さは5gと軽めです。

イヤホンの重さは5gと軽めです。

 

旅行などで長期間、充電したくないときに便利な完全ワイヤレスイヤホンです。

 

「cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1 (CHE-627)」の詳細なレビューはこちら

 

サイドボタンで耳が痛くならない「NUARL NT01A」

メーカーNUARL
型番NT01A
連続再生(イヤホン)10時間
連続再生(ケース含)35時間
充電端子USB-C
イヤホンの重さ5g
Bluetooth5.0
対応コーデックSBC / aptX / AAC
防水規格IPX4
発売時期2019年11月
価格帯13,000円

「NUARL NT01A」は「NT01AX」をより進化させた完全ワイヤレスイヤホンです。

イヤホン単体で、長時間である10時間も連続再生ができる完全ワイヤレスイヤホンです。

汎用性の高いUSB-Cケーブルで充電でき、イヤホンでの操作はサイドにあるボタンなので耳が痛くなりくい作りとなっています。

 

 

防水性能が高い「JBL REFLECT FLOW」

メーカーJBL
型番REFLECT FLOW
連続再生(イヤホン)10時間
連続再生(ケース含)30時間
充電端子Micro USB
イヤホンの重さ8g
Bluetooth5.0
対応コーデックSBC / aptX / AAC
防水規格IPX7
発売時期2019年11月
価格帯13,000円

「JBL REFLECT FLOW」は少しの間なら、水につけても大丈夫な防水規格IPX7に対応している完全ワイヤレスイヤホンです。

イヤホン単体で10時間の連続再生ができて、ケースとあわせると最大30時間音楽を楽しむことができます。

10分間の充電で1時間使える急速充電に対応しています。

 

 

軽くてスリム「MAVIN Air-XR」

メーカーMAVIN
型番Air-XR
連続再生(イヤホン)10時間
連続再生(ケース含)30時間
充電端子Micro USB
イヤホンの重さ3.8g
Bluetooth5.0
対応コーデックSBC / aptX / AAC
防水規格IPX7
発売時期2019年7月
価格帯10,000円

「MAVIN Air-XR」は長時間再生ができて、軽くてコンパクトな完全ワイヤレスイヤホンです。

イヤホン単体で10時間の連続再生ができて、ケースとあわせると最大30時間音楽を楽しむことができます。

防水性能も少しの間なら水につけても大丈夫な、IPX7に対応していて水にも強いです。

少し価格はかかりますが、ワイヤレス充電(Qi)に対応しているモデルも発売されているので自分で選べるのもポイントです。

 

 

まとめ。長時間再生できる完全ワイヤレスイヤホンはおすすめです

完全ワイヤレスイヤホンの今までネックだった長時間な連続再生ができないという問題が、少し改善されました。

完全ワイヤレスイヤホン自体が新しいジャンルですので、日々より良い機種が発売されて迷ってしまいます。

 

通勤・通学だけの短い時間での使用なら、今までの完全ワイヤレスイヤホンでも十分です。

ただ10時間以上の長時間な連続再生ができる完全ワイヤレスイヤホンなら、充電ケースを持ち歩かなくてすむかもしれません。

充電ケースを持ち歩く必要がなくなると、荷物が減りますしバッテリー残量を気にするも無いのはかなり快適になります。

仕事中に音楽を聴くなら、充電せずに1日中使い続けられるのはかなり魅力的でメリットがあります。

 

これから完全ワイヤレスイヤホンの購入を検討しているなら、イヤホン単体で長時間の連続再生できる機種がおすすめです。

 

この記事で紹介した完全ワイヤレスイヤホン

スポンサーリンク

Amazonで安く買い物する方法

ガジェットなどをAmazonでお得に買い物するには、Amazonギフト券にあらかじめチャージしてから購入するのがおすすめです。

Amazonギフト券は現金でチャージするたびにポイントが 最大2.5% 貯まります。

現金派クレカを持てなくても、Amazonギフト券を活用するとお得です!

 
\ 最大2.5%のポイントバック /
現金なので安心
クレカ無くてもOK
Fire TV Stickを快適にする周辺機器
Fire TV Stickと一緒に買いたい物

Amazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスをどこでも楽しめるガジェット「Fire TV Stick」は最高のエンタメガジェットです。

テレビのHDMIポートに挿すだけで、サクサクと動画を観れる環境を作れます。

そんなFire TV Stickのアクセサリーを使って、さらに快適になったおすすめのアクセサリーを紹介します。

\ 今すぐチェック /
完全ワイヤレスイヤホン
このページをシェアする
プロガジ

コメント

  1. 春を待つ人 より:

    記事読みました。今までコードありの安いイヤホン使っていましたが、ワイヤレスでそれなりの時間使えるのが出てきたならば、検討してみようと思いました。参考になりました。

目次へ
タイトルとURLをコピーしました