ふるさと納税はいつでも返礼品を選べるポイント制がオススメです

どうも、ふるさと納税は年末にまとめてやる派のまちゃです。

 

ふるさと納税した事ありますか?

私は毎年ふるさと納税でお肉や果物を返礼品で頂いたりして楽しんでいます。

 

ふるさと納税を簡単に説明しますと、すきな自治体に寄附をするとお礼にお肉や果物、工芸品などの特産品をもらえて所得税・住民税が減って節税にもなるお得な制度です。

 

ふるさと納税ができるサイトで有名なところは、「ふるさとチョイス」、「ふるぽ」、「さとふる」などがあります。

私はポイント制が特徴の「ふるぽ」をよく利用しています。

 

ふるさと納税についての詳細などは、ふるさと納税サイトの説明がイラストもあって分かりやすいです。

はじめての方へ(ふるさと納税とは) | ふるさと納税サイト [ふるぽ]
ふるさと納税でポイントをもらおう!産地直送のグルメや家具、伝統工芸品、寄附した地域にいけるJTB旅行クーポン、るるぶトラベルプランに使えるふるさと納税割引クーポン、日帰り体験をお礼の品としている自治体をご紹介!
ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | ふるさと納税とは?
ふるさと納税とは、自分が生まれた故郷や応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。寄附者は確定申告やワンストップ特例制度を利用し申告すると、所得税や住民税の控除(還付)が受けられます。寄附金の控除上限額は収入や家族構成により異なりますが、控除上限額内であれば実質負担額は2,000円のみで、それ以外は全額控除されるので...

 

 

 

以前、納税した自治体から暑中お見舞いのハガキが届いたりすると、ちょっと嬉しくなりますね。

熊本県小国町から暑中見舞いハガキ

熊本県小国町から暑中見舞いハガキ

 

まちゃ
まちゃ

ちょっと繋がりができた感じがします

 

 

その年の年収に応じて寄付金の上限額が決まるので、最終的に上限額は12月に決定します。

ふるさと納税の期限も12月末なので、返礼品を選ぶ時間が余りありません。

果物など季節が限られているものは品切れで選べなかったりするので12月はちょっと損した気分になります。

 

12月に寄附する時に、特にオススメなサイトは「ふるぽ」です。

ふるぽ」は寄附額に応じてポイントが貰えるのが特徴なふるさと納税サイトです。

ポイントは1~2年有効なので翌年まで好きな時期に返礼品と交換できるので季節限定の特産品の受付が開始されるまで貯めておくことが出来ます。

 

翌年分の納税分のポイントと合算する事もできますので、1年分の納税額以上の特産品と交換する事もできるので返礼品をグレードアップすることも可能です。

 

返礼品が届くタイミングもある程度分散することもできるので、食べ物などが一気に届いて食べきれないといった事も無くなります。

 

選択肢の多さなら「ふるさとチョイス」がオススメ

寄附できる自治体数がダントツで多いのは、1358の自治体から選べる「ふるさとチョイス」です。

お礼の品数も18万点を超えるので、欲しい品も見つかるはずです。

 

ふるさとチョイスで寄附できる自治体の中にもポイント制のところもあるので、ふるぽの様にポイント制のメリットを狙うのもアリですね。

 

まとめ、ふるさと納税はポイント制が便利

好きな時期にお礼の品を選べる、ポイント制がある「ふるぽ」や「ふるさとチョイス」で寄附するのがオススメです。

もちろん、複数のサイトを利用しても問題ないので両方使っても大丈夫です。

 

節税メリットもあるので、納税する側にデメリットは、ほぼ無いので利用しないのは損です。

 

もちろん返礼品をもらわずに災害などで被害のあった地域に寄附だけするといった使い方も良いと思います。

寄附だけしたい場合は「ふるぽ」などのサイトから寄附をして自治体から届く書類にチェックするだけなので、基本的には同じ流れになります。

 

どのサイトも登録は無料ですし、どんな自治体や返礼品があるかは登録せずに見れます。

どういった特産品があるかを見るだけでも楽しいです。

 

この記事で紹介したサイト

 

 

それでは、今回はこれまで。

ありがとうございました。

 

コメント