FireFoxページ内検索のデフォルトを大文字/小文字を区別しないようにする

この記事では、FireFoxのページ内検索で「大文字/小文字を区別」ボタンのデフォルト設定をカスタマイズする方法を紹介します。
FireFoxではページ内検索のヒットする挙動を自由に変更できます。

 

FireFoxのページ内検索で、「google」と入力したときに大文字混じりの「Google」もヒットするようにしたいです。

FireFoxのページ内検索で、「google」と入力したときに大文字混じりの「Google」もヒットするようにしたいです。

横にある「大文字/小文字を区別」ボタンで、自由に切り替えることもできますが、デフォルトでは区別しないほうが使いやすいです。

まちゃ
まちゃ

大文字を打つのが面倒なことが多いです

 

ページ内検索の挙動も、FireFoxでは自由にカスタマイズができます。

 

スポンサーリンク

ページ内検索の挙動を変更する手順

ページ内検索の大文字と小文字を区別するかは、「accessibility.typeaheadfind.casesensitive」でカスタマイズ可能です。

「accessibility.typeaheadfind.casesensitive」は、3種類あります。

  • 0:大文字/小文字を区別しない
  • 1:大文字/小文字を区別する
  • 0/1以外:大文字を入れた場合のみ大文字小文字を区別(所謂smart case)

今回はデフォルトでは区別しないようにしたいので「0」を入力します。

 

ページ内検索の大文字と小文字を区別を変更する方法
  • STEP 1
    「about:config」と入力する

    「about:config」と入力する

    URLアドレスバーに「about:config」と入力してエンターキーを押します。

  • STEP 2
    そのまま次に進みます。

    そのまま次に進みます。

    警告メッセージが表示されますが、そのまま次に進みます。

  • STEP 3
    カスタマイズ項目を探す

    カスタマイズ項目を探す

    検索フィールドに「accessibility.typeaheadfind.casesensitive」と入力して項目を探します。

  • STEP 4
    変更する値を決める

    「accessibility.typeaheadfind.casesensitive」は、3種類あります。

    • 0:大文字/小文字を区別しない
    • 1:大文字/小文字を区別する
    • 0/1以外:大文字を入れた場合のみ大文字小文字を区別(所謂smart case)

    今回はデフォルトでは区別しないようにしたいので「0」を入力します

  • STEP 5
    動作を確認する

    動作を確認する

    これでデフォルトで「google」と入力して、「Google」もヒットするようになります。

まちゃ
まちゃ

やったら簡単だった。

 

大文字と小文字を区別する設定を変えて使いやすく!

ページ内検索の挙動は、大文字と小文字を区別して厳密に検索したいときもあるので、好みが分かれるところです。

好みが分かれるところだからこそ、自分の好きな設定にカスタマイズできるのは助かります。

 

最近のFirefoxはカスタマイズ性が落ちてるかもしれませんが、まだまだカスタマイズできるところも多いです。

カスタマイズしてより使いやすいブラウザーにしちゃいましょう!

コメント

目次へ
Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました