【解決】Java Update Checker スクリプトエラーで更新できない

Windows10 環境で Javaの最新版がリリースされてUpdateが利用できるよ、と通知がきたので早速アップデートしようとしました。

 

ところが以下のようなスクリプトエラーが表示されてしまい、更新に失敗してしまいます。

「このページのスクリプトを実行し続けますか?」を はい を選択しても特に更新されなかったです。

 

この記事では「Java Update Checker スクリプトエラーで更新できないときの解決方法」について書きます。

今回の解決方法は、公式サイトからダウンロードして手動でアップデートしました。

まちゃ
まちゃ

手間がかかる手動更新しました

スポンサーリンク

Java Update Checker でスクリプトエラーが表示される

タスクトレイにあるオレンジ色のアイコンが Java Update Checker のアイコンです。

タスクトレイにあるオレンジ色のアイコンが Java Update Checker のアイコン

 

オレンジの Java Update Checker のアイコンを左クリックして、インストールを選択します。

インストールを選択します

 

「このページのスクリプトでエラーが発生しました。」というメッセージのスクリプト エラーが表示されて正常に更新できません。

「はい」を選択してもアップデートは完了しませんでした。

スクリプト エラー

 

スクリプトエラーの解決方法

まずJavaの公式サイト(https://www.java.com/ja/)を開きます。

無料Javaのダウンロード」ボタンをクリックします。

「無料Javaのダウンロード」ボタンをクリック

 

使用しているパソコンの環境にあわせたダウンロードページに遷移するので、「同意して無料ダウンロードを開始」ボタンをクリックします。

「同意して無料ダウンロードを開始」ボタンをクリック

ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックして、実行します。

exeファイルをダブルクリック

日本語表記なので指示通りに進めば、困ることは無いと思います。

作業は数分で終わるくらい簡単でした。

 

インストール中に「最新ではないバージョンが検出されました。」と表示された場合、通常では古いバージョンは不要なので、指示に従ってチェックボックスにチェックをしてアンインストールしてしまいましょう。

 

Javaが最新バージョンになったか確認する

パソコンを再起動してもJava Update Checkerの通知が表示されなければ、正常に更新できていますが念の為手動で確認します。

コントロールパネルから「Java」を選択します。

コントロールパネルから「Java」を選択します。

 

Java コントロールパネルが表示されるので、更新タブから「今すぐ更新」ボタンをクリックします。

「このシステムはすでに最新のJavaプラットフォームになっています。」と表示されれば最新バージョンになっています。

更新タブから「今すぐ更新」ボタンをクリック

終わりに。Javaの手動更新完了

この記事では「Java Update Checker スクリプトエラーで更新できないときの解決方法」について書きました。

今回の解決方法は、公式サイトからダウンロードして手動でアップデートしました。

 

本来なら数回のクリックだけで簡単にJavaを更新できるはずなので、ちょっと面倒ですね。

少し手間ですが、アップデートしないのはセキュリティ上あまりよろしくないので早めに更新しておいたほうが良いです。

 

それでは、今回はこれまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

目次へ
タイトルとURLをコピーしました